最終更新日:2019/11/5

  • 正社員

トナミ運輸(株)【トナミホールディングスグループ】

  • 陸運(貨物・バス・タクシー)
  • 物流・倉庫
  • 情報処理
本社
東京都、富山県
PHOTO

経理は支店の良心!!

荒井 達彦
共栄大学
国際経営学部 国際経営学科 卒業
栃木支店

現在の仕事内容

トラック輸送の現場店所で経理・総務の担当をしています。業務内容ですが、経理については、お客様への請求と入金管理・店所で使用した経費の精算処理・ 各業者への支払手続き等が主な業務になります。総務については、施設の管理全般です。店所運営に必要な備消品の在庫管理・老朽箇所の修繕手配・各種届出などを行います。


今の仕事のやりがい

個人的には、他の業務部門に比べて自由度の高い所がやりがいに繋がっていると感じます。経理職で自由度というと悪いイメージが浮かびますが、そうではありません。主に業務改善の部分に関してです。 業務上のひずみや問題は、最終的に経理数値に表れます。その数値から問題を見つけ、業務の改善を促していくことも経理担当の役割だと考えています。その中で行う、各担当者との調整や業務フローの見直しなどのやり方は様々です。 若手の内に意見や考えが発揮できるのもやりがいに繋がっていると思います。


この会社に決めた理由

就職活動中から現在まで変わらない自分の目標が、企業の決算業務や税務申告等の経験を積み、経理職としてキャリアアップしていくことです。 その上で、会社の事業規模と、子会社・関連会社の数・海外子会社の存在が、経験を積むのに非常に魅力的だと思いました。しかし、それはあくまで動機です。
決め手となったのは、採用一次面接の面接官でした。就活当時、選考を受ける企業に必ずした質問が「何年で部長になれますか?」です。 笑われたりした会社もありましたが、当時の面接官は、真摯に対応してくれました。 その後の役員選考でも、自分の目標に対して、良いこと悪いことを包み隠さず話して頂いきました。 その事が嬉しくて入社の決め手となりました。


当面の目標

先にもあげましたが、将来的に決算業務・税務申告等の経験を積みたいと考えています。その為にも、現在配属されている現場店所でしっかりと勉強を重ねて、まずは北関東エリアの管理部門である主管支店での業務を経験することが当面の目標です。


学生の皆さんにメッセージ

就職先を決めるとき一番大事なのは、自分で決めた、という気持ちを持つことだと思います。 就職先の選択は、自分の人生を大きく左右することもあります。日本国内だけでも企業数は421万社あり、その中から行きたい会社を見つけるだけでも大変なことです。上手くいき就職できたからといって、その後ギャップに悩むこともあると思います。その中でも責任を他に向けずに、自分で選んだことだと思えていれば自ずと前向きに仕事と向き合えると思います。 


ページTOPへ