最終更新日:2019/3/1

  • 正社員
  • 既卒可

浜松いわた信用金庫

現在、応募受付を停止しています。

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合
本社
静岡県
出資金
23億7,400万円(2018年3月31日現在)
預金残高
2兆3,702億円(2018年3月31日現在)
従業員
1,664人(男性1,038人、女性626人 2018年3月31日現在)
募集人数
46~50名
  • 業種 信用金庫・労働金庫・信用組合
  • 本社 静岡県
  • 出資金 23億7,400万円(2018年3月31日現在)
  • 預金残高 2兆3,702億円(2018年3月31日現在)
  • 従業員 1,664人(男性1,038人、女性626人 2018年3月31日現在)
  • 募集人数 46~50名

浜松信用金庫と磐田信用金庫がひとつになり、「浜松いわた信用金庫」が誕生。静岡県西部エリアをますます元気にします。

採用担当者からの伝言板 (2019/03/01更新)

▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽▲▽

<ガイダンス>
【浜松】
3月2日 マイナビ就職セミナー アクトシティ浜松
【静岡】
3月4日 マイナビ就職EXPO ツインメッセ静岡

<単独説明会>
3月14日(木)
3月15日(金)
4月15日(月)

場所:浜松いわた信用金庫 磐田本部6階
  (磐田市中泉1丁目2-1 )

皆さんとお逢いできること楽しみにしております! 

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
小松支店・渉外係・飯田一樹/この合併は私にとっても絶好のタイミング。規模が大きくなることで、お客様のためにできるサービスが拡がると思うとワクワクします。
PHOTO
上新屋支店・パーソナルアドバイザー・瀧智加/窓口業務だけでなく、「子ども金融教室」で先生に変身してクイズを出したり、地域の催し物に積極的に参加したりしています。

お客様から「ありがとう」だけでなく、「また会いたい」と言われる人づくりを。

PHOTO

飯田一樹さん(=画像左=磐田市生まれ→東京の大学へ進学→Uターン入庫7年目)と、瀧智加さん(=画像右=浜松市生まれ→岐阜の大学へ進学→Uターン入庫3年目)。

◆「浜松いわた信用金庫」としての地域との関わり
浜松信用金庫と磐田信用金庫は2019年1月21日をもって合併し、「浜松いわた信用金庫」として新たにスタートしました。これにより、浜松・磐田を中心に大井川以西から豊橋及び設楽郡の愛知県東部にまで営業エリアが拡大。店舗・ATMなど営業拠点は一挙に100カ所以上に拡がり、圧倒的な規模を誇る静岡県最大の信用金庫になりました。

強く大きくなっても、「お客様目線」に基づく地域密着は変わりません。「自ら目標を決め、プロセスを重視する」という「考動」評価制度を取り入れたことを始め、天竜材を利用した地産地消の店舗づくりや、全支店が「地域のために、なにか、良いこと」をそれぞれ考え、地域とともに活動していく「1店1善プロジェクト」もこの姿勢から生まれた一例にすぎません。

◆「静岡県最大規模の信用金庫」だからこそ出来る取り組み
法人のお客様向けでは創業支援、ベンチャービジネスの応援、ビジネスマッチングやM&Aのお手伝い、バンコク駐在事務所を活用しての海外進出サポートも。個人のお客様向けでは個人ローンの相談のほか、投資信託や保険商品など多様な金融商品をいっそう充実させていきます。お客様のためにできることの幅を広げ、奥行を深めることで、多様化するニーズをキャッチし、さらなるご満足をいただいて、「選ばれる金融機関」になることが私たちの目標なのです。

人材育成、福利厚生の取り組みもユニークです。アメリカ・スタンフォード大学への職員派遣、ワークライフバランスの確立と推進、職員の45%を占める女性の活躍支援など、枚挙にいとまがありません。お客様から「ありがとう」だけでなく、「また会いたい」と言われる人づくりを私たち自身の未来に育んでいくためです。

◆新たに仲間になる皆さんへ
私たちの仲間になる皆さんには、「コミュニケーションがとれる人」であり、「お客様目線」のコミュニケーションを大切にできる人であることを望みます。お客様の期待を超える関わりを実践できる人材、すなわち、この地域の関わりの中で自ら考え行動できる職員に一緒に成長していきましょう。

最後に、皆さんが「浜松いわた信用金庫に入って良かった」と思い、その思いが地域のお客様、さらには静岡県西部エリアから世界に羽ばたくお客様を支援する原動力になってくれたら、こんなに幸せなことはありません。

会社データ

プロフィール

地域の中小企業や個人のお客様に、金融サービスを提供している浜松いわた信用金庫。地域でお預かりした大切な資金(預金積金)をご融資などのかたちで有効に活用し、地域の皆様の事業や生活の繁栄をサポートするとともに、地域社会の一員として地元の中小企業者や住民との強い絆とネットワークを形成し、地域経済の持続的発展に努めていきます。また、金融機能の提供にとどまらず、文化、環境、教育といった面も視野に入れ、広く地域社会の活性化に積極的に取組んでいきます。

事業内容

PHOTO

個人のお客様には資産運用からローンの相談、法人のお客様には経営課題の解決や将来の成長に向けた支援など、活躍のフィールドは無限です。

信用金庫法に基づく金融事業全般
(預金・貸出・有価証券投資・内国為替・外国為替・代理業務)
本社郵便番号 430-0946
本社所在地 静岡県浜松市中区元城町114-8
本社電話番号 053‐450‐3255
設立年月日 1950年4月10日
出資金 23億7,400万円(2018年3月31日現在)
従業員 1,664人(男性1,038人、女性626人 2018年3月31日現在)
預金残高 2兆3,702億円(2018年3月31日現在)
事業所 92店舗(うち出張所2)
業績 【2018年3月期】
預金残高 2兆3,702億円 貸出金残高 1兆2,601億円 経常利益 64億円  当期利益 48億円 
関連会社 浜松いわたビジネスサービス(株)、はましんリース(株)、いわしんリース(株)、浜松いわた信用保証(株)
平均年齢 38歳6カ月(2018年3月末時点)
沿革
  • 1950年4月
    • 中小企業等協同組合法に基づき浜松信用組合設立
  • 1950年5月
    • 本店事務所を連尺町に開設し業務を開始
  • 1951年11月
    • 信用金庫法の施行により信用金庫に改組、浜松信用金庫となる
  • 1962年3月
    • 浜松信用金庫基本方針を制定
  • 1963年10月
    • 預金100億円を達成
  • 1968年10月
    • コンピュータ導入 オフライン処理開始
  • 1969年10月
    • 本店を元城町に新築移転
  • 1974年12月
    • 預金1,000億円を達成
  • 1977年10月
    • 事務センター新築移転
  • 1978年4月
    • シンボルマーク制定
  • 1981年10月
    • 第3次オンラインシステム稼動 現金自動預入支払機(ATM)設置開始
  • 1987年6月
    • はましんレクリエーションセンター完成
  • 1989年10月
    • 預金5,000億円を達成
  • 1991年7月
    • 「はましん経営塾」発足
  • 1992年4月
    • 相談専門窓口として中沢町に「はましん相談プラザ」開設
  • 1997年5月
    • インターネット上にはましんホームページ開設
  • 1998年8月
    • インターネットバンキング(ホームバンキング・ファームバンキング)取扱開始
  • 1999年12月
    • 預金1兆円を達成
  • 2000年4月
    • 創立50周年を迎える
  • 2007年7月
    • 「第1回はましんビジネスマッチングフェア」の開催
  • 2009年1月
    • 東海地区信金共同事務センターへ加盟、オンラインシステムを変更
  • 2010年4月
    • 創立60周年を迎える
  • 2014年1月
    • 初の海外拠点「バンコク駐在員事務所」開設
  • 2015年6月
    • 18年振りとなるフルバンキング型店舗(袋井支店)の新規出店を実施
  • 2019年1月
    • 磐田信用金庫と合併し、浜松いわた信用金庫としてスタートする
平均勤続勤務年数 14.7年(2018年3月31日時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15.6時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 11.2日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 146名(うち女性96名、男性50名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 97名(うち女性96名、男性1名 2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒438-0078
静岡県磐田市中泉1丁目2-1
0538-32-5113
採用担当:安田・岩崎
URL https://hamamatsu-iwata-recruit.jp
E-mail hisb0202@hamamatsu-iwata.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp55130/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
浜松いわた信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ