最終更新日:2019/4/22

  • 正社員

釧路信用金庫

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合
本社
北海道
預金
2,189億9,200万円(2018年3月実績)
貸出金
880億円(2018年3月実績)
職員数
168名(2018年3月現在)
募集人数
6~10名
  • 業種 信用金庫・労働金庫・信用組合
  • 本社 北海道
  • 預金 2,189億9,200万円(2018年3月実績)
  • 貸出金 880億円(2018年3月実績)
  • 職員数 168名(2018年3月現在)
  • 募集人数 6~10名

釧路とともに生きる企業。「釧路信用金庫」

【応募書類受付開始】【個別面談会開催】! (2019/04/22更新)

皆さんこんにちは!
釧路信用金庫、採用担当の長田です。
応募書類受付を開始しました!

1.受付期間
 【大 卒】2019年4月22日(月)~2019年5月21日(火)まで
 【短大卒】2019年4月22日(月)~2019年5月31日(金)まで

2.提出書類
(1)履歴書
(2)成績証明書
(3)健康診断書
(4)卒業見込証明書
※履歴書は必須です。その他の書類で用意できないものは、その旨を記載していただければ後日の提出で構いません。

3.書類送付先
 〒085-0015
 北海道釧路市北大通8丁目2番地
 釧路信用金庫 総務部 担当 長田 慎太郎 宛て
 電話 0154-23-9011

4.試験日程等
  【大卒】
 ご応募して頂いた方に限り、一次試験となるWEBテストのご案内を致します。
 WEBテストのご案内は、応募書類が届き次第順次、ご連絡させて頂きます。
  【短大卒】
 ご応募して頂いた方に限り、一次試験となる筆記試験のご案内をさせて頂きます。(ご案内は書類受付期間終了後となります)

皆さんの積極的なご応募、お待ちしております!!



また、下記日程で個別面談会を開催いたします。

日時:2019年5月17日(金)9:00~
場所:釧路信用金庫本店

詳細は「説明会・セミナー予約画面」にてご確認下さい!


5月7日(火)のマイナビ就職セミナー、5月16日(木)のくしろ合同会社説明会にも参加します。


まずは、話を聞いてみませんか?

皆さんにお会いできることを楽しみにしています!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
若手職員が早くから活躍できるのも当金庫の特徴のひとつです。預金・融資・営業・企画立案等、様々な分野で皆さんの力を発揮してください!
PHOTO
地元出身の職員も多いですが、道内各地・道外出身者もおり、個性ある職員が多いのが釧路信金の特徴の1つです。

この地域(まち)を愛し 豊かな未来(あす)を創造します。

PHOTO

釧路信用金庫は、この地域の人達の相互扶助精神のもとで生まれ育まれた金融機関です。

この地域(まち)を愛し 豊かな未来(あす)を創造します。

これは、私たちの哲学であり、思想です。
釧路信用金庫は、この地域の人達の相互扶助精神のもとで生まれ育まれた金融機関です。

私たちは、故郷であるこの地域を心から愛し、地域の発展とそこに住む人達の心豊かな未来のために、奉仕を続けることが使命であることを表しています。


今後も、質の高い金融サービスの提供や業績の向上に努め、健全で信頼される金庫づくりを目指します。

私たちと一緒に、地域社会の創造と地元企業の発展を喜びとして感じてみませんか。

会社データ

プロフィール

当金庫は「この地域(まち)を愛し 豊かな未来(あす)を創造します。」を経営理念に掲げ、基本方針には「質の高い金融サービスの提供に努め、地域社会の繁栄に貢献します。」としています。永年培われてきた当金庫の姿勢は、アクションプログラムに基づく地域密着型金融の主旨と相通じており、今後においても地域の特性や利用者のニーズ等を踏まえた地域密着型金融の諸施策を積極的に展開し、地域社会の繁栄に貢献して参ります。

事業内容

PHOTO

当金庫は釧路市内で一番の店舗網をもつ金融機関です。預金・融資・企業支援など様々なサービスを提供しています。写真は物産展のお手伝いをした模様です。

釧路市【北海道・道東エリア】を中心に18店舗を展開している、地域密着型の信用金庫。
地域のみなさまとの相互扶助精神のもとで生まれ育まれた金融機関です。
地域社会に貢献することを理念とし、預金、資産運用、企業支援、ローンをはじめ、 年金サービスやインターネットバンキングなど、様々なサービス提供をしています。
今後も質の高い金融サービスの提供と、信頼される金庫づくりに努めます。
本社郵便番号 085-0015
本社所在地 北海道釧路市北大通8丁目2番地
本社電話番号 0154-23-9011
設立 1925年5月20日
預金 2,189億9,200万円(2018年3月実績)
職員数 168名(2018年3月現在)
貸出金 880億円(2018年3月実績)
事業所 【18店舗】
・釧路地区:12店舗
・阿寒地区:2店舗
・弟子屈地区:1店舗
・白糠地区:1店舗
・帯広地区:2店舗
出資金 7億500万円(2018年3月実績)
代表者 理事長 佐藤 禎一
自己資本比率 13.61%(2018年3月実績)
平均年齢 37歳1カ月(2018年3月実績)
平均給与 月額:30万1,000円(2018年3月)
沿革
  • 1925年5月20日
    • 産業組合法による有限責任釧路信用組合の設立認可
  • 1951年10月23日
    • 信用金庫法の制定により釧路信用金庫と改組
  • 1976年02月
    • 預金業務オンラインスタート
  • 1985年12月01日
    • 創業60周年記念事業として「釧路しんきん地域経済振興基金」を設立
  • 2000年04月
    • 「一店舗一貢献活動」開始
  • 2001年04月17日
    • 釧路市昭和中央3丁目に昭和支店開設
      ※初のバリアフリー店舗
  • 2003年04月21日
    • 投資信託窓口販売業務の開始
  • 2003年10月01日
    • 「印鑑照合システム」の導入
  • 2005年06月01日
    • 創業80周年記念事業「釧路発元気企業フォーラム」の開催
  • 2007年10月
    • 美原支店リニューアル(バリアフリー店舗)
  • 2008年04月
    • 全店にコミュニケーションボード(耳の不自由な方、外国国籍の方用)を設置
  • 2008年06月14日
    • 環境問題への取組推進として「種の保存活動」を実施
  • 2008年06月15日
    • 釧路しんきんエコ宣言
  • 2008年08月
    • 釧路地域の47小学校に金融・経済教育教材を寄贈
  • 2009年06月20日
    • 認知症サポーター養成講座の開催
  • 2010年01月
    • 日本政策金融公庫との農業向け融資の証券化業務に係る基本契約締結
  • 2010年02月
    • 「食品開発を通した釧路地域活性化セミナーin釧路」の開催
  • 2010年11月13日
    • 創業85周年「釧路港東港区緑地」記念植樹の実施
  • 2011年04月
    • 道内信金で初めてカーボンオフセット通帳を導入
  • 2011年04月19日
    • 東日本大震災での被災学生に対する緊急融資相談会を実施
  • 2011年05月28日
    • 大震災への対応を考える釧路フォーラムを実施
  • 2011年09月27日
    • 北海道中小企業家同友会との業務協力締結
  • 2012年3月
    • 営業地区に本別町・士幌町・上士幌町・鹿追町・足寄町・陸別町・清水町・新得町・大樹町・広尾町を編入
  • 2012年6月
    • 駅前支店を本店営業部に、川湯支店を弟子屈支店に統合(駅前出張所:店外ATM、川湯出張所:店外ATMを開設)
  • 2012年10月
    • 帯広西支店を開設(バリアフリー店舗)
平均勤続勤務年数 2017年度実績 9.10年
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 2017年度実績 7.3日

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 【釧路信用金庫 総務部 採用担当:長田】
TEL:0154-23-9011(平日受付時間 09:00~17:00)
URL http://www.shinkin.co.jp/kushiro/
E-mail kushiro.somu@kushiroshinkin.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp63848/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
釧路信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。
釧路信用金庫を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ