最終更新日:2019/6/11

  • 正社員

日本圧着端子製造(株)【JST】

  • 半導体・電子・電気機器
  • その他電気・電子関連
  • 自動車・自動車部品
  • 機械設計
  • コンピュータ・通信機器
本社
大阪府
資本金
6,100万円(連結)※会社規定により単体資本金は非公開
売上高
950億円(2018年3月期 国内連結)※会社規定により単体売上高は非公開
従業員
2,035名(連結/2018年3月現在 国内)※会社規定により単体従業員数は非公開
募集人数
46~50名
  • 業種 半導体・電子・電気機器、その他電気・電子関連、自動車・自動車部品、機械設計、コンピュータ・通信機器
  • 本社 大阪府
  • 資本金 6,100万円(連結)※会社規定により単体資本金は非公開
  • 売上高 950億円(2018年3月期 国内連結)※会社規定により単体売上高は非公開
  • 従業員 2,035名(連結/2018年3月現在 国内)※会社規定により単体従業員数は非公開
  • 募集人数 46~50名

1957年の創業以来、順調に業績を伸ばしてきた安定企業。国内・海外に拠点を有し、電子部品(コネクタ)業界でトップクラスのシェアを誇るリーディングカンパニーです!

まだ世の中に存在しない、新しい技術・製品を開発するために、皆さんの発想力を求めています! (2019/03/01更新)

皆さん、こんにちは。
日本圧着端子製造(株)=JST(ジェイ・エス・ティ)、と覚えてください!

 「まだ世の中に存在しない、新しい技術・製品を生み出したい!」

この文章に少しでも共感された学生の皆さん、理系・文系を問わず、ぜひエントリーしてください!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
2013年、大阪市中央区に新本社ビルが完成。木材の格子に覆われ温かみのある外観が印象的だ。
PHOTO
身の周りの様々な電気製品に使われているコネクタ。当社は国内シェア・売上ともにトップクラスを誇る。現在は世界No.1を目指しています!

コスト・納期・品質のバランスのとれた製品供給に努める

PHOTO

「社名からカタイ印象を持つ学生さんもいると思いますが、自由でアットホームな社風が自慢です!」

私たちJSTグループは、コネクタの製造を通して、お客さまへ「つなぐ価値」を提供する責任と役割を果たしています。

当社が製造している「コネクタ」とは、ケーブルや配線基盤などを電気的につなげる部品のこと。例えば、ケータイやスマホを充電するときにコードを差し込む接続口、USBケーブルをパソコンに差し込む接続口などもコネクタのひとつです。また外側からは見えませんが、デジカメやパソコン、AV機器、家電、自動車、医療機器など、身の周りのあらゆる電気・電子機器に当社の製品が搭載されています。

コネクタは搭載される機種が異なれば、求められる性能も様々。その求められる一つひとつの要件に対し、対応できる柔軟な企画開発力を持っています。
超精密金型の製造から、メッキの工程までも自社内で対応、お客さまにプラスαの価値を提供し、信頼に応える万全の体制を整えています。

設備開発力、製品開発力、市場開発力の3つの力を連動することで、JSTグループは圧倒的な優位性と、業界トップレベルのシェアを獲得。コスト・納期・品質のバランスのとれた「お客さまに喜ばれる製品」の供給を目指して、 これからも企業努力を続けて参ります。

会社データ

プロフィール

J.S.T.Mfg.Co.,Ltd (英社名)

事業内容

PHOTO

電子部品『コネクタ』を企画・開発から製造、販売まで行いグローバルに活躍できるのが当社の魅力です。

電気・電子接続部品(圧着端子、コネクタ)および機械工具の製造・販売および輸出入
本社郵便番号 541-0045
本社所在地 大阪府大阪市中央区道修町3丁目4番7号
本社電話番号 06-6210-2102 (代表)
設立 1957年9月9日
資本金 6,100万円(連結)※会社規定により単体資本金は非公開
従業員 2,035名(連結/2018年3月現在 国内)※会社規定により単体従業員数は非公開
売上高 950億円(2018年3月期 国内連結)※会社規定により単体売上高は非公開
事業所 工場:栃木、岡山、鳥取、島根
営業所:栃木、神奈川、愛知、大阪、福岡
技術センター:神奈川、愛知、大阪
生産技術センター:栃木、岡山、鳥取
配送センター:岡山
関連会社 日圧スーパーテクノロジーズ(株)
ジェイ・エス・ティ電子工業(株)
日圧電子部品(株)
島根電機(株)
大原電子工業(株)
日圧総業(株)
日圧エンジニアリング(株)
海外拠点 ■ヨーロッパ:ベルギー、スペイン、イギリス、ドイツ、フランス、
       イタリア、オーストリア、チェコ
■アメリカ :アメリカ合衆国、ブラジル
■アジア  :シンガポール、タイ、マレーシア、中国、インドネシア、
       台湾、韓国
■オセアニア:オーストラリア
 計18カ国
沿革
  • 1957年
    • 日本圧着端子製造(株)を設立
      鳥取県倉吉市に倉吉工場を建設
      ★通電用端子を「圧着端子」と命名し、
       国産第一号の圧着端子を製品化
  • 1962年
    • ジェイ・エス・ティ電子工業(株)を設立し、
      岡山県津山市に津山工場を建設
  • 1969年
    • 日本圧着端子販売(株)を設立し、販売部門を分離
      (関東営業所、名古屋営業所、大阪営業所、福岡営業所)
      島根電機(株)を設立し、島根県大田市に大田工場を建設
      ★連続圧着端子の製造・販売を開始
  • 1972年
    • 大阪技術センターを開設
      ★圧着コネクタの製造・販売を開始
  • 1979年
    • ★圧接コネクタ、産業用コネクタの製造・販売開始
  • 1980年
    • 岡山県津山市に生産技術センターを開設
  • 1981年
    • 岡山県津山市にジェイ・エス・ティ電子工業(株)
      院庄工場を建設
  • 1983年
    • 鳥取県倉吉市に西倉吉工場を建設
  • 1984年
    • 栃木県宇都宮市に日圧電子部品(株)を設立し、
      宇都宮工場を建設
  • 1989年
    • フランス工場を建設
  • 1990年
    • 神奈川県横浜市に東京技術センターを開設
  • 1992年
    • 米国にアメリカ技術センター(AEC)を開設
  • 1993年
    • シンガポールにシンガポール技術センター(SPEC)を開設
  • 1994年
    • 日本圧着端子販売(株)、ジェイ・エス・ティ貿易(株)、
      ジェイ・エス・ティ電子工業(株)、日圧電子部品(株)を
      吸収合併
  • 1999年
    • 鳥取県倉吉市に倉吉生産技術センターを開設
      ★エアバック用コネクタの製造・販売を開始し、
      国内自動車メーカーへ本格参入
  • 2000年
    • インドネシアにジャカルタ工場を建設
      ★世界初0.8mmピッチ圧接用コネクタの製造・販売開始
  • 2001年
    • 愛知県みよし市に名古屋技術センターを開設
      韓国に梁山工場を建設
      中国に上海工場を建設
  • 2005年
    • 生産工場を関連会社とする会社分割を実施
      ★世界初0.6mmピッチ圧接コネクタの製造・販売開始
  • 2006年
    • 岡山県津山市に津山配送センターを開設
      ★世界初0.2mmピッチFPC用コネクタの製造・販売を開始
  • 2007年
    • マレーシア工場を建設
      ★創業50周年を迎える
  • 2011年
    • ★XQDカードの規格化から参画し、業界に先駆けて
      XQDカード用コネクタを開発
  • 2012年
    • ★0.35mm基板対基板用コネクタの販売開始
  • 2013年
    • 大阪市中央区道修町の新本社ビルに移転
  • 2017年
    • 9月 創業60周年を迎える
平均勤続勤務年数 18年6カ月(2017年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 23時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 11.1日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 日本圧着端子製造 単体での人数(2017年度実績)

 男性:30名
 女性: 4名
 -------------
 計 :34名
前年度の育児休業取得者数 日本圧着端子製造 単体での人数(2017年度実績)

 男性:0名
 女性:4名
 -------------
 計 :4名

採用データ

取材情報

あらゆる電子機器に必要不可欠なコネクタで、世界中のお客様とつながる!
国内外お客様のニーズを形にしロングヒット製品を生み出したい!
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒541-0045 大阪市中央区道修町3丁目4番7号
 日本圧着端子製造(株) 
  総務・人事グループ 人事課 高田、宮下
フリーダイヤル : 0120-88-3140
URL http://www.jst-mfg.com
E-mail jinji@jst-mfg.com
交通機関 Osaka Metro 御堂筋線「淀屋橋駅」から徒歩3分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp61198/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ