最終更新日:2019/9/5

  • 正社員

北門信用金庫

現在、応募受付を停止しています。

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合
本社
北海道
出資金
4億6,800万円(2018年3月31日現在)
預金残高
2,571億円(2018年3月31日現在)
常勤役職員数
240名(出向受入・パート等含む/2018年3月31日現在)
募集人数
11~15名
  • 業種 信用金庫・労働金庫・信用組合
  • 本社 北海道
  • 出資金 4億6,800万円(2018年3月31日現在)
  • 預金残高 2,571億円(2018年3月31日現在)
  • 常勤役職員数 240名(出向受入・パート等含む/2018年3月31日現在)
  • 募集人数 11~15名

地域のみなさまと共に歩み、中小企業や住民の生活向上に役立つ金融商品や金融サービスの提供に努めております。

2020年卒の採用受付は終了いたしました。 (2019/09/05更新)

当金庫に興味をお持ちいただきまして誠にありがとうございます。

2020年卒の採用受付は終了いたしました。
たくさんのご応募、ありがとうございました。

                   北門信用金庫 採用担当

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
若さを誇るふじの支店。いつも元気いっぱい!地域一番店を目指して全力投球中です!!
PHOTO
窓口係りは、いわば「北門信金の顔」。いつも笑顔で、お客様とのふれあいを大切にすることを心掛けています。

お客様と地域を理解し、お客様のニーズに的確に応えられる職員を目指します。

PHOTO

長谷川裕二職員〈札幌学院大学経営学部卒業/2015年4月入庫〉 

 私の就職活動は住宅販売業者のインターンシップに参加して、他大学の方達と交流したことで刺激を受け始まりました。業種を絞らず興味のある会社を積極的に受けていた中、信用金庫との出会いは大学のキャリア支援課やゼミの先生から勧められたことがきっかけでした。信用金庫に関する書籍を何冊か読み、魅力的な仕事だと感じ、強く惹かれました。その中でも、面接の過程で「自分」という人を見て評価して頂いた北門信用金庫への入庫を決めました。

 入庫してからの4ヵ月は「後方事務」を経験しました。先輩方に丁寧に指導して頂き、また、研修制度も充実しているため、入庫前に感じていた「ついていけるかな、大丈夫かな」という不安は払拭されました。その後、現在まで「渉外係」として地域のお客様を訪問させて頂き、集金や各種金融業務の手続き等を行っております。
 会社を訪問し、会社の経営者と直接話しをする経験は、学生時代はありませんでした。しかし、信用金庫の仕事では他の仕事と比較して機会が多いと思われ、この経験はとても刺激的なものです。訪問先では、金融の話のみならずプライベートな内容まで、幅広い年齢層の方々とお話しさせて頂いており毎日勉強になります。
 日頃から信用金庫職員として地域のお客様から信用・信頼して頂けるよう、知識を深めるだけでなく、言葉遣いや立ち振る舞い等にも気を付けるよう心掛けています。

 私たちの仕事は、金融機能を提供する金融業であると同時に、お客様に対する「目配り・気配り・心配り=サービス業」の一面もあります。数ある金融機関が同じような金融商品を取り扱う中で選ばれるためには、「個」の力を高めていくことが大事であると常に感じています。人間性・知識を高め、お客様から信頼して頂ける職員になれるよう、日々自己研鑽に努めております。

 北門信用金庫には、仕事以外にも組合活動(旅行、BBQ、運動会等)やクラブ活動(釣り・野球・ゴルフ)、地域貢献活動(ボランティア活動)など、他の支店の職員とも交流を深める機会が数多くあり、休日に遊んだり、仕事やプライベートの悩みを相談できる人も見つかる風通しの良い職場です。
 最初は誰しも完璧な仕事はできません。スタートは一緒です。若い職員も活躍できる職場でありますので、地域の発展・金庫の発展・自分自身の発展を考え、切磋琢磨しながら一緒に頑張っていきましょう。

会社データ

プロフィール

北門信用金庫は、滝川市で1949(昭和24)年に誕生し、本年で69年目を迎えました。現在は、滝川市を中心とした中空知地区および札幌市とその周辺都市を営業基盤としています。

当金庫では、地元のお客様からお預かりした大切な資金(預金積金)を、地元で資金を必要とするお客様に融資を行い、事業や生活の繁栄をお手伝いをするとともに、地域社会の一員として地元の中小企業者や住民との強い絆とネットワークを形成し、地域経済の持続的発展に努めております。

また、金融機能の提供にとどまらず、文化・環境・教育といった面も視野に入れ、広く地域社会の活性化に積極的に取り組んでおります。

事業内容
1.預金及び定期積金の受入れ
2.資金の貸付及び手形の割引
3.為替取引
4.付随業務及びその他の業務
5.国債証券、地方債証券、政府保証債券その他の有価証券について金融商品
  取引法により信用金庫が営むことのできる業務(上記4.により行う業務を除く)
6.法律により信用金庫が営むことのできる業務
本店郵便番号 073-8688
本店所在地 北海道滝川市栄町3丁目3番4号
本店電話番号 0125-22-1111
創業 1949(昭和24)年2月8日
出資金 4億6,800万円(2018年3月31日現在)
常勤役職員数 240名(出向受入・パート等含む/2018年3月31日現在)
預金残高 2,571億円(2018年3月31日現在)
自己資本比率 15.71%(2018年3月31日現在)
店舗 空知管内/13店舗
滝川本店、滝川北支店、二の坂支店、江部乙支店、赤平支店、芦別支店、砂川支店、歌志内支店、奈井江支店、上砂川支店、新十津川支店、浦臼支店、岩見沢支店

石狩管内/12店舗
野幌支店、札幌支店、ふじの支店、厚別西支店、篠路支店、白石支店、新琴似支店、手稲前田支店、栄町支店、千歳支店、石狩支店、浜益支店
地域貢献 <文化的・社会的貢献活動>
●「そらぷちキッズキャンプ応援定期預金」の販売実績に基づく
  公益財団法人そらぷちキッズキャンプへの寄付
● 滝川市の観光振興事業にかかる寄付金をたきかわ観光協会へ寄贈
● 献血運動に参加
●「北門信用金庫クリーングリーンクラブ」によるボランティア活動
●「そらぷちキッズキャンプ」募金箱設置
● 環境問題・節電への取組み
● 地域行事への参加

<お取引先支援>
● 中小企業支援のための専門部署による経営改善コンサルティング
● ビジネスマッチング支援
● 顧客ネットワーク組織「ほくもん元気会」の運営
● 地域経済情報誌「中空知管内景況レポート」の提供
沿革
  • 1949年
    • 市街地信用組合として「滝川信用組合」創業
  • 1950年
    • 中小企業等共同組合法による信用組合に改組
  • 1951年
    • 信用金庫法に基づき「中空知信用金庫」に改組
  • 1968年
    • 札幌市内第1号店となる札幌支店開設
      預金量100億円達成
  • 1978年
    • 北門信用金庫に名称変更
  • 2008年
    • 預金量2,500億円達成
  • 2018年
    • 本店新築移転
平均勤続勤務年数 13.0年(2017年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 18.0時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8.2日(2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 2.6%(44名中 女性5名 2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒073-8688
北海道滝川市栄町3丁目3番4号

TEL:0125-23-6705
北門信用金庫 管理第一本部 担当:樺沢(カバサワ)・遠田(エンダ)
URL http://www.shinkin.co.jp/hokumon/
交通機関 JR函館本線・根室本線 滝川駅より徒歩5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp54026/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
北門信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ