最終更新日:2019/7/31

  • 正社員
  • 既卒可

日本防蝕工業(株)

  • 建設
  • 設備工事
  • 非鉄金属
  • 金属製品
  • その他電気・電子関連
本社
東京都
資本金
2億4,420万円
売上高
77億2732万円(2018年9月期)
従業員
244名(2018年09月現在)
募集人数
6~10名
  • 業種 建設、設備工事、非鉄金属、金属製品、その他電気・電子関連
  • 本社 東京都
  • 資本金 2億4,420万円
  • 売上高 77億2732万円(2018年9月期)
  • 従業員 244名(2018年09月現在)
  • 募集人数 6~10名

「無音の侵略者」、錆を阻むため確固たる技術力で挑み続ける。ー悠久の時を経ても尚、錆びることのない生活を、社会を、そして安全を。

  • 積極的に受付中

【夏採用スタートしました!】2020年卒採用開始 (2019/07/31更新)

皆さん、こんにちは。日本防蝕工業の小原です!

2020年卒 採用を開始致します。

東京会場にて毎週実施していますので、ご興味ある方はエントリーいただき、説明会にお申し込み下さい。
●説明会日程 
 セミナー画面からご予約ください。

 ◆8/9(金)14:00~15:00
 ◆8/16(金)14:00~15:00
 ◆8/20(火)14:00~15:00
 ◆8/22(木)14:00~15:00
 ◆8/29(木)14:00~15:00

上記日程と予定が合わない方も、個別に日程調整を行いますので、お気軽にお問合せ下さい。

皆様とお会いできる事をお待ちしております!

会社紹介記事

PHOTO
鉄筋コンクリートも長い年月の間に少しずつ劣化します。そのまま放置すれば建造物全体が危険な状態に。電気防食工法で皆さんの生活を守る、それが私たちの使命です。
PHOTO
沖縄で本格的なサンゴ礁の増殖実験にエム・エム ブリッジ(株)[旧三菱重工鉄鋼エンジニアリング(株)]、東京大学、(株)シービーファームと共同で参画しています。

地下へ、地上へ、海へ。あらゆるフィールドで「錆」との永き戦いに終止符を打つ!

PHOTO

皆さんの生活の中でも度々目にするであろう「錆」。それが例えば港湾設備だったら…?錆が大きな危険になることもあります。防食は重要な技術なのです。

「優れた防食技術を活かし、社会と生活の安全に貢献する」

これが日本防蝕工業の経営理念です。私たちの生活に金属は欠かすことの出来ない物質ですがその金属は”サビ”から逃れられない宿命を背負っています。

当社は、早くから産業社会の発展に伴って生じた防食のニーズに応えるためにこの事業に着目し、研究に研究を重ね、1951年に我が国初の総合防食エンジニアリング会社として発足いたしました。各種施設の防食・防汚に関する綿密な調査から得られたデータをもとに、最新の電気防食法を中心にして、それに最適な設計、施工、管理など、防食にかかわるすべての事業を幅広く展開しています。また、一流の技術士、防錆管理士や各種の専門技術者が、長年の研究・開発から蓄積された数々の技術とノウハウで各種の専門業務に従事しています。

また、近年は培ってきた電気防食の技術を活かし、【サンゴの再生事業】を行なうなど、幅広いフィールドで事業を展開しています。

近年、豊かな社会を築いていくには、限られた資源をいかに継続的に維持していくかが、社会のテーマになっています。この永遠なる社会のテーマに応えるべく、防食の最新・最適の技術で広く海外まで「防食事業を通じて社会に貢献する」努力を続けていきます。

会社データ

プロフィール

私たちの生活に金属は欠かすことのできない物質で、その金属は腐食することで次第に消耗していきます。これが鋼構造物などで発生してしまうと重大事故につながる危険があります。現在日本における腐食による経済損失は数兆円におよぶといわれ、腐食は確実に防ぐ(防食する)必要があります。

 日本防蝕工業(株)は創業以来約70年にわたり電気防食の先駆者として常に最先端の技術力を発揮し、港湾施設・海洋構造物・船舶・埋設配管・各種工場の諸設備等に対する防食工事・保守点検・腐食診断等に携ってきました。
 この間、急速な技術革新や絶えず変化する社会のニーズに合わせて、新しい防食・防汚や腐食診断等の技術開発に取り組むとともに、日常の設計・施工・管理及び生産などのあらゆる企業活動において常に細心の注意を払い、お客様が満足する技術、製品を提供しております。
 

事業内容
海洋・港湾施設・コンクリート施設等、様々な建物において最適な防食を可能にしております。

■電気防食、防食塗装ならびに防汚に関わる調査、基本設計、機械設計、施工、施工管理
■金属ならびに合成樹脂などの表面処理品の加工、売買および輸出入
■前各号に付帯関連する一切の業務
本社郵便番号 144-8555
本社所在地 東京都大田区南蒲田1-21-12 昭和ビル7F
本社電話番号 03-3737-8400
日本防蝕工業 HP http://www.nitibo.co.jp/
創業 1951年4月創業
設立 1947年9月
資本金 2億4,420万円
従業員 244名(2018年09月現在)
売上高 77億2732万円(2018年9月期)
純利益 3億1566万円(2018年9月期)
自己資本比率 65.4%(2018年9月期)
事業所 支店、営業所:東京都、大阪府、北海道、宮城県、愛知県、広島県、福岡県、千葉県、新潟県、岡山県、兵庫県、三重県、沖縄県

工場・研究所:神奈川県、長崎県
株主構成 日本防蝕工業役員持株会、日本防蝕工業従業員持株会 他
主な取引先 官公庁、ガス・石油・電力・プラント会社など大手企業が中心
平均年齢 38.6(2018年9月期)
平均勤続年数 13.9年(2018年9月期)
当社の特徴 1.日本で最初の“総合防食エンジニアリング会社”です。
2.多種多様の金属構造物を事業対象として、バラエティーに富んだ現場で仕事ができます。
 ○港湾設備・船舶・化学プラント・発電所等の鉄鋼構造物
 ○石油やガスの備蓄タンク
 ○海底・地中埋設パイプライン(ガス・石油・水道・電力等)
 ○鉄筋コンクリート構造物  等々
3.世界最先端の電気防食技術で、国内はもとより広く海外までこの事業を通じて社会に貢献しています。
ここが当社の魅力 1.日本で数社しかない“総合防食エンジニアリング会社”です。
2.財務内容は無借金の堅実経営で、しっかりとした事業基盤を保持しておりま
 す。
3.自社で工場を所有しており、自社製品を各取引先へ納入・施工を行っています。
4.社会貢献という使命を果たす責任感と気概が求められますが、とてもやりがい
 のある仕事です。
5.当社では社員全員のスキルアップ・レベルを目的とし、業務を行う上で有効な
 資格を取得できる制度を設け、取得者には毎月諸手当が付与されます。
6.現代の日本は構造物を「つくる時代」から「維持管理する時代」に変化しつつあり、今後も防食のニーズはあり続けます。
沿革
  • 沿革詳細
    • 弊社ホームページにてご確認下さい。
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 13.2日(2018年)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒144-8555 東京都大田区南蒲田1-21-12
日本防蝕工業(株) 総務部人事担当 小原(おばら)
TEL:03-3737-8400(直通) FAX:03-3737-8479
URL http://www.nitibo.co.jp/recruit/new/
交通機関 京急線 京急蒲田駅より徒歩5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp53434/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
日本防蝕工業(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ