最終更新日:2019/7/29

  • 正社員
  • 既卒可

関東いすゞ自動車(株)

  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
  • 専門店(自動車関連)
本社
群馬県
資本金
3億5,000万円
売上高
602億9,314万円(関東いすゞ単体 2019年3月期)
従業員
893名(男性793名 女性100名/関東いすゞ単体 2019年5月1日現在)
募集人数
16~20名
  • 業種 商社(自動車関連・輸送用機器)、専門店(自動車関連)
  • 本社 群馬県
  • 資本金 3億5,000万円
  • 売上高 602億9,314万円(関東いすゞ単体 2019年3月期)
  • 従業員 893名(男性793名 女性100名/関東いすゞ単体 2019年5月1日現在)
  • 募集人数 16~20名

企画力、提案力、人間力を育める、楽しく熱くやり甲斐ある職場です!

エントリー・説明会参加者募集受付中! (2019/07/04更新)

関東いすゞのページをご覧いただきありがとうございます!
当社はいすゞ製トラックの販売をメインに行っている会社です。

会社説明会・採用試験,開催します!
あまり馴染みのないトラックディーラの魅力をお伝えします。
興味のある方はぜひ、下記連絡先までお気軽にお問い合わせください!
Mail:jinji@kanto-isuzu.co.jp
電話:027-346-1111
関東いすゞ自動車(株)総務部人材開発課 担当者まで

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
街を走るトラックやバスのエンブレムをよく見てみると「ISUZU」がいかに多いかがわかる。販売とメンテナンスを通じて、日本の物流を支えていく誇りある仕事だ。
PHOTO
チームワークの良さは関東いすゞの特色であり自慢。各部門の垣根を越えて社員同士が連携することで、より大きな力を生み出す原動力となっている。

トラックは生活を支えるライフライン。「運ぶ」を通じて暮らしや社会に貢献する。

PHOTO

「上司や先輩たちに質問しやすい家庭的な雰囲気がある職場です。人のいい先輩がたくさんいることも当社の大きな魅力だと感じています」と話してくれた。

私達の営業先となるのは運送業や建設業などの法人のお客様が中心です。デザインなどで車を選ぶ乗用車ユーザーへの販売スタイルとは違い、ベースとなるトラックをカスタマイズし、1台1台オーダーメイドで作り上げていくのがトラックの販売スタイルです。
そのためにはお客様からじっくりとお話をうかがって情報を収集し、積載する荷物の種類・積み方などを考えた輸送効率の高いトラックを提案していくことが重要となります。

1人で営業に出るようになってから半年が経過した頃、こんなケースがありました。新規で商談をすることになった建設会社に出向いたときのことです。
「重機を積むためのクレーンを取り付けた、荷台の長い6人乗りのトラックが欲しい」というお話をいただきました。さっそく架装業者(荷台を製造する会社)と打ち合わせをして見積書を作成し、2週間後に提案しました。
しかし、そこから4ヵ月ほど商談が進むことはありませんでした。理由はお客様が新車に比べ値段の安い中古車も視野に入れて検討していたためでした。価格では太刀打ちできないと思った私は、新人だったこともあって半ばあきらめ。それ以来、そのお客様のもとへ訪問しなくなりました。
それから数ヵ月後、商談がどうなったのかが気になりアポイントを取らずにその会社へ立ち寄ると、対応に出られた奥さまから「今度来たら買ってあげたいねって夫と話していたのよ」とおっしゃっていただきました。その時、私は後ろ向きだった自分の行動を反省しました。
そこから受注までの商談はスムーズに進みました。特殊な仕様のトラックだったため、納車まで半年ほどお待ちいただきましたが、お客様にとっては初めてとなる念願の新車だったので、納車されたトラックを前に家族で記念写真を撮られるほどとても喜んでくださいました。
先輩から「営業は人間関係だ」と聞かされていましたが、まさにそのとおり。私はこの経験から、お客様のもとへ地道に足を運ぶことの大切さを学びました。

トラックは、私たちが生活をしていくうえで必要な物資を1日も休むことなく運び走り続けなくてはいけません。この会社で働くなかで「運ぶ」を支えることは人々の暮らしや命を守り、それが社会に貢献することだと改めて実感しています。
<高崎支店車輌営業課 2016年入社>

会社データ

プロフィール

埼玉県・群馬県をエリアにいすゞ製トラックの販売を行っている会社です。群馬県高崎市の本社・高崎支店は総面積3万500平方メートル。敷地内には最新の設備を誇る整備工場を完備。大小34の整備ブースのほか、車両検査場、塗装ブースなどを備えるこの施設は、当社最大級の規模を誇ります。大型から小型トラックまで扱っており、お客様のニーズにトータルでお応えできます。

当社ではお客様に選んでいただける企業であり続けることはもちろん、社員一人ひとりが満足して働くことのできる、元気で活き活きとした企業を目指しています。一例として従業員の健康に配慮する企業として経済産業省が推進する「健康経営優良法人2019 ホワイト500」にも認定されました。

70年以上の歴史を持つ当社は、これからも「運ぶ」を支え続けます。

事業内容
1.自動車の卸売および小売
2.自動車部品の卸売および小売
3.自動車整備
4.機械工具、産業機械の卸売および小売
5.タイヤ、石油類(オイル、グリス等)の卸売および小売
6.保険代理業(自動車保険、損害保険、生命保険)
本社郵便番号 370-1202
本社所在地 群馬県高崎市宮原町1-21
本社電話番号 027-346-1111
設立 1946(昭和21)年8月20日
資本金 3億5,000万円
従業員 893名(男性793名 女性100名/関東いすゞ単体 2019年5月1日現在)
売上高 602億9,314万円(関東いすゞ単体 2019年3月期)
事業所 【本社】
【支店】 高崎支店、太田・大泉支店、渋川支店、前橋支店、上武支店(伊勢崎市)、      
     浦和支店、川口支店、春日部支店、越谷支店、伊奈支店、行田支店、
     所沢・三芳支店、川越支店、深谷花園支店
【出張所】沼田出張所
【サービスセンター】春日部サービスセンター、大宮サービスセンター、
          入間サービスセンター
関連子会社 北関東自動車工業(株)
ケイアイジーサービス(株)
関連会社 いすゞ産業(株)
平均年齢 40.2歳
沿革
  • 1946年8月
    • 資本金15万円を以って、高崎市末広町194番地に関越自動車(株)を設立、自動車部品の販売開始
  • 1946年9月
    • いすゞ自動車(株)[当時ヂーゼル自動車工業(株)]と契約、群馬・埼玉・千葉・茨城・栃木の関東5県に於けるいすゞ自動車の販売を担当  
  • 1949年5月
    • 商号を関東いすゞ自動車(株)と改める
  • 1950年3月
    • 茨城県を当社販売区域より分離
  • 1950年4月
    • 栃木県を当社販売区域より分離
  • 1953年11月
    • やまと自動車(株)とヒルマン・ミンクス販売契約
  • 1957年3月
    • 千葉県を当社販売区域より分離
  • 1959年9月
    • ヒルマン・ミンクスの販売業務を埼群いすゞモーター(株)に譲渡
  • 1963年10月
    • 本社を高崎市倉賀野町403番地に移転
  • 2004年12月
    • サービス部門でISO9001:2000の認証を取得
  • 2005年12月
    • 全社でISO14001:2004の認証を取得
  • 2007年3月
    • 埼群いすゞモーター(株)を統合
  • 2007年4月
    • (株)テクノ沼田を統合
  • 2007年10月
    • 本社及び高崎支店を高崎市宮原町1-21に移転
  • 2009年5月
    • 所沢・三芳支店新規オープン
  • 2010年12月
    • 草加サービスセンターを閉鎖し、越谷支店に統合
  • 2012年4月
    • 寄居支店を深谷市荒川に移転、深谷花園支店開設
  • 2014年2月
    • 行田支店オープン
  • 2015年11月
    • 太田・大泉支店オープン
前年度の育児休業取得対象者数 女性4名 男性0名
前年度の育児休業取得者数 女性4名 男性0名

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒370-1202
群馬県高崎市宮原町1-21
関東いすゞ自動車(株) 総務部人材開発課
TEL:027-346-1111 FAX:027-347-0231
URL <会社ホームページ>
http://www.kanto-isuzu.co.jp/
<新卒採用ページ>
http://www.kanto-isuzu.co.jp/recruit/
E-mail jinji@kanto-isuzu.co.jp
交通機関 JR高崎線・八高線 倉賀野駅下車 徒歩10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp50928/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
関東いすゞ自動車(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ