最終更新日:2019/5/21

  • 正社員

(株)増田採種場

現在、応募受付を停止しています。

  • 農林・水産
本社
静岡県
資本金
1,000万円
売上高
4億円(2018.10月現在)
従業員
60名
募集人数
1~5名
  • 業種 農林・水産
  • 本社 静岡県
  • 資本金 1,000万円
  • 売上高 4億円(2018.10月現在)
  • 従業員 60名
  • 募集人数 1~5名

創業94年の伝統とベンチャーの機動力を併せ持つ種苗メーカー。種の開発から生産、商品化までを一貫して行い、農業の発展に貢献しています!

随時会社説明会を開催します (2019/05/21更新)

こんにちは!増田採種場の採用担当者です。

皆様のご応募お待ちしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
大きな可能性を持つアブラナ科野菜の品種改良と新品種開発を研究。自然が相手なので困難に直面することもありますが、その分、大きなやりがいが得られます。
PHOTO
いいと思った事は即実行。年齢や経験にとらわれず、新たなチャレンジも積極的に支援するなど、社員全員が活躍できる環境づくりを進めています。

世の中にないオリジナル野菜を生み出す研究とブランド戦略で次世代を拓く!

PHOTO

「当社は少数精鋭。会社の将来を担う若い人たちには、持ち前のエネルギーと創造力を発揮してほしいと期待しています」(専務取締役・増田秀美)

当社は、キャベツをはじめとしたアブラナ科の種を開発・販売する種苗メーカーですが、同時に当社オリジナルの次世代の野菜も生み出しています。様々な品種を掛け合わせ、試作・栽培を繰り返しながら栄養面やおいしさなど多面的な課題をひとつずつクリアしながら、こだわりぬいた品種を世に送り出す―。気の遠くなるような工程ですし、自然が相手なので上手くいかないことももちろんありますが、私たちは常にその挑戦を続けてきました。
私たちを動かす原動力。それは「人々に健康とおいしさを届けたい」その一言に尽きます。ありがたいことに、私たちの想いのつまった新品種は農林水産大臣賞をたびたび受賞するなど、その技術や魅力を認められてきました。
また、独自のビジネスサイクルも私たちの強み。新品種の計画と種の開発、そこから丁寧に育て上げ、商品として送り出します。ただし、販売して終わりではありません。そこからマーケットの声を分析し、開発へとフィードバックするという一貫したビジネスサイクルを回し、これを原動力としてビジネスを支えています。畑から食卓までを一直線で繋ぐからこそ、お客様の声がダイレクトに次の商品に反映され、人々に愛される商品を生み出していけるのだと思います。

多くの種苗メーカーが存在する中、当社はキャベツ類においてトップクラスのシェアを誇るなど、アブラナ科のスペシャリストとして認知されています。全国の農場や食品メーカーなどからの専用品種開発を依頼されるほか、ソースメーカーと共同で、お好み焼きに最適なキャベツを開発するなど、用途に応じた品種開発にも取り組んできました。
それを可能にしているのが当社の環境です。研究者として幅広く活躍できる土壌を整えています。2017年に静岡県最先端農業の研究機関であるAOIプロジェクトのメンバーとなり常に最先端の研究を行う事が出来ます。

当社は決して大きな会社ではありませんが、創業から94年に及ぶ歴史とノウハウを活かし、アブラナ科に関してはオンリーワンの存在感を示してきました。しかし、そこで満足せず新たな挑戦を続ける―。老舗企業でありながら、ベンチャーのような気質を兼ね備えた面白い会社だと思います。
当社もまだまだ発展途上。創業90年を超える老舗企業にしてなお挑戦と発展を続ける当社で、一緒に成長してみませんか?

会社データ

プロフィール

わたしたちはアブラナ科野菜(キャベツ・ケール・ブロッコリー・カリフラワー・芽キャベツ等)の品種開発を主として行っています。キャベツの品種開発においては、優れたキャベツ品種が認められ農林水産大臣賞を5回受賞。また、ケールにおいては日本で初となる品種開発を行い、第一号から第五号までのケール品種を登録。さらに、これまでに無い新しい野菜プチヴェールを開発。優れた栄養価や味が認められ、多くの皆様にご好評頂いています。増田採種場はこれからも野菜の種を通じて、多くの生産者や実需者や消費者の皆様と関わり、共にこれからの農業のあり方を考えて参りたいと思います。

事業内容

PHOTO

●アブラナ科育種研究開発事業
●種苗および野菜生産販売事業
●品種開発受託事業
●関連資材販売及び通信販売事業
本社郵便番号 438-0817
本社所在地 静岡県磐田市上万能168-2
本社電話番号 0538-35-8822
創業 昭和元年
設立 昭和56年
資本金 1,000万円
従業員 60名
売上高 4億円(2018.10月現在)
沿革
  • 1926年
    • 増田採種場として創業
  • 1952年
    • 第2回全日本そ菜原種審査会 増田黒葉中生甘藍【農林大臣賞受賞】
  • 1955年
    • 第4回全日本そ菜原種審査会 増田黒葉中生甘藍【農林大臣賞受賞】
  • 1956年
    • 第5回全日本そ菜原種審査会 増田黒葉中生3号甘藍【農林大臣賞受賞】
  • 1975年
    • YR錦秋強力152甘藍【農林大臣賞受賞】(東京都)
  • 1990年
    • プチヴェールの開発に成功
  • 1995年
    • 第45回全日本そ菜原種審査会キャベツの部 YR緑波甘藍【農林水産大臣賞受賞】
  • 2001年
    • JAS認定取得(財団法人自然農法国際研究開発センター認証番号2001F-38)
  • 2005年
    • 品種登録 第12578号 ケール シューシーグリーン登録(ケールの品種登録における第一号)
  • 2016年
    • パッキング工場新設
      株式会社スマートアグリカルチャー磐田事業に対し富士通・オリックスと株主間協定を結ぶ
  • 2017年
    • 静岡県最先端農業の研究機関であるAOIプロジェクトの参画事業者に認定
      オタフクソースと共同開発品種(お好み焼きに適したキャベツ)記者発表
  • 2018年
    • 旬搾り青汁「GABAケール」が機能性表示食品として消費者庁に受理
      「ソフトケールGABA」生鮮葉物野菜で全国初の機能性表示食品として消費者庁に受理
      静岡県川勝県知事訪問 全国初!生鮮葉物野菜での機能性表示食品「ソフトケールGABA」の報告
前年度の育児休業取得対象者数 女性1名
男性0名
前年度の育児休業取得者数 女性1名
男性0名

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒438-0817
静岡県磐田市上万能168-2
電話番号:0538-35-8822
担当:児玉
URL http://www.masudaseed.co.jp
E-mail info@masudaseed.com
交通機関 公共機関
(自家用車も可)
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp238458/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)増田採種場と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ