最終更新日:2019/5/2

  • 正社員

旭川信用金庫

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合
本社
北海道
出資金
24億2,500万円 (2018年9月末現在)
預金
8,482億円(2018年9月末現在)
従業員
374人(うち常勤役員8人)  (2018年9月末現在)
募集人数
16~20名
  • 業種 信用金庫・労働金庫・信用組合
  • 本社 北海道
  • 出資金 24億2,500万円 (2018年9月末現在)
  • 預金 8,482億円(2018年9月末現在)
  • 従業員 374人(うち常勤役員8人)  (2018年9月末現在)
  • 募集人数 16~20名

地域に根付いたコンサルティングサービスを提供。北海道内で資金量トップクラスの信用金庫です!

2020卒採用スタートしました! 採用人数拡大予定です! (2019/03/28更新)

当金庫のページへアクセスしていただきありがとうございます。

今後の予定はマイナビの当金庫ページにてどんどん更新していきます。
是非ご確認ください!
もちろん、エントリーしてくれた方には優先的にご案内いたします。

単独説明会&適性検査を下記日程で行います。
3月14日・3月23日・4月5日(札幌)
4月8日(旭川)
エントリーいただき、是非申し込みしてください。

お会いできる事を楽しみにお待ちしております。

会社紹介記事

PHOTO
お客さまのことを第一に考え、お客さまに喜ばれるサービス提供に努めています。
PHOTO
課題解決型営業を主体に、地域貢献を実現する実力を持った人間力の高い金融プロを目指しています。

地元を元気にできる仕事。それが信用金庫の仕事です。

PHOTO

左) 佐藤 健人 2014年入社 栄町支店 右) 梅木 健太朗 2018年入社東光東支店

当金庫に入社したのは、生まれ育った北海道を元気にする仕事がしたいと思っていたときに、
北海道を元気にするためには経済を回す必要があると考え、金融業への関心が強くなりました。
中でも、地域貢献を理念としており、当金庫を志望しました。

現在の業務は渉外担当として、法人のお客様に対する融資提案や販路拡大等の課題解決活動、個人のお客様に対する資産運用等のご提案を行っています。

例えば、飲食店創業案件でお客様と一緒に協議を重ねて事業計画を作成、数日後の開業を控えていたところ北海道胆振東部地震の影響で1カ月延期になってしまったが、何度も調整しなんとか無事に開業することができました。

その際にお客様からものすごく感謝され、今も仕事でも個人的にも良い関係を築けています。そのようにお客さまのお役に立ち喜ばれることに達成感を感じることがこの仕事のやりがいですね。

佐藤 健人 2014年入社 栄町支店



私が当金庫を希望したのは、地元である旭川を盛り上げたかったからです!

私は大学進学とともに上京しました。
初めて体験する大都会での生活は非常に刺激的で就職も東京でと思いましたが、
「地元を離れて生活している際も地元旭川のことを忘れたことがなかった」ことから真剣に考えた末に旭川の為に働くと心に決めUターン就職を中心に就職活動を行い、当庫の説明会に参加した際、「Face to Faceで地域と共に成長する」との考えに共感し入庫を決断しました。

現在は預金係として、お客様の大切な預金をお預かりさせていただいております。
普通預金の作成などの事務業務に加え、定期預金などの預金商品のご案内をさせて頂いております。新入庫員として日々勉強の毎日です!!

毎日仕事に励む中で自分を訪ねてお客様が来店される事があります。
そのお客様は自分が入庫して間もないときに定期預金のご案内をさせていただいたお客様で、「前回、お兄ちゃんが頑張って案内してくれたから、また定期預金しようと思って来たの」と非常に嬉しいお言葉を頂きました。

その際に、当庫の経営理念にある「この街と歩みます」を実感でき、将来的に融資係や得意先係になった時にも、更にお客さまのお役に立ちたいと強く思いした。
是非まずは当金庫の説明会に来て興味を持ってもらえたらうれしいです。

梅木 健太朗 2018年入社東光東支店

会社データ

プロフィール

地域のお客さまに支えられ、おかげさまで2014年(平成26年)に100周年を迎えました。
当金庫は、旭川市・札幌市・富良野市を含む18市16町1村を事業区域として、地域のみなさまとともに助け合い・ともに発展していくことを共通の理念として運営されている相互扶助の金融機関です。

地元で集めた預積金を地元で貸出することにより、地域の資金循環を円滑にし、企業の資金需要に的確に対応することで金融の面から地域の活性化をサポートしています。

事業内容

旭川市・札幌市・富良野市を含む18市16町1村を営業地区として、預金業務・貸出業務・内国為替および外国為替業務・有価証券投資業務・付帯業務およびその他の業務(日本銀行歳入代理業務)、国債窓口販売業務、投資信託窓口販売業務、個人年金保険等の窓口販売業務、遺言信託代理店業務など)を行っています。
本社郵便番号 070-8660
本社所在地 北海道旭川市4条通8丁目
本社電話番号 0166-26-1166
創立 大正3年(1914)4月11日
出資金 24億2,500万円 (2018年9月末現在)
従業員 374人(うち常勤役員8人)  (2018年9月末現在)
預金 8,482億円(2018年9月末現在)
事業所 40店
(旭川市内25・旭川市近郊5・札幌
市内5・富良野市・近郊5) 2018年11月10日現在
関連会社 (株)旭信ビジネスサービス
平均年齢 38歳(2018年3月末現在)
貸出金 3,032億円(2018年9月末現在)
財務指標 (2018年3月期)
経常収益 101億円 、経常利益 31億円 、当期純利益 18億円
経費率 0.65%
不良債権比率  3.27%
自己資本比率 21.13%
沿革
  • 1914年
    • 有限責任旭川信用組合設立
  • 1951年
    • 旭川信用金庫に改組
  • 1966年
    • 日銀との当座勘定取引開始
  • 1976年
    • 預金量1,000億円突破
  • 1977年
    • 道内の信金でいちはやく店外CD設置
  • 1982年
    • 預金量2,000億円突破
  • 1984年
    • ビデオシステムの導入(AVC開局)
  • 1990年
    • 預金量3,000億円突破
  • 1992年
    • 旭川信金産業振興奨励賞の創設
  • 1995年
    • 東北以北の信用金庫でいちはやく外国為替を取り扱う
  • 1997年
    • 預金量4,000億円突破
  • 1998年
    • 旭川市の指定金融機関となる
  • 1999年
    • 預金量5,000億円突破
  • 2002年
    • 富良野信用金庫と合併
  • 2003年
    • 新勘定用オンラインシステム稼動
  • 2004年
    • 創立90周年、新インターネットバンキング取扱開始
  • 2006年
    • M&A業務・遺言信託業務の取扱開始
  • 2007年
    • ATM時間外手数料の完全無料化開始、動物キャラクター通帳の取扱開始、旭川高専との産学連携
  • 2008年
    • 地域貢献室を設置、地域力連携拠点事業の開始、東海大学と産学連携
  • 2009年
    • 旭山動物園「もっと夢基金」への寄贈
      南富良野支店の南富良野町役場内入店
      旭川市民がん検診受診率向上プロジェクトへの参加
  • 2010年
    • 南富良野支店を南富良野出張所に変更
      愛別支店の愛別町役場内入店
  • 2011年
    • リスク管理・事務企画を創設
  • 2012年
    • 組織をグループ制から部制に変更
      新たに地域振興部を創設
  • 2013年
    • 会長に杉山信治、理事長に原田直彦が就任
  • 2014年
    • 創立100周年
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12.9日(2017年度)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役員0.0%

管理職(支店長・支店長代理等)17.6%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 旭川信用金庫
人事部 / 本間、池田、相馬
〒070-8660 北海道旭川市4条通8丁目
TEL:0166-26-1166
URL http://www.asahikawa-shinkin.co.jp/
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp54056/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
旭川信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ