最終更新日:2019/3/1

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

双日(株)

  • 総合商社
本社
東京都
資本金
1,603億3,900万円(2017年3月31日現在)
売上高
4兆2,090億円(2018年3月31日現在)
従業員
単体 :2,451名 連結 :18,899名 (2018年9月30日現在)
募集人数
101~200名
  • 業種 総合商社
  • 本社 東京都
  • 資本金 1,603億3,900万円(2017年3月31日現在)
  • 売上高 4兆2,090億円(2018年3月31日現在)
  • 従業員 単体 :2,451名 連結 :18,899名 (2018年9月30日現在)
  • 募集人数 101~200名

New way, New value

総合商社の「双日」を理解できる体感型セミナー (2019/03/01更新)

皆さん、こんにちは。
双日(株)新卒採用チームです。

3月中旬より「双日体感セミナー」を
全国各地にて開催致します!

「総合商社の違いってなに?」、
「双日パーソンはどのような想いでビジネスをしているの?」、
「双日の雰囲気って?」など
こんな質問の答えが「双日体感セミナー」には詰まっています。

双日採用ホームページ上にて予約受付開始!
商社業界に興味がある方、是非ご参加下さい。
※採用ホームページ上にてプレエントリー受付開始。

http://www.sojitz.com/saiyo/

※採用ホームページではその他会社概要、採用情報等を掲載しております。

双日(株) 人事総務部 採用課(新卒採用チーム)

会社紹介記事

PHOTO
双日の「双」の字をダイナミックにデザインしたグループシンボル。地球の稜線から飛翔するふたつの矢をモチーフとしています。
PHOTO
双日はこれからの総合商社。強い当事者意識/向上心を持ち挑戦し、会社の歴史を作る意志のある皆さんに期待しています。

「New way, New value」をスローガンに、新しい価値を創造する総合商社

『挑め。何度でも。-Go Beyond-』

日本の7大商社と呼ばれる総合商社の一翼を担う私たち。だが、双日としての発足は2004年、7社の中で最も若い。そう、つまり、私たちの歴史はこれからだ。トップの座を守り続ける人生も決して悪くないだろう。しかし私たちは、挑戦に満ち溢れたこの状況に、胸が高鳴っている。一方、双日の源流へとさかのぼり、150年に及ぶその歴史を紐解けば、カベにぶつかった経験は数知れない。出口が見えない挫折や困難も、幾度となくあった。だけど私たちは、不撓不屈の精神で、絶対にやり遂げてきた。自分より強い相手や難題にこそ挑み、そして超えていく。これ以上のやりがいが他にあるだろうか。

総合商社は、世界各地の課題を解決するために事業を創出する。エネルギー資源の調達やインフラの整備、物流網の構築、生活水準の向上-。まさに社会課題の解決と事業が直結していると言えるだろう。「双日が得る価値」と「社会に還元する価値」、2つの価値の重なりを最大化していくことが双日の使命だ。私たちには、描きたい未来が、山ほどある。ともに描きたい人が、たくさんいる。ここにあるのは、自由と充実、そして誇りと責任だ。追う立場である現状を楽しみながら成長し、自らが成長することで、日本を、世界を進化させていく。双日の挑戦はすべて、新しい世界へとつながっている。自らの可能性を信じ、素晴らしい未来を信じること。時代を追わず、自ら変化を創造すること。それが、私たち双日の決して変わらない姿勢。あなたの挑戦を、お待ちしています。

会社データ

プロフィール

当社は、「New way, New value」をグループスローガンに掲げ、
社員一人ひとりが、これまでの常識にとらわれない自由な発想で考え、
新たな価値を社会に実現していくことを目指しております。

事業内容
総合商社として、国内および海外と物流取引、事業投融資、事業運営等を行っており、機械、エネルギー・金属、化学品、生活産業などの多岐にわたる分野でグローバルに事業を展開しています。
世の中やお客様のニーズの「一歩先」を常に考え、新しい価値や機能の創造にチャレンジすることが双日における働き方です。
本社郵便番号 100-8691
本社所在地 東京都千代田区内幸町2-1-1
本社電話番号 03-6871-3820
設立 2003年4月
資本金 1,603億3,900万円(2017年3月31日現在)
従業員 単体 :2,451名
連結 :18,899名 (2018年9月30日現在)
売上高 4兆2,090億円(2018年3月31日現在)

事業所 国内:東京本社、大阪営業所のほか国内4カ所
海外:ニューヨーク、ワシントン、ヒューストン、ポートランド、シアトル、メサ、バンクーバー、トロント、メキシコシティ、ハバナ、カラカス、サンパウロ、リオデジャネイロ、リマ、ブエノスアイレス、ロンドン、パリ、マドリッド、ミラノ、デュッセルドルフ、ハンブルグ、ワルシャワ、プラハ、ブダペスト、イスタンブール、モスクワ、サンクトペテルブルグ、ハバロフスク、キエフ、ドバイ、テヘラン、ジェッダ、マスカット、カイロ、カサブランカ、ラゴス、アブジャ、ヨハネスブルグ、北京、大連、ハルビン、天津、青島、西安、上海、重慶、広州、香港、深セン、昆明、シンガポール、ホーチミン、ハノイ、プノンペン、バンコク、クアラルンプール、マニラ、ジャカルタ、ヤンゴン、ネピドー、ニューデリー、ムンバイ、コルカタ、チェンナイ、プネ、グルガオン、カラチ、ラホール、ソウル、台北、シドニー、パース、ポートモレスビー、オークランド等 計82拠点(2017年3月31日現在)
事業本部 自動車本部/航空産業・交通プロジェクト本部/機械・医療インフラ本部/エネルギー・社会インフラ本部/金属・資源本部/化学本部/食料・アグリビジネス本部/リテール・生活産業本部/産業基盤・都市開発本部
関連会社数 国内 : 122社
海外 : 320社 (2018年9月30日現在)
沿革
  • 1892年11月
    • 日本綿花(株)創立
  • 1902年
    • 鈴木商店開業
  • 1912年
    • 岩井商店発足
  • 1928年 2月
    • 鈴木商店の後継会社として、日商(株)設立
  • 1943年
    • 岩井商店が岩井産業(株)と商号改称
  • 1943年
    • 日本綿花(株)が日綿実業(株)と商号改称
  • 1968年
    • 日商(株)と岩井産業(株)が合併、これに伴い称号を日商岩井(株)に変更
  • 1982年 6月
    • 日綿実業(株)の商号をニチメン(株)と変更
  • 2002年12月11日
    • ニチメン(株)と日商岩井(株)が経営統合発表
  • 2003年 4月 1日
    • ニチメンと日商岩井はともに株式移転により、ニチメン・日商岩井ホールディングス(株)を設立
  • 2004年 4月
    • ニチメン・日商岩ホールディングスの子会社として双日(株)設立
  • 2004年 7月
    • ニチメン・日商岩井ホールディングスを双日ホールディングスと社名変更
  • 2005年10月
    • 双日ホールディングスと双日(株)が合併し、双日(株)となる
平均勤続勤務年数 15.4年 (2017年3月時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 23.8時間(2016年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12.2日(2016年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 【女性】18名
【男性】83名
(2016年度実績)
前年度の育児休業取得者数 【女性】18名
【男性】6名
(2016年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 【役員】5.40%
【管理職】3.00%
(2017年3月時点)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒100-8691 
東京都千代田区内幸町2-1-1
人事総務部 採用課(新卒採用チーム)
TEL:03-6871-3820
URL http://www.sojitz.com/saiyo/
E-mail saiyou@sojitz.com
交通機関 ・東京メトロ 丸ノ内線・日比谷線・千代田線 「霞ヶ関」駅:C3出口徒歩1分
・都営地下鉄 三田線 「内幸町」駅:A6出口より日比谷シティ経由で直結、
 徒歩3分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp237/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
双日(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
双日(株)と特徴・特色が同じ企業を探す。

ページTOPへ