最終更新日:2018/8/3

  • 上場企業

京浜急行電鉄(株)

  • 鉄道
  • 不動産
  • スーパーマーケット
  • ホテル・旅館
  • レジャーサービス
本社
東京都
資本金
437億円
売上高
3,156億8,500万円 (2018年3月期)※連結
従業員
2,753名(2018年3月末日時点)
  • 業種 鉄道、不動産、スーパーマーケット、ホテル・旅館、レジャーサービス
  • 本社 東京都
  • 資本金 437億円
  • 売上高 3,156億8,500万円 (2018年3月期)※連結
  • 従業員 2,753名(2018年3月末日時点)

品川・羽田を玄関口として、国内外の多くの人々が集う、豊かな沿線へ

会社紹介記事

PHOTO
「京急蒲田駅付近連続立体交差事業」では、上下線の全線高架化を実現しました。踏切の影響による交通渋滞が解消され、羽田空港方面へのアクセスも向上しました。
PHOTO
国家戦略特区に指定されている品川駅周辺の発展を担う事業者として、国際交流拠点化に向けた駅および周辺の開発事業を推進しています。

お客さまの豊かな暮らしのために、様々な事業を展開

【京急電鉄の概要】
京急グループは「都市生活を支える事業を通して、新しい価値を創造し、社会の発展に貢献する」という理念を掲げ、交通、不動産、ホテル・レジャー、流通など、さまざまな事業に取り組んでいます。
京急電鉄は、鉄道事業を中心にグループ各社と連携し、沿線のお客さまの生活を支えています。

沿線には、日本の新たな玄関口として注目を集める品川・羽田や、住宅街・産業の集積地である川崎・横浜、海や山の自然に恵まれた横須賀・三浦があります。
バラエティ豊かな京急沿線のまちには住民のお客さまだけでなく、ビジネスマンや訪日外国人、レジャー利用のお客さまなど、多彩なお客様が集まっています。

そんな沿線の各地域を舞台に、京急電鉄では地域の特性にあったサービスを展開しています。品川~横浜間にはホテルなどのビジネス向け施設を、横浜以南には住民の方々に向けた百貨店やスーパーなどを集中して出店しています。
また、三浦半島エリアでは、観光・レジャー施設に力を入れています。このように、沿線地域の特色を生かし、地域に適した事業に取り組んでいます。

【今後の展望】
京急電鉄は現在、品川駅周辺の大規模開発・羽田空港の拡充・京浜臨海部における開発・世界的なスポーツイベント・リニア中央新幹線の開通などをひかえ、多様な事業機会に恵まれています。また、これに伴い「品川・羽田を玄関口として、国内外の多くの人々が集う、豊かな沿線を実現する」という2035年に目指す長期ビジョンを掲げています。
上記重点事業への注力はもちろんのこと、この他にも、京急線アプリや空き家の利活用、ベンチャー企業との新事業創出など、今後を見据えた成長の布石となる事業に積極的に取り組んでいます。
今後も品川と羽田を軸としながら、様々な方面でグループ一丸となり、沿線の価値向上に努めます。

会社データ

事業内容
交通事業
不動産事業
レジャー・サービス事業
流通事業
その他事業
本社郵便番号 108-8625
本社所在地 東京都港区高輪2-20-20
本社電話番号 当社規定により非公開
設立 1948(昭和23)年6月1日
資本金 437億円
従業員 2,753名(2018年3月末日時点)
売上高 3,156億8,500万円 (2018年3月期)※連結
事業所 東京/神奈川
代表者 取締役社長 原田 一之
グループ会社 59社(京浜急行電鉄を含む)
沿革
  • 1898年
    • 大師電気鉄道(株)創立
  • 1899年
    • 京浜電気鉄道(株)に変更
  • 1948年
    • 京浜急行電鉄(株)設立
  • 1968年
    • 「京急油壺マリンパーク」開業
      都心乗り入れ、品川~泉岳寺間開通
  • 1983年
    • 「ウィング高輪」オープン
  • 1987年
    • 初のフリー乗車券「三浦半島ぐるりっぷ」を発売
  • 1992年
    • 「ウィング号」運行開始
  • 1996年
    • 「京急百貨店」「ウィング上大岡」グランドオープン
  • 1997年
    • 「YRP(横須賀リサーチパーク)」オープン
  • 1998年
    • 空港線「羽田空港駅」開業
      日本発の空港間(羽田空港~成田空港)直通電車「エアポート快特」運転開始
  • 2000年
    • 全国初、駅直結型の「京急キッズランド井土ヶ谷保育園」オープン
  • 2001年
    • 「京急蒲田駅付近連続立体交差事業」工事着手
  • 2003年
    • 京急線全駅で全面禁煙を実施
      鉄道業界初の特例子会社「京急ウィズ」設立
  • 2004年
    • 京急グループポイントサービス開始
  • 2005年
    • 京急カード発行
  • 2006年
    • 「大師線連続立体交差事業(地下化)」工事着手
  • 2007年
    • 「湘南佐島なぎさの丘」販売開始
      「京急EXイン大森海岸駅前」開業
  • 2009年
    • 「みさきまぐろきっぷ」発売
  • 2010年
    • 空港線「羽田空港国際線ターミナル駅」開業
  • 2011年
    • 複合施設「SHINAGAWA GOOS」開業
      「京急EXイン品川駅前店」開業(SHINAGAWA GOOS内)
      川崎港町タワーマンション「リヴァリエA棟」販売開始
  • 2012年
    • 「京急蒲田駅付近連続立体交差事業」上下線全線高架化
  • 2014年
    • 「KEIKYU YELLOW HAPPY TRAIN」運行開始
  • 2015年
    • 台湾鉄路管理局と「友好鉄道協定」締結
      「モーニング・ウィング号」運行開始
      「ウィングキッチン京急蒲田」オープン
  • 2016年
    • 「久里浜線延伸事業および延伸区間における三浦市水戸・小網代地区の大規模宅地開発事業」凍結を発表
      横浜への本社移転を発表
  • 2017年
    • 「京急線アプリ」配信スタート
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 16日(2017年3月時点実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

京浜急行電鉄(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
京浜急行電鉄(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ