最終更新日:2019/9/24

  • 正社員
  • 既卒可
  • 上場企業

サトーホールディングス(株)[グループ募集]

現在、応募受付を停止しています。

  • 機械
  • 印刷・印刷関連
  • その他電気・電子関連
  • 商社(電子・電気機器)
  • ソフトウエア
本社
東京都
資本金
84億円(2019年3月31日現在)
連結売上高
1,162億円(2019年3月期現在・連結)
従業員
5,307名(2019年3月31日現在・連結)
募集人数
26~30名
  • 業種 機械、印刷・印刷関連、その他電気・電子関連、商社(電子・電気機器)、ソフトウエア
  • 本社 東京都
  • 資本金 84億円(2019年3月31日現在)
  • 連結売上高 1,162億円(2019年3月期現在・連結)
  • 従業員 5,307名(2019年3月31日現在・連結)
  • 募集人数 26~30名

『夏採用』自動認識ソリューションで人・モノ・情報をつなぎ、社会に貢献する

【サトーホールディングス】エントリー受付について (2019/09/24更新)

こんにちは。
サトーホールディングス株式会社 採用担当です。

数多くの企業の中から、弊社のページをご覧いただきまして
ありがとうございます。

現在、応募受付を停止しております。
今後追加募集等ある場合は随時マイナビ上からご案内致します。

多数のエントリー及び選考へのご参加、誠にありがとうございました。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
サトーは生活インフラの一部になっているバーコードを生み出す製品の数々で国内シェアトップを走るリーディングカンパニーです。
PHOTO
経済産業省と日本健康会議が進める健康経営優良法人認定制度において2年連続「健康経営優良法人(ホワイト500)」に認定。

サトーのビジネスとは?

PHOTO

多様性ある組織をつくり、新しい製品やサービスを生み出すダイバーシティーの取り組みが評価され、「ダイバーシティー100選」(経済産業省主幹)に選出されています。

スーパーマーケットや、配達伝票などで目にするバーコード。電子マネーや乗車券でおなじみのICカード。「ピッ」と読めば、自動で情報を認識したり、入力することができる、これらを「自動認識技術」と呼びます。サトーは、この技術を駆使して「モノ」と「情報」をつなぎ、お客様の業務を正確化・効率化・省力化する自動認識ソリューションを提供しています。例えば、商品の棚卸しの時間を3分の1にする、患者と薬を照合して投薬ミスを防ぐ、食品の原材料から製造、流通までを見える化し食の安心を確保する、など自動認識ソリューションでできることは実にさまざまです。B to Bビジネスの私たちは、知名度は高くないかもしれませんが、小売、製造、物流、医療、公共といった幅広い分野で、モノの動きを縁の下で支え、多様なお客様の課題解決に貢献している会社です。

ユニークな取り組み
「お客様に喜んでいただいているか、社員は輝いているかを常に問うこと」。これは、私たちの行動規範に記された一文です。私たちのソリューションとお客様の価値を最終的に結び付けるのは社員であり、社員が輝いていなければ顧客満足は実現できないと考えるからです。変化を喜び、いつまでも若々しく楽しく、心わくわくする会社でありたい。そんな私たちの社風・文化を体現するユニークな取り組みの一端をご紹介します。

◆全社員が現場で得た情報や提案を三行(127文字)にまとめ毎日経営トップへ直接報告することで、経営に参画する独自の仕組み「三行提報」。

◆経産省「ダイバーシティ経営企業100選」受賞。経営トップの強力なリーダーシップの下、個の強みを活かし、それを共通のゴールに結集させるダイバーシティを推進中。

◆キャリア研修や全社幹部会議への参加、幹部との交流会は公募制。自ら手をあげ挑戦する社員に機会が与えられる風土。

◆朝型勤務の奨励(朝食を提供)、部門を越えた交流を促すオフィスのフリーアドレス化など、生産性を高めるための「働き方改革」進行中!

◆2015年より健康経営に本格的に取り組み健康管理、健康増進施策を全員参加型で推進し2017年健康経営銘柄にも選定されています。

会社データ

プロフィール

「最後の1マイル」という言葉をご存知でしょうか。元々は通信用語で、インターネットや電話回線を家庭や企業のユーザーに接続するための最終工程のことを指します。どれだけ通信網が発達しても、それぞれのユーザーをつなぐ最後の工程がなければネットワークが成り立たないことから、最も煩雑で難しく、しかしサービスを提供するために必要不可欠な「現場」の最後の距離を表す言葉として使われるようになりました。サトーが担うのは、自動認識ソリューションで現場の「モノ」と「情報」の間にある最後の距離をつなぐこと。1マイルよりさらに細やかに、あらゆる現場の人・モノ・情報をつないでいきたい。そんな想いを込め、私たちは「最後の1cm」と呼んでいます。

IoT時代の「最後の1cm」を担う
今、世の中は、あらゆるモノがインターネットにつながるIoT(Internet of Things)の時代を迎えようとしています。インターネットに接続するモノの数は飛躍的に拡大すると予測され、そこから収集される膨大なデータ(ビッグデータ)から、これまで見えなかった知見や価値を見出せる可能性に期待が集まっています。しかしその前提として、モノと情報がつながっていなければなりません。動くモノにIDなどの情報をタグ付けし、適切な形でリアルタイムにITシステムに渡す。その現場作業があって初めてIoTもビッグデータも機能するのです。タグ付けするモノが多種多様なら、そのモノが動いている環境も千差万別です。それは宅配便の段ボールかもしれませんし、1000度以上に熱せられた製鉄所の鋼材、あるいはマイナス196度で管理されるiPS細胞かもしれません。誰かがやらなければいけない、物理的な現場作業。そんなIoT時代の「最後の1cm」を、モノづくりをベースとしたソリューション力、現場力に裏付けられた実践的ノウハウと課題解決へのコミット、そしてグローバルに広がるパートナーシップで担う――それが、私たちサトーです。

事業内容
◆自動認識ソリューションの開発、製造、インテグレーションを一気通貫で行う世界で唯一の会社
バーコードやICタグを発行するプリンタ等ハードウェア、ラベル・タグ等サプライ、ソフトウェアの開発、製造、販売、保守を行います。お客様の課題を抽出し、自動認識技術を用いてその改善を図るコンサルティングや、ニーズに応じた製品開発、現場インテグレーション、導入後の保守――その全てを一気通貫で行うのは世界でもサトーだけです。

◆モノからコト、日本から世界へ 
1940年の創業から、社是「あくなき創造」の精神の下、世界的ベストセラーとなったハンドラベラーの発明(1962年)、世界初の熱転写式バーコードプリンタの開発(1981年)など、革新的な製品で市場のニーズに応えてきました。1990年代にはソリューションビジネスに主力事業を転換。近年は、「自動認識ソリューションで世界No.1に」というビジョンを掲げ、新しい技術の導入や戦略的アライアンスに積極的に取り組みながら、もう一段進んだソリューション・プロバイダーへの進化を目指しています。また、世界26カ国に拠点を持ち90を超える国々で事業を展開。海外事業の更なる強化にもグループ一丸で取り組んでいます。

◆本業による社会貢献
創業者の佐藤陽は、商品一つ一つに値段の書かれた紙を貼り付ける作業を見て「何とか楽にできないか」という思いでハンドラベラーを発明しました。時は流れ、主力事業が変わっても「本業で社会貢献する」という使命は変わりません。サトーは2013年に環境事業、2014年にヘルスケア事業を分社化していますが、これは地球温暖化、医療過誤といった社会課題の解決に本業で取り組むという強い意志に基づくものです。事業活動を通じて社会に貢献するCSV(共通価値の創造)の考え方は、創業時から経営の根底に据えられています。
本社郵便番号 153-0064
本社所在地 東京都目黒区下目黒1-7-1 ナレッジプラザ
人財開発部直通 03-5745-3423
創業 1940年
設立 1951年5月16日
資本金 84億円(2019年3月31日現在)
従業員 5,307名(2019年3月31日現在・連結)
連結売上高 1,162億円(2019年3月期現在・連結)
募集会社 サトーホールディングス(株)
(株)サトー

※サトーホールディングス(株)に在籍し、本人の希望、適性により上記募集会社への出向となります。
決算期 3月31日(年1回)
代表者 代表取締役社長 兼 CEO
小瀧 龍太郎
商号 サトーホールディングス(株) SATO HOLDINGS CORPORATION
セグメント別売上 ◆製品セグメント
メカトロ製品事業:38.9%
サプライ製品事業:61.1%

◆地域セグメント
日本:63.4%
米州:12.8%
欧州:11.8%
アジア・オセアニア:12.0%

2017年3月期 
連結売上高・営業利益 ◆連結売上高(単位:百万円)
2016年 106,302
2017年 113,383
2018年 116,179

◆連結営業利益(単位:百万円)
2016年 6,104
2017年 6,249
2018年 7,679

2018年3月期 
グループ会社 【国内】
(株)サトー
デザインプロモーション(株)
サトーヘルスケア(株)
サトーソリューションアーキテクト(株)
サトーインプレス(株)
サトーマテリアル(株)
サトーインターナショナル(株)
サトープライマリーラベルインターナショナル(株)
サトーグリーンエンジニアリング(株)

【海外】
SATO AMERICA, LLC
SATO GLOBAL SOLUTIONS,INC.
無錫松幸電子有限公司
ほか36社
事業所 ●国内営業拠点・サポートセンター
札幌、仙台、盛岡、郡山、大宮、北関東(栃木県)、新潟、千葉、水戸、東京、八王子、松本、静岡、浜松、名古屋、金沢、大阪、広島、岡山、米子、高松、松山、福岡、熊本、鹿児島、那覇
(サポートセンターのみ:函館、釧路、柏、江東、横浜、厚木、岡崎、津、京都、奈良、神戸、南大阪、北九州、宮崎)

●メンテナンスセンター
北日本(岩手県)、東日本(埼玉県)、中部(名古屋)、西日本(奈良)、九州(福岡)

●生産拠点
北上、長岡、東京、名古屋、大阪、福岡

●デザインセンター
東京、大阪

●開発拠点
北上、大宮、東京

●物流センター
埼玉、奈良
募集会社1 サトーホールディングス(株)

※会社詳細は、上記会社概要をご覧下さい。
募集会社2 (株)サトー
設立:1940年
資本金: 84億円(グループ連結)
本社所在地:東京都目黒区下目黒1丁目7番1号ナレッジプラザ
事業所:国内各事業所
事業内容:電子プリンタ、ハンドラベラー等メカトロ製品およびサプライ製品の販売
沿革
  • 1940年
    • 創業。竹材加工機の製造販売を開始
  • 1962年
    • ハンドラベラーの製造販売を開始(世界初)
  • 1981年
    • 熱転写方式プリンタ「M-2311」を開発(世界初)
  • 1986年
    • マレーシア工場を設立
  • 1987~89年
    • シンガポール、アメリカ、ドイツに現地法人を設立
  • 1990年
    • 日本証券業協会に店頭登録
  • 1994年
    • 東京証券取引市場第二部に株式を上場
  • 1997年
    • 東京証券取引市場第一部に株式を上場
  • 2001年
    • シンガポールおよびタイに現地法人を設立
  • 2002年
    • 中国、ベルギー、ポーランドに現地法人を設立
  • 2003年
    • RFID(ICタグ・ラベル)プリンタを開発、製造販売を開始
      海外でのラベル生産体制拡充を推進
  • 2004年
    • ベトナムで第2のメカトロ製品製造工場の建設に着手
      ポーランド、マレーシアでラベルの生産を開始
  • 2005年
    • フランスのL'Etiquetage Rationnel社(現SATO FRANCE)の株式を100%取得
      ベトナム工場が稼動開始
  • 2006年
    • Checkpoint社のバーコード事業譲受(海外5社設立)
      日本国内にグループ会社4社設立
      SATO NEWZEALANDがWalker Datavision社を事業買収
  • 2007年
    • 日本国内にグループ会社1社設立
      SATO AMERICAがTrakIT社を事業買収
  • 2009年
    • SATO INTERNATIONAL社の海外事業統括機能を日本に集約
      シェアードサービスセンターSATO GLOBAL BUSINESS SERVICES社をシンガポールに設立
      ソフトウェア開発を手がける(株)イン・アウトの株式を100%取得
      中国でラベルの生産を開始
  • 2010年
    • 本社を東京都目黒区に移転
      SATO AMERICAがアルゼンチンのNODOS社(現SATO ARGENTINA)を買収
      シール・ラベル製品の製造及び販売を手がける
      (株)三協印刷社の株式を100%取得
  • 2011年
    • 会社分割による純粋持株会社体制への移行、
      社名をサトーホールディングス(株)に変更
      新設分割により6社設立
  • 2012年
    • 台湾のプリンタメーカーArgox社の株式を100%取得
      アルゼンチンのACHERNAR社の株式を100%取得
      インドに現地法人を設立
      インドネシアにPT. INDONAGATOMI社と合弁会社を設立
      ベトナムに現地法人設立
  • 2013年
    • 国内グループ会社3社設立
      アメリカのNEXGEN PACKAGING社の株式を一部取得
      オーストラリアに現地法人を設立
  • 2014年
    • 国内グループ会社1社設立(サトーヘルスケア株式会社)
      自動認識SI(システムインテグレート)事業を手掛けるSATO GLOBAL SOLUTIONS, INC.をアメリカに設立
      ロシアのOkil-Holding, JSCを連結子会社化
  • 2015年
    • 国内グループ会社3社設立(スペシャレース株式会社、デザインプロモーション株式会社、サトーソリューションアーキテクト株式会社)
      SATO NEW ZEALAND LTD.が、Jenkins Labels Limitedのラベル印刷事業を譲受
      ブラジルのPRAKOLAR ROTULOS AUTO-ADESIVOS S.A.を連結子会社化
  • 2017年
    • フィリピンに現地法人2社設立
      台湾に現地法人を設立
      イギリスのDataLase Ltd. を連結子会社化
      岩手県の北上事業所内にICタグ・ラベルの生産部門を新設
  • 2018年
    • 国内グループ会社3社(サトーアドバンス株式会社、サトープリンティング株式会社、サトーテクノロジー株式会社)を株式会社サトーに統合
平均勤続勤務年数 14.6年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 5.5時間(営業手当支給を除く)(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 9.9日 54.6%(2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 女性管理職比率:8.1%(2018年実績)

採用データ

取材情報

お客さまに一番近いところで、エンジニアとして「技術」を磨く
カスタマーエンジニアとしての「自負」を持って
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 東京都目黒区下目黒1-7-1
サトーグループ採用担当
URL http://www.sato.co.jp
E-mail grp-newgrads@sato-global.com
交通機関 JR目黒駅・徒歩5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp64783/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
サトーホールディングス(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ