最終更新日:2019/4/23

  • 正社員

サンワ(株)

  • 自動車・自動車部品
  • 金属製品
本社
神奈川県
資本金
4,800万円
売上高
41億1,107万円(2018年3月期)
従業員
301名
募集人数
1~5名
  • 業種 自動車・自動車部品、金属製品
  • 本社 神奈川県
  • 資本金 4,800万円
  • 売上高 41億1,107万円(2018年3月期)
  • 従業員 301名
  • 募集人数 1~5名

「お客様に信頼される」「社員の働き甲斐のある」「社会に貢献する企業へ」

  • 積極的に受付中

神奈川県横浜市(本社)、群馬県(群馬工場)にある自動車部品メーカーです。説明会開催中! (2019/04/23更新)

みなさん、こんにちは!サンワ(株) 採用担当です。

弊社にアクセスして頂き、ありがとうございます。
自動車等、部品メーカーに興味がある方は、是非当社にエントリーをお願いいたします。
5月の説明会の受付中!
連休最終日、説明会開催!他の人より早目に説明会にご参加いただけます。
是非、ご予約の上、ご参加ください。
ご応募お待ちしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
サンワが製造するフォークリフトのブレーキペダル。日本を代表する大手メーカーと取り引きし、卓越した技術力でハイクオリティな製品を提供している。
PHOTO
トラックのエンジンプレートは100分の1の精度が求められ、わずかな歪みも許されない。0.5~25ミリの厚みに対応する、板金加工技術の結晶だ。

自動車、建設機械の部品製造を通じて、日本のモノづくりを支えています。

PHOTO

ガラスケースの上にあるのはISO9001の認定書。川村さんの貢献により、品質管理の国際基準を取得。「半年で結果を出せて自信がついた」と営業技術部営業課主任の川村さん。

【日本のモノづくりを支える】
サンワを一言で説明すると「自動車、建設機械、OA機器の部品製造を通じて、日本のモノづくりを支えている会社」といえるでしょうか。例えばトラック・バスのギアを変換するチェンジレバー、ブルドーザー・クレーン車のブレーキペダルなどを大手メーカーに提供しています。
素材は鉄を中心にステンレス、アルミ、銅などを取り扱い、板金加工技術を駆使して一貫生産できる体制が強みです。どういうことかといいますと、少量部品についてはレーザーで切り抜き、量産品については金型を作り、プレス機で成型し、溶接ロボットで接合する、といった一連のプロセスを自社で完結できるので「納期が短く、コストも削減できる」とお客様から高評価をいただいています。

【入社時の苦労が後で活きる】
私は工学部機械工学科を卒業し2003年に入社して、最初に配属されたのは営業技術部。当時は営業と技術部門が一緒になっていて、OA機器部品の営業から図面解釈、工場への生産指示、納期調整までを一人でこなしていました。新入社員ですし、大変ではありましたが、このときの体験が後で活きてきます。
入社2年目にトラック・バスの営業へ異動したとき、生産工程を熟知しているので、商談がスムーズに進みました。そしてこれは私の営業スタイルでもあるのですが、大口以外の商談をその場で即決していたら「サンワさんはスピードが速い!」と評判を呼び、新規契約が増えていったのです。個人に権限を与え、自由に仕事をやらせてもらえるのが当社の長所です。

【技術部を巻き込み新規契約に挑む】
今は大手重工メーカーの担当として、建設機械、産業機械の部品営業を任されています。長年取引のあるお客様からショベルカーやブルドーザーのエンジン部品、風力発電や簡易発電所に用いる大型発電機のエンジン部品を受注するのが仕事です。きめ細かいフォローを心がけ、担当者と信頼関係を築くうちに、従来のエンジン部品に加えてシャシ部品の受注もいただくことになりました。
やはり、新規契約を獲得したときはやりがいを感じます。今まで作ったことのない部品は技術部に協力を仰ぎ、会社全体で対応することになりますが、社内調整も仕事のうち。普段から良好な人間関係をつくり、良質なモノづくりを実践していくことが、この仕事の醍醐味です。
(営業技術部営業グループ G長 川村 孝嘉)

会社データ

プロフィール

自動車、建設機械、そしてOA機器。これら、ニッポンのモノづくりの中心舞台で活動しているのが、私たちサンワ(株)です。さまざまな部品の金型製作、プレス加工をベースに、ロボット溶接、レーザーによる精密加工、金属表面処理、塗装、組立、などの技術分野で実力を発揮しています。

事業内容

PHOTO

プレス機械:板金加工をメインに様々な部品の製造を行っています。

トラック・バス等の自動車部品、ブルドーザ等の建設機械部品、OA機器・複写機・プリンタ部品、自動販売機部品等の大型精密プレス加工、板金製品製造とOEM組立
本社郵便番号 223-0066
本社所在地 神奈川県横浜市港北区高田西1丁目1番地45号
本社電話番号 045-590-1770
創業 1948(昭和23)年3月
設立 1948(昭和23)年6月
資本金 4,800万円
従業員 301名
売上高 41億1,107万円(2018年3月期)
事業所 【本社】
横浜市港北区高田西

【群馬工場】
群馬県吾妻郡東吾妻町
主な取引先 三菱ふそうトラックバス(株)
三菱重工業(株)
(株)TBK
UDトラックス(株)
キャタピラージャパン(株)
(株)オーテックジャパン
(株)湘南ユニテック
(株)小松製作所
関連会社 PT.SANWA PRESSWORK INDONESIA
平均年齢 38.4歳
平均勤続年数 11.1年
沿革
  • 1948年
    • 東京都目黒区にて高橋製作所として創業.三菱重工業(株)と取引.現三菱自動車とキャタピラー三菱が分離しそれぞれの重要協力工場となる
  • 1949年
    • 資本金50万円にて(株)高橋製作所に改組
  • 1961年
    • 川崎工場を新設
  • 1974年
    • サンワ(株)に社名変更、川崎市宮前区に本社を移転
      群馬工場を新設
  • 1978年
    • 目黒工場を撤収
  • 1979年
    • 埼玉県羽生市に(株)羽生製作所を新設
  • 1981年
    • 川崎市都市計画に関連し、本社及び川崎・群馬工場を増・改築
  • 1985年
    • キヤノン(株)と取引
  • 1992年
    • 本社社屋を新設
  • 1995年
    • 川崎工場に生産管理棟を新設
  • 2000年
    • (株)羽生製作所に福利厚生棟を新築
  • 2002年
    • 川崎地区ISO14001 環境マネジメントシステム取得
  • 2007年
    • ISO9001 品質マネジメントシステム取得
  • 2010年
    • 羽生工場を撤収
  • 2017年
    • 川崎工場を撤収し群馬工場に一拠点化
      群馬工場に第四工場増設
      本社を移転
平均勤続勤務年数 11.1年(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9.2日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 8名(うち女性2名、男性6名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 2名(うち女性2名 2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 20%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒223-0066 神奈川県横浜市港北区高田西1-1-45 管理部 採用担当
TEL 045-590-1770
〒377-0802 群馬県吾妻郡東吾妻町川戸1150 管理部 採用担当
TEL 0279-68-2041
URL http://www.sanwa-gr.co.jp/index.html
E-mail xn7m-kshr@asahi-net.or.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp64235/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
サンワ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
サンワ(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ