最終更新日:2019/8/29

  • 正社員
  • 既卒可

(株)大木(大木グループ)

  • 商社(薬品・化粧品)
  • 商社(食品・農林・水産)
  • 商社(文具・OA関連・日用品)
  • 薬品
  • 化粧品
本社
東京都
資本金
24億8,677万円(2018年3月末現在)
売上高
連結2,395億円(2018年3月期)
従業員
379名(大木単体)544名(グループ合計)2018年3月末
募集人数
16~20名
  • 業種 商社(薬品・化粧品)、商社(食品・農林・水産)、商社(文具・OA関連・日用品)、薬品、化粧品
  • 本社 東京都
  • 資本金 24億8,677万円(2018年3月末現在)
  • 売上高 連結2,395億円(2018年3月期)
  • 従業員 379名(大木単体)544名(グループ合計)2018年3月末
  • 募集人数 16~20名

一般用医薬品市場の約2割を流通。ヘルスケア専門商社大手。健食、化粧品他、ヘルスケアを広く捉え、新カテゴリーを提案。メーカー製品他、積極的に自社開発も行う。

おかげさまで創業360年!! 一般用医薬品流通最大手の大木グループです。 (2019/08/13更新)

当社は医薬品スタンディングの美と健康と快適な生活にウィングを持つ需要創造型の新しい中間流通業を目指します。

2018年6月17日の創業記念日をもって360周年をむかえました!

採用説明会及び選考会全国で受付中です。
ぜひ、エントリー後にご参加申し込み下さい!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
業態開発部はメーカーとドラッグストアなどの小売業との橋渡し役。どんな商品なら時代にフィットし、人々の生活や健康を助けられるのか。商談ではその説明力も求められる。
PHOTO
快適生活用品事業部は発足間もない事業部だが、今後の日本社会には必要不可欠な仕事。永野さんのアイデアが高齢者の健康生活に役立つ日も近い…その思いで頑張っている。

創業360余年!右肩上がりで売上を伸ばしている需要創造型の新しい中間流通業

PHOTO

快適生活用品事業部の永野さん(右)と業態開発部の黒澤さん(中央)・新家さん(左)。同社は若手社員の比率が高く活気があり、自身のアイデアを形にしやすい環境だ。

■未来に向けた新事業にも積極的に若手を登用
大木は創業360年以上の伝統ある医薬品の総合商社です。この歴史は当社が常に“新鮮な”製品をお届けしてきた証しだと思います。私が所属するのも時代を先読みした新しい部署。ますます拡大するシニア向け市場において、健康寿命延伸のための提案を行う部署です。高齢者でも運動しやすいシューズのインソールを考えたり、オーラルケアのための商品企画も行ったりします。本当に役立つ製品をお届けするために、シナプソロジー認定インストラクターの資格も取得。これはボール回しなど普段慣れない動きによって脳を刺激し活性化するプログラム。このように新しいことにチャレンジできる風土が大木の魅力です。(永野沙綾さん/快適生活用品事業部/2014年入社)

■ヒット商品を仕掛ける橋渡し役
大木は“需要を創造する中間流通業”であり、まさに私が担っているのも医薬品メーカーとドラッグストアの橋渡し役。当社は若手社員にも大きな仕事を担当させる社風があり、私は某大手ドラッグストアを担当しています。以前、「訪日客にうける商品を並べたい」というご要望を受け社内やメーカーとも相談。日本人にはあまりなじみがなくても外国人ならつい手に取りたくなるような化粧品などをドラッグストアに提案しました。メーカー側が新商品を開発し、「きっとこれは人気が出る」と感じたものをどんどん提案していくこともあります。単に中間に入るのではなく、ヒット商品を生み出すお手伝いができるのがこの仕事。実際に当社が携わったものには数多くのヒット商品があります。(黒澤蓮さん/業態開発部/2017年入社)

■充実した新人研修で安心して一歩を踏み出せる
大木はいくつものユニークな特徴を持つ会社。新入社員は入社早々に実施されるアメリカ研修で、日本の10年先を進んでいるといわれるドラッグストアの本場を新鮮な目で見て、その後の仕事に生かしていきます。また新人研修では介護職員初任者研修の資格を全員が取得します。体や薬の知識は必須なので、そのためのeラーニングなども用意されており、学んでいける体制が十分に整っています。取り扱っている商品数も多く、覚えることは多いですが、フレッシュマンリーダー制度で先輩が1年間しっかりフォローしてくれるので安心してください。当社の強いチームワークも新人を支える土台です。(新家未絵さん/業態開発部/2017年入社)

会社データ

プロフィール

当社は、創業万治元年(1658年)360年の歴史を持つ企業です。一般用医薬品の流通にとどまることなく、化粧品や乳製品、衛生雑貨、健康食品、園芸ペット用品等を扱っており、今後は高齢化社会に向けて介護用品や単身世帯の生活便利品まで幅広く消費者ニーズに合った商品を取り扱います。更に全国に広がる流通網を最新鋭の物流システムでカバー、その流通情報や社員からのアイデアをもとに自社オリジナル商品の開発まで過去の枠にとらわれることなく積極的なチャレンジを続けております。また「流通コストのナショナルミニマム」を掲げ、「医薬品スタンディングの美と健康と快適な生活にウィングを持つ需要創造型の新しい中間流通業」として不可欠な存在となることを目指しております。

事業内容
医薬品、化粧品、衛生雑貨、乳製品、健康食品、介護用品、園芸ペット用品等の流通部門を担い、家庭で消費されるこれらの商品を薬局、薬店、ドラッグストア、スーパー、コンビニエンスストア、ディスカウントストア、デパートなどへ卸売販売
本社郵便番号 112-0013
本社所在地 東京都文京区音羽2-1-4
本社電話番号 03-3947-2232(代表)
創業 1658(万治元)年6月17日
設立 1912(大正元)年10月20日
資本金 24億8,677万円(2018年3月末現在)
従業員 379名(大木単体)544名(グループ合計)2018年3月末
売上高 連結2,395億円(2018年3月期)
売上高推移  単体 / グループ連結
2,371億円/2,395億円(2018年3月期)
2,200億円/2,223億円(2017年3月期)
2,058億円/2,075億円(2016年3月期)
1,861億円/1,877億円(2015年3月期)
1,840億円/1,862億円(2014年3月期)
1,657億円/1,681億円(2013年3月期)

事業所 本社…東京都文京区音羽2-1-4
本部…業務本部・営業本部・営業企画本部
支社…北日本支社、関東支社、東京支社、神奈川支社、名古屋支社、大阪支社、中四国支社、九州支社
支店…北日本支店、東北支店、業態第一支店、業態第二支店、業態第三支店、業態第四支店、東京第一支店、東京第二支店、東京第三支店、東京第四支店、北陸支店、大阪第一支店、大阪第二支店、広島支店、岡山支店、四国支店
事業部…健康食品事業部、C&V事業部、コンタクト事業部、快適生活用品事業部、M&P事業部、施設関連事業部
ID事業部…東京店、埼玉店、神奈川店、四国店、大阪店
ロジスティクス事業部…セントラルロジスティックセンター、新東京物流センター、神奈川物流センター、大阪物流センター、広島物流センター、四国物流センター、九州物流センター・沖縄物流センター
営業所…長野店
関連会社 大木製薬(株)
日野薬品工業(株)
リブ・ラボラトリーズ(株)
(株)エコ・ファクトリー
(株)ウイル
エーアイピー大木(株)
大木化粧品(株)
(株)奈良ドラッグ
大木オーバーシーズ(株)
上海大木美健貿易有限公司
大木ベトナム
平均年齢 41.6歳
平均勤続年数 14.0年
大木グループ採用実績人数 2018年 2017年  2016年 2015年 2014年 
───────────────
男10  男8   男10  男10  男13           
女7   女7   女2  女2  女2            
沿革
  • 大正元年10年
    • 東京神田に商号を「応用製薬(株)」として資本金10万円をもって設立。なお当社の前身は、1658年(万治元年)江戸両国に創業した家庭薬製造販売業「大木五臓圓本舗」にさかのぼる。同本舗は1896年大木合名会社と改組され、1945年当社に吸収合併されている
  • 大正 9年 5月
    • 東京都文京区音羽に音羽工場開設
  • 昭和18年 4月
    • 「大木製薬(株)」に商号変更
  • 昭和20年 5月
    • 母体である「大木合名会社」を吸収合併
  • 昭和54年 5月
    • 株式を日本証券業協会(東京地区協会)に店頭登録(現ジャスダック)
  • 昭和60年 2月
    • 埼玉県上尾市に埼玉物流センター開設
  • 昭和63年7月
    • 創業330年を機に自社製品開発事業を開始
  • 平成16年 8月
    • 九州営業所(平成19年九州支社に昇格)及び九州物流センター開業
  • 平成16年12月
    • 埼玉県鴻巣市に新東京物流センター開設
  • 平成17年 6月
    • 愛媛県西条市に中四国物流センター開設
  • 平成18年 7月
    • 北海道札幌市に北日本支店開設
  • 平成19年 1月
    • 「大分化粧品(株)」と資本提携「現大木化粧品(株)」
  • 平成19年 8月
    • 「東邦薬品(株)」(東京都世田谷区)、「国分(株)」(東京都中央区)と業務提携。
  • 平成19年 8月
    • 「(株)エーアイピー」(福岡県福岡市)と資本業務提携
  • 平成20年6 月
    • 創業350周年記念式典開催
  • 平成22年12月
    • 「(株)健翔大木」(広島県廿日市市)発足。
  • 平成23年1月
    • 「岡内大木(株)」を吸収合併し、四国支店を開設。
  • 平成23年8月
    • 上海大木美健貿易有限公司(中華人民共和国上海市)設立
  • 平成23年11月
    • 沖縄県糸満市に沖縄物流センターを開設
  • 平成24年 4月
    • 「日野薬品工業(株)」の全事業を譲り受ける事業譲渡契約を締結
  • 平成26年4月
    • 2011年3月に発生した東北地方太平洋沖地震の被災者に対する支援に対し、田村厚生労働大臣より感謝状を拝受しました。
  • 平成27年 10月
    • 純粋持株会社大木ヘルスケアホールディングス(株)を設立
  • 平成27年 11月
    • 大木ベトナム有限会社(ベトナムハノイ)を設立
  • 平成29年5月
    • (株)ルネサンスと業務提携し認知症予防プログラムシナプソロジーを導入
  • 平成30年6月
    • 大木オーバーシーズ(株)設立
平均勤続勤務年数 平均勤続年数14.4年
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 0%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 東京本社
〒112-0013 東京都文京区音羽2-1-4
TEL:03-3947-2232
採用担当 寿原(スハラ)・直川
URL http://www.ohki-net.co.jp/
交通機関 東京メトロ有楽町線「護国寺駅」より徒歩1分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp4731/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)大木(大木グループ)と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)大木(大木グループ)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ