最終更新日:2019/6/11

  • 正社員

海清水産(株)

現在、応募受付を停止しています。

  • 商社(食品・農林・水産)
本社
山口県
資本金
1,000万円
売上高
売上44億円(2018年3月期)
従業員
21名
募集人数
1~5名
  • 業種 商社(食品・農林・水産)
  • 本社 山口県
  • 資本金 1,000万円
  • 売上高 売上44億円(2018年3月期)
  • 従業員 21名
  • 募集人数 1~5名

【夏採用決定!】会社説明会 追加開催いたします                       世界中の安全で安心な食材を取り扱う山口県下関市の食品専門商社です!

追加開催 会社説明会について (2019/06/11更新)

2019年6月21日(金)と27日(木)に、会社説明会を開催いたします。

説明会にいらっしゃった方には、交通費支給の上、もれなくプレゼントもご用意しております。

エントリーいただいた方から優先的にご案内させていただきます。

エントリーお待ちしております!

会社紹介記事

PHOTO
シンガポールでの商談会の様子。海外のあらゆる国でアンテナを張り、ビジネスになる商材、ヒットを仕掛けられる商材の発掘に力を入れています。
PHOTO
小売店のバイヤーなどから「イベントの目玉となるようなおもしろい食材はありませんか?」と、相談され頼りにされてやりがいを感じられる魅力的な仕事です。

知られていないおいしいものを発掘して食卓を豊かにする仕事は、おもしろい!

PHOTO

「食材の輸入で関わった商品を通販サイトで見つけて購入してみたら、家族がそのおいしさを気に入ってくれたのも、うれしかったですね」と指宿さん。

■営業部 指宿 大輔(2014年入社)

海外と関わる仕事を探していた過程で当社を知り、入社しました。現在の業務では、おもにベトナムを対象として、現地から水産物を仕入れ、飲食店へ卸す会社や加工メーカーなどへ供給しています。一度に仕入れる量は10トン、20トンといった単位ですので、コンテナを使っての大量取引になります。しかも、単に食材を輸入するだけでなく、お客様の要望に合わせて魚を開いたり三枚におろしたりといった一次加工を現地で施したうえで日本へ運ぶのが、当社の特色です。
私自身の動きとしては、基本的にはメールでやりとりしながら、必要に応じて現地へと赴き、指示や交渉を行います。入社当初は、魚に関する知識や相場感が十分でないのに加えて、英語でのメールのやりとりでしたので、苦労しましたが、周囲に支えられ経験を積むうちに、日本の「食」に新たな風を吹き込める仕事のおもしろさを実感するようになりました。
例えば、ホテルのレストランでムニエルなどにして出されるようになったユメカサゴは、日本ではほとんどなじみのなかった魚。「輸入すれば好まれるのでは」と上司に提案して、商材に加えたところ、取引先から好評をいただけました。まだ知られていないおいしいものを発掘して多くの人に歓んでもらえるのは、何度経験してもうれしい、この仕事の醍醐味ですね。
また、魚の仕入れ先である取引先の担当者と何度もやりとりしながら現地へ足を運んで仕事をしていくなかで、国や文化を超えて打ち解け、家族のような付き合いができるのも業務の魅力といえます。先日も、私の子どもが生まれたときに、お祝いの言葉とプレゼントをもらい感激したところです。
取引先によっては会社どうしの付き合いが30年以上になるケースもあり、これはひとえに、先輩方が積み上げてきた実績と当社に対する厚い信頼によるもの。おかげで初対面の相手でも歓迎してもらえるなど、仕事を円滑に進められる場面が多々あります。
この仕事を始めてから、いろいろな食べ物にさらに興味を抱いて、初めて出会う料理は味を確かめてみる習慣がつきました。そして、あらためて日本の食文化の豊かさに気づきました。これからも、国内ではまだ流通していない食材、珍しい食材に光をあてて、みんなが笑顔になれる商材を開発していけたら、と考えています。

会社データ

プロフィール

◆人とともに
わたしたちは、これからも、常に人とのふれあいを大切にし、仕事を通じて人としての成長を実現できる仲間たちであり続けたいと考えています。

◆チャレンジ精神
わたしたちのモットーはチャレンジ精神です。
わたしたちには、大手企業にはないフットワークとチャレンジ精神があります。
若手社員でも、どんどん新しいことにチャレンジできる会社。それが海清水産の魅力です。

◆下関大好き
わたしたちは、海峡のまち下関が大好きです。
下関から世界に飛び出し、ビジネスを拡大し続けることで地域貢献につなげてゆくことを目指しています。

事業内容
ワールドワイドに、安心で安全な食材を開発してお客様にお届けする、それがわたしたちの使命です。
わたしたちは、世界各地の産地へ出向き、現地の人とふれあい、現地の食材に触れ、それをお客様のニーズにマッチする形にして提供しています。
海外から食材を輸入することはもちろん、日本の豊かな食文化に育まれた食材を、海外のお客様にお届けすることもあります。
わたしたちは、単なる商社ではなく「ものづくり精神を持った商社」として活動することをモットーとしています。お客様の目線から見て、お客様の気持ちになって考え、お客様のニーズを実現するべく、日本と海外の橋渡しをする。水産物を中心としたトータルコーディネーターとしての役割こそが、わたしたちの仕事です。
本社郵便番号 750-0066
本社所在地 山口県下関市東大和町1丁目2番3号
本社電話番号 083(267)8541
設立 1980年2月
資本金 1,000万円
従業員 21名
売上高 売上44億円(2018年3月期)
事業所 本   社(山口県下関市)
東京営業所(東京都中央区銀座)
大阪営業所(大阪市中央区糸屋町)
青島事務所(中国山東省青島市)
上海事務所(中国上海市)
関連会社 (株)ふく衛門
(株)ブランチ
(株)ケイエム企画
青島瑞江商貿有限公司
平均年齢 39歳
沿革
  • 1980年
    • 海清水産(株)設立
      台湾より水産物輸入開始
      韓国より水産物輸入開始
  • 1987年
    • カイセイビル落成 本社を現在地に移転
  • 1988年
    • 韓国に関連工場設立 委託製品加工開始
  • 1989年
    • 中国より水産物輸入開始
      ニュージーランドより水産物輸入開始
  • 1991年
    • 香港より水産物輸入開始
      中国大連連絡事務所開設
  • 1992年
    • 中国青島連絡事務所開設
  • 1994年
    • ベトナムより水産物輸入開始
  • 1995年
    • タイより水産物輸入開始
  • 1996年
    • 中国青島事務所開設
      中国上海連絡事務所開設
  • 1998年
    • インドより水産物輸入開始
  • 2000年
    • 中国青島に現地法人 青島開成食品有限公司設立
      製品加工開始
  • 2001年
    • ブランチハウス川中豊町店オープン
  • 2002年
    • 中東より水産物輸入開始
      ブランチハウス唐戸店オープン
  • 2003年
    • 欧州より水産物輸入開始
  • 2004年
    • 中国大連連絡事務所を青島事務所に統合
  • 2006年
    • ブランチハウス東大和町店開設
      グループ企業(株)ケイエム企画設立
      東京営業所開設
  • 2007年
    • HMR事業部を分社独立し(株)ブランチ設立
      青島開成食品有限公司を閉鎖し青島瑞江商貿有限公司設立
  • 2008年
    • (株)ふく衛門をグループ企業として傘下に入れる
      (株)海翔をグループ企業として傘下に入れる
  • 2010年
    • (株)海翔を海清水産(株)に吸収合併
  • 2011年
    • 大阪営業所開設
  • 2014年
    • アフリカより水産物輸入開始
前年度の育児休業取得対象者数 1名(女性社員)
前年度の育児休業取得者数 1名(女性社員)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒750-0066
山口県下関市東大和町1丁目2番3号
海清水産(株)
採用担当
総務部長 長山
電話 083(267)8541
FAX 083(267)7701
E-MAIL nagayama@kmpkaisei.co.jp
URL 海清水産(株)ホームページ
http://kmpkaisei.co.jp/
交通機関 JR下関駅より徒歩約5分です
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp237039/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
海清水産(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ