最終更新日:2019/5/28

  • 正社員

京阪セロファン(株)

現在、応募受付を停止しています。

  • 化学
  • 印刷・印刷関連
  • 食品
  • 紙・パルプ
  • 繊維
本社
京都府
資本金
3億125万円
売上高
205億3,218万円(2018年12月期)
従業員
414名
募集人数
6~10名
  • 業種 化学、印刷・印刷関連、食品、紙・パルプ、繊維
  • 本社 京都府
  • 資本金 3億125万円
  • 売上高 205億3,218万円(2018年12月期)
  • 従業員 414名
  • 募集人数 6~10名

「あ、このパッケージ、ここで作っているの!?」食品から医療・電子機器材料まで、お客様の商品を包むメーカー、京阪セロファンです。

次回の会社説明会・一次選考会日程を調整中、まずはエントリーをお願い致します! (2019/04/18更新)

こんにちは!

京阪セロファンの採用担当です。
多くの企業情報の中から当社のページを
御覧いただきありがとうございます!

次回の会社説明会・一次選考会が決まり次第、ご案内致しますので、
まずはエントリーをお願い致します。

たくさんの方に選考でお会いできることを
楽しみにしております。

会社紹介記事

PHOTO
技術力・事業内容だけではなく働きやすさも当社の自慢。幅広い年代の社員がいますが、部門間の距離が近く、先輩・後輩関係なく話ができ冗談も言い合える、そんな職場です。
PHOTO
食品を中心としたフィルム包装材を研究・開発、製造、販売し、現在は包装以外の分野にも目を向け領域を拡大しています。弊社の加工技術で社会に貢献することが目標です。

身の回りの「包む」「守る」「彩る」を創っている当社。目に見えるやりがいがここに!

PHOTO

食べ物や医薬品など「包む」必要のあるものを包装する【軟包装材】のメーカーです。当社が開発・製造したパッケージは、技術とこだわりの詰まった「作品」です!

スライスチーズに付いているフィルムを剥くときの心地良さ、あの感覚をご存知でしょうか。あの心地良さを追及した技術、実は、私たちが生み出したものなのです。3年間改良を繰り返して作りました。フィルムの材質によってはチーズがくっつく。しかし、密封状態にしないとすぐカビが生える。そんな困難を乗り越えて作られたのが、この機能性フィルムです。他にも、お弁当についているソースの袋では、手で切りやすく中身を出しやすい構成を研究しています。商品の特性に合わせた軟包装材は、一つひとつがオーダーメイド。食品メーカーや日用品メーカーと協働し、様々なものを提案・開発しています。
商品名を実名で申し上げることができないのが残念ですが、「あ、このパッケージ、ここで作っているの!?」と思ってもらえるようなものを扱っています。

パッケージのことなら何でもお任せの当社ですから、私たちの商品・サービスはどんな場所でも必要とされています。たとえば、お弁当、レトルト食品、冷凍食品。さらに食品だけではなく、洗剤、シャンプー等、ありとあらゆるものがパッケージに包まれています。中身を同じ状態で保存すること、外部環境から中身を守ること、食べやすいように形が工夫されていること。また、そのまま電子レンジにかけられる特殊技術を備えていること、思わず手に取りたくなるデザインであること、など。世の中が進歩するごとに、包むという行為の役割も増えてきました。今後も人と環境にやさしいパッケージで、便利な生活を支えていくのが私たちの使命です。

私たち京阪セロファンが求める人物は、職種を問わず、目標や課題に対して積極的にチャレンジできる方です。当社はお客様の商品を「包む」軟包装材メーカーとして、食品から医療、電子機器材料の分野に亘って、お客様とは切っても切り離せないパートナーであると言えます。お客様の既存の商品に対して過不足なくパッケージを提供し続けることはもちろん、お客様が新商品を発売する際には、お客様の求める商品を【お客様・営業・開発】の皆で協働し、一から新しい商品を生み出すこともあります。そんな環境なので、自分自身で掲げる高い目標やお客様からのニーズといったプレッシャーに負けずにチャレンジできる方を求めています!

会社データ

プロフィール

食品、医薬品、エレクトロニクス製品など、暮らしの中の様々な製品のパッケージに、私たちの技術は活かされています。
時代とともに進化してきた包装材。形態はますます多様化し、優れた機能性が求められています。その代表的なものに、食品を中心に使用されている軟包装材があります。私たちは「フレキシブルパッケージ・コンバーター」。軟包装材の研究・開発から、パッケージの企画・デザイン、製版・印刷、ラミネート・スリット・製袋まで、一貫した生産体制を整えています。私たちは、永年に渡り蓄積してきたノウハウと確かな研究・開発力、時代を捉えた新鮮な企画力、そして最先端設備をはじめとする高度な技術力で、お客様の多彩なニーズにお応えしています。

事業内容
  • 受託開発
【ちょっと難しく言うと】
●軟包装材(パッケージ・フィルム)の研究開発、デザイン企画、
製造(製版、印刷、加工)ならびに販売。
商材の領域は、食品用の包装材から、医薬品、
そして電子部品などの産業用包装材に至ります。

【もっとわかりやすく言うと】
●みなさんもお好きな、お菓子などの食べ物。
これらが店頭に並ぶ時、必ずと言っていいほど軟らかい包装材に包まれていますよね。
例えば、スナック菓子の入っている袋、なんてものも、それです。
それが「軟包装材」です。プラスチックフィルムなどの素材で作られ、
食品などの中身を大切に包み、守り、彩るものです。
京阪セロファンでは、そうした軟包装材を主に食品向けに作っています。

●一口に「作る」と言っても、最終的に納品するまでの工程は短くありません。
まず、新製品の開発やデザインのリニューアルなど、お客様からのご要望を承る営業。
そして、消費者の動きを見据えつつ、最適なデザインを提案するデザイン企画。
デザインが決まればそれを製版し、印刷し、多層ラミネート(貼り合わせ)加工し、
切り取り・巻き取りを行い、袋の形に加工(製袋)します。
巻き取ったものは自動包装ラインでクリーンな状態のままロール包装され、
製袋したものはその場で安全なケースに箱詰めされ、お客様に納品します。

●フィルム構成の設定など、お客様からのニーズにしっかり応えられる技術的基盤を作る、
技術研究・開発も行っています。

京阪セロファンで行っているのは、このような事業。
みなさんのお好きなあの食べ物の軟包装材も、私たちが作ったものかもしれませんよ。

軟包装材/軟包材/梱包/食品/パッケージ/化学メーカー/
本社郵便番号 615-0054
本社所在地 京都府京都市右京区西院月双町5
本社電話番号 075-311-0185
創業 1933年4月1日
設立 1950年1月5日
資本金 3億125万円
従業員 414名
売上高 205億3,218万円(2018年12月期)
経常利益 6億62万円(2018年12月期)
事業所 【本社】
・京都本社(京都市右京区)

【支店】
・東京支店(東京都千代田区)
・関西支店(大阪市淀川区)
・北海道支店(北海道岩見沢市)

【営業所】
・九州営業所(福岡県筑紫野市)

【工場】
・京都工場(京都市伏見区)
・つくば工場(茨城県牛久市)
・北海道工場(北海道岩見沢市)
株主構成 大阪中小企業投資育成株式会社
従業員持株会
その他、金融機関、お取引先様
主な取引先 アース製薬株式会社
伊藤ハム株式会社
井村屋株式会社
亀田製菓株式会社
カンロ株式会社
株式会社共和
小林製薬株式会社
株式会社聖護院八ツ橋総本店
テーブルマーク株式会社
東洋水産株式会社
株式会社ニチレイフーズ
日清食品株式会社
日本ハム株式会社
フジッコ株式会社
富士フイルム株式会社
ホクレン農業協同組合連合会
株式会社北海道フーズ
マルハニチロ株式会社
味覚糖株式会社
株式会社明治
株式会社モリタン
森永乳業株式会社
雪印メグミルク株式会社
株式会社ロッテ
関連会社 西日本パック株式会社(当社100%出資会社)
沿革
  • 昭和8年
    • 京阪セロファン工業所開設。
      創業者横山和久平がセロファン卸売及び加工業を開始。
  • 昭和25年
    • 資本金50萬円で法人に改組。
      「京阪セロファン(株)」と称し、企業及び業界の発展に対処する。(初代社長 横山和久平)
  • 昭和29年
    • 大阪支店を開設。
  • 昭和31年
    • 本社事務所、工場を京都市右京区山ノ内に建設。
  • 昭和36年
    • 資本金を1,200萬円に増資。
      東京支店開設。
      中小企業庁長官より表彰を受く。
  • 昭和38年
    • 資本金を3,000萬円に増資。
      埼玉工場を松伏町に建設。
  • 昭和39年
    • 資本金を5,000萬円に増資。
      札幌支店を開設。
  • 昭和47年
    • 本社工場及び本社販売課を京都工場・京都支店と改称。
  • 昭和49年
    • 北海道工場を岩見沢市に建設。
  • 昭和50年
    • 資本金を7,500萬円に増資。
  • 昭和58年
    • 埼玉工場が軟包装衛生協議会の認定工場に指定される。
  • 昭和61年
    • 本社及び京都支店を移転、併せて京都工場を移転・新設。
  • 昭和62年
    • 京都工場が軟包装衛生協議会の認定工場に指定されると共に、
      京都府より中小企業モデル工場に指定される。
  • 平成元年
    • 資本金を1億2,500萬円に増資。
      北海道工場が軟包装衛生協議会の認定工場に指定される。
  • 平成6年
    • 資本金を2億1,000萬円に増資。
      九州営業所開設。
  • 平成7年
    • 埼玉工場を移転・新設し、つくば工場と改称。
  • 平成12年
    • ISO9001認証取得。(京都工場及び技術開発部・営業部)
      資本金を3億125萬円に増資。
  • 平成13年
    • ISO9001認証拡大取得。(つくば工場、北海道工場)
  • 平成14年
    • 京都支店と大阪支店を併合移転し、関西支店と改称。
  • 平成15年
    • ISO14001認証取得。(京都工場、つくば工場、北海道工場)
      札幌支店を北海道工場内に移転し、北海道支店と改称。
  • 平成22年
    • 会社設立60周年。
      北海道工場に新棟建設。
  • 平成25年
    • 但田哲男 社長就任。
      創業80周年。
  • 平成28年
    • ISO9001:2015及び1SO14001:2015 移行審査合格
  • 平成29年
    • 食品安全システムFSSC22000 認証取得(つくば工場・京都工場)
  • 平成30年
    • 食品安全システムFSSC22000 認証取得(北海道工場・西日本パック(株))、現在に至る。
平均勤続勤務年数 13.9年(2017年12月31日時点)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12.0日(2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 京阪セロファン株式会社
〒615-0054
京都府京都市右京区西院月双町5
TEL:075-311-0185
管理部 次長 杉本(スギモト)
URL http://www.keihan-c.co.jp
交通機関 ◇京都市バス「四条葛野大路」「光華女子学園前」より徒歩6分、
      「西大路松原」より徒歩13分、「葛野大路高辻」より徒歩2分
◇阪急京都線「西院」より徒歩15分、「西京極」より徒歩13分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp55851/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
京阪セロファン(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ