最終更新日:2019/4/12

  • 正社員
  • 既卒可

日本オイルターミナル(株)【JR貨物グループ】

  • 物流・倉庫
  • 陸運(貨物・バス・タクシー)
本社
東京都、福岡県
資本金
8億円
売上高
100億3500万円 ※2018年3月
従業員
248人
募集人数
6~10名
  • 業種 物流・倉庫、陸運(貨物・バス・タクシー)
  • 本社 東京都、福岡県
  • 資本金 8億円
  • 売上高 100億3500万円 ※2018年3月
  • 従業員 248人
  • 募集人数 6~10名

鉄道とトラックによる物流ネットワークを通して、地域の産業と生活を支えています。

会社説明会を随時開催しております!(東京・福岡) (2019/04/04更新)

会社説明会は東京と福岡で随時開催しています。
交通費も支給しますので、お気軽に申し込みしてください。

開催日程は随時更新しますが、もし日程や時間のご都合が合わない場合は、ご相談ください。お一人でも対応させて頂きます。

ご連絡お待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
【ターミナル事業】石油専用列車による石油製品(ガソリン・灯油・軽油等)輸送。自社油槽所における石油製品の共同保管とタンクローリー向けの出荷管理を行っております。
PHOTO
【OLS事業】エンジンオイルや工業用潤滑油等のパーケージ化された危険品を安全保管する物流センターを保有。自社や協力会社のトラックを使用し需要家にお届けしています。

石油と潤滑油、それぞれの共同輸送のノウハウを活かし、新たな危険品物流へ

PHOTO

上の写真はターミナル事業最大の油槽所である「高崎営業所」。下の写真はOLS事業最大の基地である「OLS九州物流センター(福岡県朝倉市)」

JR貨物グループの物流会社として、全国に営業所と物流センターを保有し、石油製品の共同物流を提供しております。

当社の基幹をなすターミナル事業は、内陸地の油槽所の集約化と、石油専用列車による輸送の効率化を目的として設立されました。石油専用列車は「走るパイプライン」として皆様に親しまれ、お陰様で半世紀を迎えました。
これからも「地域のエネルギーライフライン」を守り続けるため、災害対応能力の強化と安定供給の維持に注力し、ご利用頂いているお客様のご期待に答えられるよう取り組んでまいります。

OLS事業では、潤滑油などパッケージ化された危険品の共同保管と共同配送を行っています。ターミナル事業とは異なり、需要家の皆様までの共同輸送を自社手配しており、危険品物流の3PLの先駆けとして皆様から信頼を頂いております。充実した危険品保管施設(物流センター)と、安全で高品質な輸送(オイル急送便)により、お客様の危険品物流における「お困りごと」を解消しています。

会社データ

プロフィール

当社「日本オイルターミナル」は、石油製品の物流合理化を目的として1966年(昭和41年)に、当時の国鉄(現JR貨物)と石油元売各社が共同出資して作った物流会社です。

1993年(平成5年)には、石油製品の一部である潤滑油製品の共同保管及び需要家まで直接配送を営む「オー・エル・エス(OLS)」を設立し、危険品物流の3PLを実現しました。

2018年(平成30年)1月には「危険品総合物流事業」の全国展開と、内陸部への石油供給責任を果たすため、「オー・エル・エス(OLS)」と経営統合し経営基盤の強化を図りました。

事業内容

PHOTO

北は北海道、南は九州へ! 全国に広がる危険品物流ネットワーク

【ターミナル事業】
全国7か所に自社の油槽所(ターミナル)を保有。京浜・京葉・中京地区などにある石油元売の製油所から専用のタンク車(貨物列車)により石油製品を輸送してます。
油槽所では、石油製品の共同保管・在庫管理を行っており、主にガソリンスタンドなどの需要家向けに配達するタンクローリー向けに出荷をしております。
<営業拠点>盛岡・郡山・宇都宮・高崎・八王子・松本・高知

【OLS事業】
全国に4箇所の専用設備(物流センター)を保有し、潤滑油等パッケージ化された石油製品の共同保管を行っております。
また自社及び協力輸送会社のトラックを使用し、ガソリンスタンド、各種工場、自動車ディーラー、カーショップ、船舶、発電所など潤滑油を使用するあらゆる需要家に直接お届けしております。
<営業拠点>北海道(苫小牧)・盛岡・郡山・九州(福岡)
本社郵便番号 100-0006
本社所在地 東京都千代田区有楽町一丁目10番1号 有楽町ビル
本社電話番号 03-5220-8551
郵便番号(OLS九州) 838-0055
所在地(OLS九州) 福岡県朝倉市下浦2441-4 OLS九州物流センター
電話番号(OLS九州) 0946-21-0100
創業 1966年(昭和41年)10月14日
資本金 8億円
従業員 248人
売上高 100億3500万円 ※2018年3月
営業所及び物流センター ・OLS北海道物流センター(苫小牧市)
・盛岡営業所      (岩手県盛岡市)
 →OLSセンター
・郡山営業所      (福島県郡山市)
 →OLSセンター
・宇都宮営業所     (栃木県宇都宮市)
・高崎営業所      (群馬県高崎市)
・八王子営業所     (東京都八王子市)
・松本営業所      (長野県松本市)
・高知営業所      (高知県高知市)
・OLS九州物流センター (福岡県朝倉市)
株主構成 ・日本貨物鉄道(株)
・日本石油輸送(株)
・JXTGエネルギー(株)
・(株)ニヤクコーポレーション
・昭和シェル石油(株)
・出光興産(株)
・キグナス石油(株)
・コスモ石油(株)
・(株)日陸
主な取引先 ・JXTGエネルギー(株)
・出光興産(株)
・昭和シェル石油(株)
・コスモ石油(株)
・キグナス石油(株)
・EMGルブリカンツ(合)
・シェルルブリカンツジャパン(株)
・コスモ石油ルブリカンツ(株)
関連会社 ・(株)OTトランスポート
沿革
  • 1966年10月14日
    • 会社設立
  • 1993年10月29日
    • オー・エル・エス(OLS)設立
  • 1994年4月25日
    • サポートオーティー(SOT)設立
  • 2001年6月1日
    • 日本オイルデリバリー(JOD)設立・営業開始
  • 2002年4月1日
    • 潤滑油専用新物流システム「FOLS」本稼働
  • 2002年6月20日
    • 高崎OTビル竣工
  • 2003年1月10日
    • 累計取扱数量2億キロリットル達成
  • 2004年4月28日
    • ISO9001認証取得
  • 2005年2月14日
    • 東京・有楽町へ本社移転
  • 2005年6月21日
    • 第6回物流環境大賞「物流環境保全活動賞」を受賞(旧OLS)
  • 2005年12月10日
    • 「スーパー・オイル・エクスプレス(SOE)」の運転開始
  • 2007年5月23日
    • 第8回物流環境大賞「物流環境保全活動賞」を受賞
  • 2007年8月1日
    • 新在庫システム「Clover」本稼働
  • 2008年4月1日
    • サポートオーティー(SOT)と日本オイルデリバリー(JOD)
      を合併
  • 2009年7月1日
    • サポートオーティー(SOT)をOTトランスポート(OTT)に
      改称
  • 2011年10月27日
    • 一般貨物運送事業許可取得(九州運輸局館内発着)
  • 2013年6月24日
    • 第14回物流環境大賞「物流環境保全活動賞」を受賞
  • 2013年12月12日
    • 第12回グリーン物流パートナーシップ会議にて
      「国土交通省物流審議官表彰」を受賞
  • 2013年12月25日
    • 上田営業所跡地に太陽光発電所(OT上田メガソーラー発電所)を開設、売電を開始
  • 2018年1月1日
    • オー・エル・エス(OLS)と経営統合
平均勤続勤務年数 平均勤続年数 15年8カ月
月平均所定外労働時間(前年度実績) 月平均所定外労働時間(前年度実績) 16時間

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 ー東京採用窓口ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
住所  :〒100-0006
     東京都千代田区有楽町1-10-1 有楽町ビル10階
電話番号:03-5220-8551(代表)
日本オイルターミナル(株)
総務部 採用担当:熊田
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ー福岡採用窓口ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
住所  :〒838-0055
     福岡県朝倉市下浦2441-4
電話番号:0946-21-0100(代表)
OLS九州物流センター
採用担当:倉科、綿貫
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp238041/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
日本オイルターミナル(株)【JR貨物グループ】と業種や本社が同じ企業を探す。
日本オイルターミナル(株)【JR貨物グループ】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ