最終更新日:2019/9/17

  • 正社員
  • 既卒可

本多金属工業(株)【HONDALEXグループ】

  • 非鉄金属
  • 金属製品
  • 自動車・自動車部品
  • 建材・エクステリア
  • インテリア・住宅関連
本社
愛知県
PHOTO

品質向上を目指して!!

林 政貴
2011年入社
関西大学
化学生命工学部化学・物質工学科
稲沢工場 製造課
ソフトボール部所属 

品質向上を目指して!!

現在、私は製造課で技術スタッフとして、品質向上の改善に取り組んでいます。押出成形された製品に不良が発生した際に、原因を突き止めて対策を考えたり、条件設定や、条件管理の方法などきめたりするのが主な仕事です。不良は、キズや気泡など表面状態に問題があるものや、製造工程で異物の巻き込み、また、複雑な形状での変形など、様々です。
そのため、不良を見つけると何故それが起こったのか、製造データをチェックして過程を調べ、原因を突き止めます。
原因がなかなか判明しないと、上司や他の課の人にアドバイスを求めたり、製造現場の人たちに状況を確認したりして、原因を突き止めていきます。特に工場での情報収集は大切で、コミュニケーション能力は不可欠です。


任されることで責任感が!!

当社では、新人にもまず任せて考える力を伸ばし、間違ったらフォローしてくれるなど“人を育てる姿勢”が強く感じられます。私も入社4ヵ月目にして機械的性質の分析レポートを作成したり、半年後にはある不良を出さないための対策を考え、上司に確認して実施に移すなど、任されるからこそ責任を持ってやり遂げ、速いスピードで成長していると実感しています。
今は、不良の原因をすぐ予測できてその通りだと『やった!』と思いますが、今後は、不良を減らすため、二度と不良を出さない対策を構築することが課題です。入社1年目から自分で考えたことをやらせてもらい、それが実際の製品づくりに反映される『仕事のやりがい』を感じつつ、さらに知識と経験を深めたい。押出し製品をより効率よく生み出せるようにしたいです!


この会社に決めた理由

大学では化学物質工学科マテリアル科学コースで、金属、非金属、セラミックについて学ぶ機会がありました。ものづくりの企業を目指す中で、特に本多金属工業に興味を持ったのは、アルミニウムを扱っている会社だからです。アルミニウムは加工性が良く、またリサイクル性にも優れているため、将来にわたって面白い仕事ができると思いました。


ページTOPへ