最終更新日:2019/9/13

  • 正社員
  • 既卒可

東京コンピュータサービス(株)【TCS】

  • ソフトウエア
  • 情報処理
  • インターネット関連
  • 通信・インフラ
  • データ通信
本社
東京都
PHOTO

ドライバーを支援する車載向けカメラ開発

T.K.
2012年入社
29歳
東京電機大学
理工学部 情報システムデザイン学科
通信制御システム事業統括本部 第一システム事業部

これが私の仕事 ~ドライバーを支援する車載向けカメラ開発~

最近の車には、バックモニターやアラウンドビューモニターが
標準搭載されている車種がありますが、
私の仕事もそういった自動車についているカメラを通して、
ドライバーを支援するようなカメラシステムの開発を行っています。

自分が作成したものが機能として搭載され、
実際に動いているところを見たときに面白さを感じます。


仕事のやりがいを感じるとき ~開発に携わった製品が店頭に並んだ~

某大手家電メーカーで開発していたデジタルカメラが、
半年後に店頭に並んでいるところを見たときに感動しました。

しかもその企業が以前から定番で出していたモデルではなく、
全く新しい新製品の初期モデルであるということが余計に嬉しかったです。

もちろんBtoCだけでなくBtoBの開発もあるので、
全て目に見える形で製品化するということではないのですが、
プロジェクト初期から自分が携わったものが、
製品として完成に近づいていくところを見ると、感慨深いです。

家電や自動車も含め、世の中の多くの製品は「組み込み」でできていますが、
ハードウェアと組み合わせることで、
設計の段階では見つからなかった多くの課題が見つかることもあります。

大変な仕事ではありますが、その分やりきった時の喜びも大きいです。


私がTCSを選んだ理由 ~多種多様なジャンルの開発に携わることができる~

大学が理系学部で情報処理を学ぶ学科だったため、
就活はIT関連企業を探していました。

大手IT企業とTCSの違いは、
大手はメインとなる自社ブランド製品を持っていることが多いのに対し
TCSは独立系で、どちらかというと他社の製品開発に入っていくことが多いという点です。

自社製品を持っている企業は、その製品に特化した知識は深まるが、
それ以外に関してはあまり詳しくないイメージがあったため、
私はジャンルを越えて、色々な製品開発に携われるTCSに入社を決めました。

現在までに、ジャンルの違う様々な製品開発を行ってきましたが、
自分が普段使用するものから見慣れないものまで、「中身」を知ることができ、
「こういう風に設計されているんだ」という知識や見聞を広めることができるため、
企業の良さを感じています。


先輩からの就活アドバイス!

企業を見るにあたり、業務内容、社風、福利厚生等色んな要素に着目して選ぶかと思いますが、
それらに優先順位を決めない方がよいと思います。

その理由は、入社前と後とで、よくも悪くもギャップが出てくるからです。
数回の会社訪問や、30分の面接でわかる情報は極々一部であり、
入社後のギャップを無くすために一つの突出した要素に固執するよりも、
全体的に自分と合う企業を選ぶ方がよい思います。

後悔の無いように就活を頑張ってください。


これまでのキャリア

通信制御システム事業統括本部 第一システム事業部 システム部(現職・今年で7年目)


ページTOPへ