最終更新日:2019/6/28

  • 正社員

一般財団法人 材料科学技術振興財団(MST)

  • 財団・社団・その他団体
  • 化学
  • 半導体・電子・電気機器
  • 専門コンサルティング
  • シンクタンク・マーケティング・調査
本社
東京都
基本財産
約27億円
売上高
会社規定により非公開
従業員
383名(全従業員) うち正職員男女比(男性116名、女性115名)※2018年10月1日現在
募集人数
16~20名
  • 業種 財団・社団・その他団体、化学、半導体・電子・電気機器、専門コンサルティング、シンクタンク・マーケティング・調査
  • 本社 東京都
  • 基本財産 約27億円
  • 売上高 会社規定により非公開
  • 従業員 383名(全従業員) うち正職員男女比(男性116名、女性115名)※2018年10月1日現在
  • 募集人数 16~20名

<日本を支える分析センター>様々な素材の分析を行っています。※※就活生応援中!説明会交通費の支給あり!例)東北・東海15,000円、北海道・九州30,000円など※※

採用担当者からのお知らせ (2019/06/28更新)

◆MSTのページをご覧いただきありがとうございます!

■私たちの仕事の魅力を知って下さい!
中立な立場の分析センターとして、自動車・電子部品・有機ELなど高機能材料の開発支援から、医薬品・食品など身の回りの安全安心まで、様々な分析を通じ、日本の産業の研究開発・製造と国民の安全・安心を支えています。

分析の仕事は、日常の生活ではまず目にすることはありませんが、日本を支える重要な役割を担っています。
 
だからこそ、この仕事の重要性や私たちの生活への必要性、社会への貢献について知って頂きたいと思っています。きっと「こんな仕事があったんだ」「知らなかった」と新しい発見が出来ることと思います。

■お問い合わせは、採用担当者までお気軽にご連絡下さい。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
入団後は先輩が指導役として付き添い、OJTで分析装置の操作方法などを学びます。分析経験を積みながら、結果の議論などお客様とのコミュニケーション力も高めます。
PHOTO
独立性、中立性の保たれた分析センター。東京本部は、多摩川に面した敷地に実験棟、厚生棟等7つの建物があります。世田谷区の中でも自然に恵まれた環境です。

幅広い知識を習得しながら分析技術を極め、科学技術の発展に貢献できる職場です。

PHOTO

堅いイメージの名称を持つ組織ですが、職場の雰囲気は和やかです。働きやすい環境が自慢です。(写真左からUさん、Mさん、Tさん)

材料科学技術振興財団(MST)は、様々な企業から材料等に関する分析依頼を受託することで企業や大学の研究開発や製造の現場を支援しています。今回は分析評価部STGで働く先輩社員からお話を聞きました。

■現在の仕事内容/ナノオーダーの世界と向き合っています。
私たち3人が担当しているのは、透過電子顕微鏡(TEM)と呼ばれる装置を駆使する分析です。イオンミリングという方法で数十nmの厚さに加工した薄片に電子線を照射し、透過・散乱・回折した電子によって得られた像を観察しています。

私たちが普段分析する対象は各種無機材料やシリコン半導体など、研究開発段階のものが多いですが、電子顕微鏡ではメモリ、ハードディスクなど電子デバイスから動物の歯やとんこつスープまで評価しますよ。(Tさん/2016年入社)

■仕事環境/お互いにサポートし合えるチーム体制。
私たちは正職員からパートタイマーまで、総勢9名のチームです。工程を分担することも多く、コミュニケーションを取ることが重要なので、社内チャット等のツールも活用しています。リアルタイムでの情報共有を図ることで、先読みしながら業務にも取り組めますし、メンバーからのヘルプ要請が入ったときにも、お互いにサポートし合える環境が整っていると感じています。

私たちのチームでは先輩が調整した分析予定を見ながら、全員が自発的に各自の役割をこなしています。成果に対してお互いにしっかりフィードバックしあうことで、メンバー同士の信頼関係が得られます。(Uさん/2018年入社)

■仕事のやりがい/お客様・社会に貢献できること。
定期的なご依頼では、お客様の開発上の問題や課題が確実に解決されている様子を目の当たりにします。お客様から「ありがとう」の言葉を頂けることが、やりがいに直結します。また、MSTでは研究支援などの公益事業も行っています。自分の技術や知識の幅を広げながら、日本の科学技術の発展に貢献できることが魅力です。

もちろん、仕事は楽しいことばかりではありません。難しい分析に取り組む時は試行錯誤を繰り返し、失敗して落ち込むこともあります。しかし、私たちはチームで仕事をしています。一緒に悩み、考え、乗り越えることができる仲間が傍にいるからこそ、挑戦を続けられるのです。(Mさん/2013年入社)

会社データ

プロフィール

■MST創立の原点を忘れずに
 ・分析サービスを通じ、日本の産業の発展と国民の安全・安心を支えます。
 ・分析評価の事業で得た利益は、広く社会還元します。(※)

※利益の10%以上を給付型奨学金の支給・学校設備備品の購入支援・研究
 機関への研究費助成などの様々な形、方法で社会に還元しています。
(参考)企業の社会貢献活動費:経常利益の1.69%(平均)
    (2016年度経団連調べ)

■公正中立は分析センターに求められる姿
 親会社を持たない、無借金経営、運営資金を自分たちの分析評価事業で
 得ていくという独立経営のスタイルを創立以来33年間守ってきました。
 強固な財務基盤は、企業の継続性と事業の公正中立性の源です。

■MSTは分析センター
 私たちは、自動車・電子部品・有機ELなど高機能材料の開発支援から、
 医薬品・食品など身の回りの安全安心まで、様々な材料の分析・解析評価を
 行っています。

■取引先は国内企業・大学・各種研究機関・法曹関係
 分析・解析評価の仕事は一般消費者の目に留まることは少ないですが、
 産業と社会を支える重要な役割を担っています。

■積極的な技術開発
 世界中に展開している日本の企業の製品開発のスピードは早く、ニーズも
 変化していきます。私たちはそのようなお客様のニーズに応える
 分析評価を行うため、分析技術の向上や開発に取組んでいます。

■公益法人としての役割
 分析評価の事業で産業と社会を支えながら、得た利益を社会還元することが
 私たちの大切な役割と考えています。

事業内容
■材料評価事業
 国内メーカーや大学・研究機関より様々な材料をお預りし、
 分析・解析評価を行います。
 測定法は、電子顕微鏡・質量分析・光電子分光など多岐にわたり、お客様の
 ニーズに応えられる方法で評価を進めます。

 法曹関係からのご依頼もあり、提供する分析結果の品質管理および
 情報管理に関して万全の体制で臨んでいます。
 (ISO9001、ISO27001認証取得済)

■振興事業・研究事業
 分析・解析評価を担当する全ての職員に関わる機会がある公益活動。
 MSTで働くモチベーションの一つです。
 ○山崎貞一賞:初代理事長の名を冠した研究者表彰
        実用化につながる優れた業績をあげた方を表彰
 ○会議・シンポジウムなどの支援:学会、国際会議などの活動費支援
 ○就学支援:奨学金・就学支援金支給、贈呈式運営
 ○教育活動:科学教室の実施、研修所の運営など
 ○教育現場支援:学校備品・設備の購入費支援
 ○自然環境保護活動(成城みつ池を育てる会)
 ○研究助成:新材料研究などの分野において研究費を助成
 ○共同研究:材料分析評価に関わるテーマ(分析手法等)について大学
  などと共同で研究を実施 など
本部郵便番号 157-0067
本部所在地 東京都世田谷区喜多見1-18-6
本部電話番号 03-3415-1555
設立 1984年8月1日
基本財産 約27億円
従業員 383名(全従業員)
うち正職員男女比(男性116名、女性115名)※2018年10月1日現在
売上高 会社規定により非公開
事業所 東京本部 (世田谷区喜多見)
大阪支所 (大阪市淀川区宮原)
名古屋支所(名古屋市中村区名駅)
仙台支所 (仙台市青葉区中央)ほか
主な取引先 国内企業・大学・各種研究機関・法曹関係
学協会 日本顕微鏡学会、日本分析化学会、日本表面真空学会、
日本学術振興会協力会(141、145、167、175委員会)、人工知能学会、
応用物理学会、応用物理学会シリコンテクノロジ分科会、日本中毒学会、
日本健康・栄養食品協会、日本化粧品技術者会、日本非破壊検査協会など
その他法人・個人加入の学協会あり ※2017年度実績
資格 衛生検査所、向精神薬試験研究施設設置者、計量証明事業者など
覚せい剤研究者、麻薬研究者、特定毒物研究者
薬剤師、衛生検査技師、臨床検査技師、放射線取扱主任者
環境計量士、技術士など
ISO認証 ISO27001(情報セキュリティの国際規格。2009年6月取得)
ISO9001(品質保証の国際規格。2010年2月取得)
ISO10002(苦情対応の国際規格。2010年8月取得 2014年10月より自己適合宣言に移行)
沿革
  • 1984年8月
    • 世田谷区上祖師谷に設立(科学技術庁管轄)
  • 1986年4月
    • 最新鋭のSIMSを導入(国内初)
  • 1993年4月
    • 世田谷区喜多見(現在地)に移転
      ・1号棟竣工、FIB-TEM技術で分析技術に新潮流を確立
      ・各種分析装置を充実させ、センター機能を強化
  • 1999年1月
    • 2号棟(厚生棟)竣工
  • 2001年11月
    • 第1回 山崎貞一賞贈呈式を行う
  • 2002年3月
    • 3号棟竣工
  • 2008年2月
    • 4号棟竣工
  • 2011年5月
    • 名古屋支所開設
  • 2012年4月
    • 一般財団法人に移行(内閣府管轄)
  • 2012年4月
    • 仙台支所開設
  • 2014年8月
    • 大阪支所開設
  • 2017年7月
    • AI用スパコン導入(追加導入)
  • 2017年10月
    • 東京本部
      ・敷地:約3,000坪
      ・建物:計7棟(福利厚生棟を含む1~7号棟)
      拠点
      ・5カ所(仙台、名古屋、大阪、福島他)
      独身寮/社宅
      ・4寮5棟/1棟
  • 2018年4月
    • 東京本部
      ・社内保育園がオープン
      ・食堂の広さが2倍に拡張
      独身寮
      ・新たな独身寮が竣工(5寮6棟)
前年度の育児休業取得対象者数 6名(うち男性0名、女性6名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 6名(うち男性0名、女性6名 2017年度実績)

採用データ

取材情報

顧客の信頼獲得に向け、分析のプロの仕事を紹介!!
材料科学技術振興財団(MST)の仕事とは?
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒157-0067 東京都世田谷区喜多見1-18-6
一般財団法人材料科学技術振興財団
総務部人事課 採用担当
TEL:03-3415-1555
URL https://www.mst.or.jp/
※採用情報は下記ページに掲載されています。
https://www.mst.or.jp/corporate/recruit/tabid/83/Default.aspx

その他の情報
※山崎貞一賞(公益活動の一つ)
https://www.mst.or.jp/Portals/0/prize/index.html
E-mail recruit@mst.or.jp
交通機関 小田急線「狛江駅」または「和泉多摩川駅」よりバス約15分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp52420/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
一般財団法人 材料科学技術振興財団(MST)と業種や本社が同じ企業を探す。
一般財団法人 材料科学技術振興財団(MST)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ