最終更新日:2019/9/12

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

(株)ビー・エム・エル(BML)【東証一部上場】

  • 医療機関
  • 情報処理
本社
東京都
資本金
60億4,558万円
売上高(連結)
1,135億円(2018年3月期)
従業員(連結)
3,902名(2018年3月期)
募集人数
51~100名
  • 業種 医療機関、情報処理
  • 本社 東京都
  • 資本金 60億4,558万円
  • 売上高(連結) 1,135億円(2018年3月期)
  • 従業員(連結) 3,902名(2018年3月期)
  • 募集人数 51~100名

【夏採用】【東証一部上場企業】高い臨床検査技術と豊富なノウハウがあります。私たちは、医療情報サービスを通じて人々の健康づくりに貢献していきます! 【選考後直結】

採用担当者からの伝言板 (2019/07/15更新)

☆★バイオ&医療情報システム企業★☆

当社の採用ページをご覧いただきありがとうございます。

みなさん、こんにちは!
(株)ビー・エム・エル 採用担当よりお知らせいたします。

現在、7月~8月の会社説明会予約を受け付けています。

■■■今後の説明会予定■■■

〇東京本社開催の説明会(検査職/システム職/営業職/電話サポート&インストラクター職/電子カルテ保守職)
【7月】16日(火)、23日(火)、30日(火)
【8月】 1日(木)、6日(火)、20日(火)、29日(木)
 
〇総合研究所(川越)開催の説明会(検査職/システム職)


皆様とお会いできることを、社員一同楽しみにしております。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
業界大手ならではの、多彩な検体検査業務を手掛けられるのが同社の魅力。新しい検査項目の提案や研究開発に携われるチャンスもあるなど、やりがいは大きい。
PHOTO
入社時から医療やPCの知識がないと厳しいと思うかもしれないが、仕事を覚えるのは入社後で大丈夫。まったくの未経験からスタートしたSEがとても多いのが特色だ。

先端の技術と精度、そしてスピードをもって医療業界に貢献。挑戦と創造がキーワード。

PHOTO

お客様は医療の専門家。新人のうちは気負わず、むしろ教えていただくくらいのスタンスで!

営業担当である私の仕事は、臨床検査を行っている医療機関を定期的に訪問し、検査項目の拡販を行うと共に、電子カルテの販売とフォローをしていくことにあります。既存顧客へのルート営業が中心ですが、営業として数字を伸ばしていくには、やはり新規のお客様を増やしていく必要がありますから、合間をみては新規開拓にも力を入れています。
どの医療機関もすでにどこかの会社との取引がありますから、業界大手の当社といえども、2回や3回通っただけでは受注に結び付きません。やはり、あきらめずにコミュニケーションを図っていくことが大切です。
経験の浅い私ではなかなか結果が出ないこともあります。それでも、大先生と若先生のいるクリニックを何度も訪問し、まずは若先生にお会いし、当社の電子カルテに興味を持っていただき、その後大先生にご提案する機会をいただけました。大先生は当初「私には使えない」とおっしゃっていましたが、インストラクターと同行して電子カルテのデモを実施。導入に向け、非常にいい感触を得ることができたケースもありました。
<松澤遼さん 東京第三営業所/2015年入社>

医療とシステムに興味があった私は、その両方に携われるシステム職がある当社に入社しました。
当社のシステム部門では、検査のオートメーション化に関するプログラミングや社内向けシステムの開発や保守などを手掛けている人もいますが、私が担当しているのは電子カルテの保守と運用です。具体的には、ユーザーのニーズに応じた新機能の開発や医療機関で実際に正しく機能するかどうかをテストするモニターユーザー適応、発生した問題点の原因を調べて適切な修正を行う業務などになります。
やりがいとしては、自分で製造したプログラムが意図したとおり動いたときの達成感はもちろん、毎日決まった業務ではなく案件ごとに変化に富んだ業務ができることです。実際、お客様のご依頼はさまざまです。それに応じて問題点を究明し、適切にプログラムを修正する必要があります。お客様に「ありがとう」と感謝していただけたときは本当にうれしかったです。お客様に密着した仕事ができるのも、自社のパッケージソフトを持っている当社ならではだと思います。
<桑野 かずみさん 電子カルテ部電子カルテ2課/2016年入社>

会社データ

プロフィール

私たちBMLは創業以来半世紀にわたり、臨床検査を通じてつねに医療の向上に努め、数多くの実績を積んでまいりました。

当社は、臨床検査事業と医療情報システム事業を主な業務としております。
一般にはまだよく知られていない分野かもしれませんが、正に「人の命」につながる意義のある仕事です。それだけに何よりも医療に関心を持ち、この業界でやりがいや使命感を見つけたいと考える人には、是非ビー・エム・エルのことを知っていただきたいと思います。

当社は、病院やクリニックなどの医療機関からお預かりした「血液」や「尿」などの検体を検査し、今や、手がけられる検査の数は、4,000項目以上。
そして現在では、特殊検査・研究開発までを網羅する総合ラボとして多方面より高い評価をいただいております。
臨床検査業界最大手企業としてサービス体制・技術力を誇っています。

事業内容
  • 受託開発

PHOTO

自動でストッカーから検体を持ち出し、自動分析機に搬送して再び回収する「検体搬送用ロボット」。こうした業界最大規模のオートメーション化を進めている。

■臨床検査事業
生化学検査・血液学的検査など、いわゆる「一般検査」から、
遺伝子検査などの「特殊検査」まで、 臨床検査の全分野の要望に応えられる体制を整えています。
世界屈指の規模を誇る川越総合研究所を始め、全国に展開する当社ラボにて、 病院やクリニックなどの医療機関からお預かりした検体の検査を行っています。

■医療情報システム事業
当社主力商品の一つである電子カルテの開発。医師が診療の経過を記入していた紙のカルテを、電子的なシステムに置き換え、電子情報として一括してカルテを編集・管理し、データベースに記録する事業です。
電子カルテの他には、検査の結果データを取引先病院とのシステムの連動によりPCで検査結果を照会できるシステムの開発も行っています。

■関連事業
臨床検査技術を応用した関連事業を行っています。
高齢化社会の進行、グローバル化、環境・衛生への意識の変化など、社会環境も人々の意識も大きく変わってまいりました。
そんな変化に対応するため、 BMLはこれまで培ってきた臨床検査のノウハウを応用し、関連分野への事業展開を積極的に行っています。
新薬開発のための治験検査の受託や歯科領域の細菌検査など従来の臨床検査に近い分野での事業はもちろん、食品検査や環境検査、変異原性試験といった医療以外の分野へもBMLの検査技術を活用しています。
本社郵便番号 151-0051
本社所在地 東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-3
本社電話番号 03-3350-0111
設立 1955年7月
本社所在地 東京都
資本金 60億4,558万円
従業員(連結) 3,902名(2018年3月期)
売上高(連結) 1,135億円(2018年3月期)
事業所 ■本社
東京都渋谷区千駄ヶ谷5-21-3
■総合研究所
埼玉県川越市的場1361-1
■営業所
全国各地に103カ所
■ラボ
全国各地に79カ所
主な取引先 国立病院、私立病院、医療施設、大学病院、医療研究所など
関連会社 (株)第一岸本臨床検査センター
(株)盛岡臨床検査センター
(株)日研医学
(株)ピーシーエルジャパン
(株)東京公衆衛生研究所
(株)ジャパンクリニカルサービス
(株)BMLメディカルワークス
(株)第一臨床医学検査センター
(株)BMLライフサイエンス・ホールディングス
(株)アレグロ
(株)BMLフード・サイエンス
(株)松戸メディカルラボラトリー
(株)オー・ピー・エル
(株)岡山医学検査センター
(株)愛媛メディカルラボラトリー
(株)九州オープンラボラトリーズ
(株)QOLセントラルラボラトリーズ
(株)協同医学研究所
(株)リンテック
(株)ラボテック
微研(株)  など
平均年齢 43.6歳
代表者 代表取締役社長  近藤 健介
社名の由来 1955年、(株)相互ブラッドバンクとして設立。
1976年、社名を(株)相互生物医学研究所(英文名 BIO MEDICAL LABORATORIES)に変更。
1989年、英文名のイニシャルをとり、(株)ビー・エム・エルに変更。
沿革
  • 昭和30年7月
    • 保存血液の製造及び販売を目的として東京都渋谷区に(株)相互ブラッド・バンクを設立。
  • 昭和39年3月
    • 輸血用血液取扱が日本赤十字社血液センターに集中 されたことに伴い、臨床検査業務の事業転換に着手。
  • 昭和42年8月
    • 臨床検査センターを設置し、臨床検査の受託を開始。
  • 昭和60年1月
    • 埼玉県川越市に当社の中心となるBML総合研究所を 設置、検査業務の統合及びトータルラボラトリーシステムを構築。
  • 平成元年4月
    • (株)ビー・エム・エルに商号を変更。
  • 平成12年1月
    • 医療情報システム事業部を設置し、電子カルテの販売を開始。
  • 平成13年4月
    • 東京証券取引所市場第一部に上場。
  • 平成22年9月
    • 米国コーヴァンス社と国際治験用共同ラボを設立。
  • 平成23年4月
    • 診療所向け新電子カルテ「QUALIS」を販売開始。
  • 平成25年12月
    • 中国上海駐在員事務所開設。
平均勤続勤務年数 13.2年(2018年3月末時点)
前年度の育児休業取得対象者数 54名(女性:25名、男性29名 2018年実績)
前年度の育児休業取得者数 26名(女性:25名、男性1名 2018年実績)
※昨年度より男性社員も育児休業を取得
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 5.4%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒350-1101
埼玉県川越市的場1361-1
(株)ビー・エム・エル 人事部 採用担当
TEL:049-232-0125
FAX:049-232-0102
EMail:bml_recruiting_agent@bml.co.jp
URL ■ホームページ
http://www.bml.co.jp/
■採用ホームページ
http://www.bml.co.jp/recruit/index.html
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp39331/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ビー・エム・エル(BML)【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ビー・エム・エル(BML)【東証一部上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ