最終更新日:2019/6/12

  • 正社員
  • 既卒可

(株)ニホンゲンマ

  • 非鉄金属
  • 金属製品
  • 商社(電子・電気機器)
本社
大阪府
資本金
1億円
売上高
単体売上高  71億1,400万円 連結売上高 123億4,100万円 いずれも2018年5月期
従業員
115名
募集人数
6~10名
  • 業種 非鉄金属、金属製品、商社(電子・電気機器)
  • 本社 大阪府
  • 資本金 1億円
  • 売上高 単体売上高  71億1,400万円 連結売上高 123億4,100万円 いずれも2018年5月期
  • 従業員 115名
  • 募集人数 6~10名

【大阪本社・東京支店】スマートフォンなどの電子機器を製造する際に必要不可欠なはんだのメーカーです!

  • 積極的に受付中

【夏採用】選考直結型会社説明会の予約受付中です! (2019/06/12更新)

こんにちは! ニホンゲンマ採用担当です。
当社に興味をお持ちいただき、ありがとうございます!

(2020年度卒の新卒採用)
エントリー頂いた方に順次会社説明会のご案内をお送りします。

(選考直結型説明会のご案内)
6/13、6/14、6/19、6/20、6/25に大阪本社にて行います!
(募集職種)営業職・研究開発職・生産技術職・製造職・事務職

会社説明会終了後、ご希望の方には一般常識の筆記試験まで行います。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
海外にも工場を展開している当社。若手社員も海外に出張し、世界を飛び回って活躍しています。営業でも技術でも、グローバルな舞台で活躍したいという人にぴったりです。
PHOTO
営業がお客様からヒアリングしたニーズを生産技術に伝え、モノづくりを進めます。この横の連携も当社の強み。難しい課題を仲間と一緒に乗り越え、達成する喜びがあります。

IoTやロボットが登場するこれからの社会に貢献! 最先端のモノづくり企業です。

PHOTO

現状維持ではなく目線を高く持ち、成長したいという方に期待しています。「なんでもやってみよう!」という意欲のある方にお会いしたいですね(川崎社長=左、清原さん)

◆創業70年でもスタンスはベンチャー!(代表取締役 社長/川崎 誠)
製品の内部に使われる「はんだ」はニッチな分野ですが、それがなくては世の中が回らないといえるほど重要。スマホをはじめ、家電や車などの内部にある基板を作るために不可欠なものです。当社はその「はんだ」業界の大手。皆さんの家にある電化製品にもきっと当社の「はんだ」が使われていると思います。
当社の強みはなんといっても技術力。たとえば、常温保存できる「はんだペースト」をいち早く開発したり、インクジェットプリンターのように、150ミクロンの「はんだ」を飛ばす工法の開発にも成功。この技術を見た海外のお客様は「世界一だ!」と絶賛してくださり、ゆくゆくは腕時計型・メガネ型などのウェアラブル携帯などに使われる予定です。
創業70年を迎える当社ですが、実は創業当初は別のものを作っていました。時代の変化を感じ取り、「新しいことにチャレンジしよう」とこの業界に乗り込んだのです。そのベンチャースピリッツはいまも健在。IoTやロボット、自動運転などが普及する中「はんだ」の用途はますます広がります。これからどんなことが起こるのか?皆さんと一緒にワクワクしながら挑戦していきたいですね。

◆先頭に立つプロデューサー!(営業部/清原 一馬/2013年入社)
どの会社に入ってもゼロからのスタートだと思っていたので、入社当初、特に不安はありませんでした。とはいえ「はんだ」は専門的な製品。最初の1年はかなり勉強しました。「新しい生産ラインを作るが、どんな『はんだ』が適してる?」「生産効率をあげたい」というお客様のご相談を受けると、資料を調べたり、先輩に聞いたりしてなんとか答えを見つけます。お客様に課題をいただき、開発や技術と協力して解決していく。この反復が一番勉強になるんです。
入社2年目で新規開拓できたときは嬉しかったですね。カーナビやドライブレコーダーを製造しているお客様で、要求を満たすサンプルを作れず3回も断られてしまいました。それでも諦めずに通いつめ、4回目でやっと「いいね」と言っていただき受注を獲得!人と人の商売だからこその醍醐味ですよね。
大手メーカーのお客様も多く、いろんな会社の考え方に触れることができるのも面白いです。何もない状態から量産まで、0から10まで全てに関われるので成長も早い。向上心のある方にはぴったりの環境だと思います。

会社データ

プロフィール

ニホンゲンマは、アジアを拠点にした海外ネットワークを築いています。

それぞれの生産・販売拠点は、世界最先端のソルダリング技術を吸収する機能を果たし、また、世界中のお客様に常に均質の商品と、サービスを提供する体勢を整えています。

いま、エレクトロニクス市場は大きく変化しています 。
こうした変化に対応するため、当社は高次元な導電接合技術を活かした価値ある製品づくりに挑戦するとともに、お客様の課題を解決するトータルソルダリングシステムをご提案できる企業として歩み始めています。今後も時代の変化に対応する価値ある製品とサービスづくりに挑戦し続け、世界中のお客様のモノづくりと、産業の発展や人々の暮らしの向上に貢献していきます。

事業内容
各種はんだ製造販売、各種鉛フリーはんだ製造販売、各種クリームはんだ製造販売、 軸受メタル、ライニング加工及び機械加工、非鉄地金一切の販売、特殊金属合金及び加工一切の製造販売、各種はんだ製造設備販売
本社郵便番号 532-0032
本社所在地 大阪市淀川区三津屋北2丁目16番4号
本社電話番号 06-6307-5335
創業 1948年 大阪市福島区で日本減摩合金工業所として創業
設立 1951年 日本減摩合金工業(株)を設立
資本金 1億円
従業員 115名
売上高 単体売上高  71億1,400万円
連結売上高 123億4,100万円
いずれも2018年5月期
事業所 大阪本社
本社工場
東京支店
業績 経常利益   2億7,866万円
自己資本比率  74%
(いずれも2018年5月期)
株主構成 (有) エムケイ    42.9%
大阪中小企業投資育成会社 13.1%
ニホンゲンマ従業員持株会  5.6%
(株) みずほ銀行    4.5%
主な取引先 三菱電機グループ
パナソニックグループ
指月電機(株)
SMK(株)
(株) クボタ
関連会社 セラヤンソルダー(株)(マレーシア)
減摩香港有限公司(香港)
上海減摩機電有限公司(中国)
台湾減摩股有限公司(台湾)
AH KOREA(韓国)
PT.GENMA INDONESIA(インドネシア)
平均年齢 39.7歳
平均勤続年数 8.7年
沿革
  • 1948年7月
    • 大阪市福島区にて、日本減摩合金工業所として創業
  • 1951年12月
    • 日本減摩合金工業(株)を設立
  • 1969年6月
    • 社名を(株)ニホンゲンマに変更、大阪市淀川区に移転
  • 1970年10月
    • 東京都港区に東京支店開設
  • 1989年3月
    • マレーシア・クアラルンプールにセラヤンソルダー設立
      (当初は合弁、現在は100%子会社)
  • 1994年12月
    • 香港に合弁会社 減摩香港有限公司を設立
  • 2000年5月
    • 台湾に100%子会社 台湾減摩有限公司を設立
  • 2000年9月
    • ISO9001 認証取得
  • 2002年3月
    • ISO14001 認証取得
  • 2006年6月
    • 韓国に合弁会社 AH KOREA 設立
平均勤続勤務年数 男性10.1年
女性7.3年
(2018年5月現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 6時間

採用データ

取材情報

さまざまな分野のモノづくりを支える「はんだ」の可能性を、化学のチカラで無限大に!
今あるモノを、もっといいモノに。開発者としての挑戦!
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 総務部 人事課 TEL. 06-6307-5335
URL http://www.genma.co.jp
交通機関 阪急電車 神戸線「神崎川駅」下車徒歩6分

梅田より15分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp60523/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ニホンゲンマと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ