最終更新日:2019/7/19

  • 正社員
  • 既卒可

松山(株)【ニプロ】

  • 機械
  • 商社(機械・プラント・環境)
  • 機械設計
本社
長野県
資本金
1億円
売上高
203億円(2018年12月実績)
従業員
310名(男270名・女40名/2018年12月現在)
募集人数
11~15名
  • 業種 機械、商社(機械・プラント・環境)、機械設計
  • 本社 長野県
  • 資本金 1億円
  • 売上高 203億円(2018年12月実績)
  • 従業員 310名(男270名・女40名/2018年12月現在)
  • 募集人数 11~15名

農業用作業機のパイオニア!日本の≪食≫を支えて117年。業界トップシェアを誇る老舗の「完成品メーカー」です!「食」明日を一緒に考えませんか?

採用担当者からの伝言板 (2019/07/19更新)

        松山(株) ニプロ の採用ページへようこそ!
ものづくりに興味のある方、日本全国で活躍したい方、お待ちしております。

     ★★エントリー者限定【会社紹介動画】を配信中
              ぜひエントリーをお願いします★★

      ※企業マイページにてブログ公開中!7/19更新※

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
創業117年!松山(株)が作る「ニプロブランド」製品は日本全国の農業現場で活躍し、皆さんの≪食≫を支えています。
PHOTO
松山の特徴は「社風の良さ」!社員1人1人がのびのびと自分の力を発揮できる環境があります。

「ものづくり」好きが集まった業界No.1企業!

PHOTO

■業界トップシェア&売上日本一
「松山(株)」…?
何をしている企業かご存知ですか?

当社は、トラクターの後ろに付ける「農業用作業機」を作っている「完成品メーカー」です。
全国シェアが6割を超える製品もあり、売り上げは業界1位です!
(※日本農業機械工業会 調べ)
日本農業に欠かせない、皆さんの食を支える企業です。


■完成品メーカーならではの「ものづくり」
製品の開発から生産、販売までを自社で一貫して行っています。
完成品が部品であったり、お客様がメーカーだったりするのとは違い、
ゼロからものをつくり、お客様に届け、人の役に立っている場面を
自分の目で見られることが「完成品メーカー」の醍醐味です。


■創業117年!1世紀以上の歴史とブランド
創業は1902年。1世紀以上にわたり日本の農業の機械化、近代化に貢献してきました。
創始者・松山原造が発明した「双用犁(そうようり)」は耕うん作業を飛躍的に効率化し、
当時の農業に革命を起こすことになりました。
その後、革新的な作業機次々と開発し、現在は2,000型式以上の製品を取り扱うまでに成長しました。
1世紀以上愛される「ニプロブランド」は農家さんから信頼の証です。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
会社概要説明動画も公開中!!
http://job.mynavi.jp/conts/2020/j/?di=8180&dk=a315
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□

会社データ

プロフィール

私たちは 創業117年 農業用作業機分野で売上日本一
1世紀以上前から農業の機械化・近代化に貢献してきました。
多くのお客様に信頼されている老舗機械メーカーです。

【日本農業は大きく進化しています】
農業は作物の種類、土質、作業の種類によって多くの機械が必要になります。
農業現場の「困った!」を見つけ、解決していくことが私たちの仕事です。

取扱機種2,000種類以上。
未来の農業に向かって、私たちは挑戦し続けます。

【松山のモノづくり】
松山のモノづくりは試行錯誤の連続です。
自らのアイディアを形にするために、土や油にまみれて根気よく・一歩ずつ前へ進んでいきます。

農業における様々な場面で、当社の機械が活躍しています。

「独創的なアイディアを形にすること」
「農業現場の一助になること」
この2つが私たちの原動力となっています。

詳しくはホームページをご覧ください。 www.niplo.co.jp/

事業内容

PHOTO

松山(株)公式マスコット≪ニプロくん≫!どうやら妹の≪松子ちゃん≫もいるとか…。説明会にお越しの際に、ぜひ探してみてください!

「農業をもっと楽にしたい!」
農家さん1人1人に寄り添い、作業を助ける機械を開発・製造・販売しています。

【トラクタ用作業機】
トラクターの後ろに付ける作業機
土を耕し活性化を図る機械を中心に、除草など農業のあらゆる分野で活躍しています
【自走式野菜収穫機】
エンジンを搭載した各種野菜収穫機
玉ねぎ・ジャガイモ・サツマイモなどを収穫します
【野菜包装機】
全自動包装機及び供給ロボット
レタス・しめじなど、スーパー等に並ぶ野菜を包装します

★農家さんに選ばれるには「理由」があります
補給部品の即日出荷率が98~99%!
注文を受けた翌日には手元に届くよう出荷をしています。
アフターサービスのきめ細やかさが、他者にはない当社の強みです!

■ワークライフバランスを大切にしています
松山(株)の宝物。それは「自然」と「社員」です。
福利厚生の充実を図り、働きやすい環境を目指しています。
≪参考≫
休暇休日 年間休日120日:完全週休二日制(土日休み)、年末年始・GW・夏季連休
     平均有給取得日数 15.7日(消化率77%)
育児介護 産前産後休業、育児休業(3年)、育児短縮勤務制度、子の看護休暇
     介護休暇、介護休業
慶弔規定 結婚祝い金・出産祝い金制度、慶弔休暇
     弔慰金・見舞金制度
教育研修 資格取得・自己啓発支援
     入社時、希望者の研修参加支援、斡旋
     その他、業務上必要な資格等は会社補助、就業時間内にて資格取得
健康管理 健康診断(人間ドック)補助
     インフルエンザ予防接種補助
     歯科検診、(一部)がん検診補助
その他  社員寮(3,000円/月)、社員食堂、社員旅行、クラブ活動、定年後再雇用制度 など
本社郵便番号 386-0497
本社所在地 長野県上田市塩川5155
本社電話番号 0268-42-7500(代表)
人事携帯 080-1017-1234
創業 1902(明治35)年6月1日
設立 1950(昭和25)年6月28日
資本金 1億円
従業員 310名(男270名・女40名/2018年12月現在)
売上高 203億円(2018年12月実績)
売上高推移 203億円(2018年12月期)
196億円(2017年12月期)
187億円(2016年12月期)
177億円(2015年12月期)
188億円(2014年12月期)
事業所 【本社・工場】 長野県上田市塩川5155
【物流センター】長野県上田市塩川2949
【北海道営業所】北海道岩見沢市栗沢町由良194-5
【旭川出張所】 北海道旭川市永山町8-32
【帯広出張所】 北海道河西郡芽室町東芽室北1線18-10
【東北営業所】 宮城県大崎市古川清水3丁目石田24番11
【関東営業所】 栃木県栃木市大平町横堀みずほ5-3
【長野営業所】 長野県上田市塩川2949
【岡山営業所】 岡山県津山市綾部1764-2
【九州営業所】 熊本県宇土市松山町1134-10
【南九州出張所】宮崎県都城市甲斐元町3389-1
関連会社 北海道ニプロ(株)
協同サービス(株)
松山技研(株)
メーカーの魅力 自社開発、自社製造、自社販売

社会に役立つニプロ製品を自分達で開発する創造力
自社製品を早く正確に生産するための発想と工夫
多くのお客様にニプロブランドを売り込む販売力と信頼関係

完成品メーカーとしての厳しさや喜びがそこにあります。
企業理念 発明考案を機軸とした「開発立社」を合言葉に、農業と環境に関わる技術を通じて、人と大地のより豊かな関係を追求している技術開発型企業。
沿革
  • 1900年
    • 松山原造双用犁完成
  • 1901年
    • 単ざん双用犁が特許登録され、本邦における双用犁の元祖となる
  • 1902年
    • 長野県小県郡和村(現東御市)に「専売特許単ざん双用犂製作所」を創立し、犁の製造販売を開始、後年「単ざん双用犁」は松山犂と呼称されたので「松山犂製作所」と改称した
  • 1916年
    • 単ざん双用犁は農機具業界における重要な発明品として、特許権存続期間5カ年延長が許可された
  • 1922年
    • 現在地(上田市塩川)に工場を移転、業務を拡張
  • 1950年
    • 農村有志を中心に「(株)松山犂製作所」に組織変更、資本金250万円(株主数244名)
  • 1959年
    • 中小企業合理化モデル工場に指定された
  • 1962年
    • 「NIPLO」を商標として登録使用開始
  • 1963年
    • 耕耘・砕土同時作業機プラウローターを開発
      創始者松山原造死去、生前の功績により正六位勲四等瑞宝章受章
  • 1965年
    • 乗用トラクタ用ロータリーを開発
  • 1968年
    • 「松山(株)」に社名変更。通商産業省より輸出貢献企業に認定された
  • 1970年
    • 乗用トラクタ用ドライブハローを開発
  • 1974年
    • 松山篤社長は代表取締役会長に、松山徹専務は代表取締役社長に就任
  • 1976年
    • 東京中小企業投資育成(株)より投資をうけ、これらの増資で資本金1億円
      取締役会長松山篤は、発明等の功績により、勲三等瑞宝章受章
  • 1977年
    • 取締役会長松山篤叙勲・創業75周年記念事業挙行
  • 1980年
    • 転作関連各種機械を開発し販売を開始
  • 1982年
    • 松山篤会長喜寿・創業80周年記念事業を挙行
  • 1988年
    • 新事業場建設の資金調達の一部として私募債を発行
      松山篤会長丸子町初の名誉町民となる
  • 1991年
    • 創業90周年
      野菜包装機(オートパック)を開発
      海岸清掃機(ビーチクリーナー)を開発
      新事業場2期工事竣工、本社工場移転
  • 1993年
    • 松山篤会長死去。生前の功績により正五位に叙せられる
      ミニハーベスター(ポテカルゴ)を開発
  • 1995年
    • あぜぬり機を開発した。中小企業研究センター賞全国表彰受賞
      松山徹社長藍綬褒章受賞
  • 2002年
    • 松山徹社長は代表取締役会長に、松山信久専務は代表取締役社長に就任した。
      創業100周年記念事業挙行
  • 2005年
    • エコアクション21認証取得
      松山徹会長死去。永年の産業界・労働界への功労により正六位旭日双光章に叙せられる
  • 2007年
    • 長野県「社員の子育て応援宣言!」企業登録
  • 2013年
    • 本社工場に太陽光発電設備(100kW)を設置。
平均勤続勤務年数 17.4年(2018年12月現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 14.9時間(2018年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 15.4日(2018年実績)

繁忙期はありますが、有給休暇を取りやすい社風です。
GW、夏季、年末年始は会社カレンダーにより連休となります。
(2018年 GW:4連休、夏季:6連休、年末年始:9連休)
前年度の育児休業取得対象者数 33名(うち男性30名、女性3名)(2018年実績)

過去には男性社員の育児休暇取得者もいます。
会社全体で子育てを応援しています。
前年度の育児休業取得者数 3名(うち男性0名、女性3名)(2018年実績)

基本的に元の職場へ復帰します。
働き方に合わせて育児短時間勤務制度も利用しています。

採用データ

取材情報

「全ての農家のために」-それぞれのフィールドで活躍する若き精鋭たち
入社9年目の2人が語る、入社後から現在、そして将来
PHOTO

先輩情報

治工具開発。これがなければ製品はできない
N・M
2004年入社
神奈川大学
工学部機械工学科
製造部 技術科
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒386-0497
長野県上田市塩川5155
担当:総務部総務課 採用担当
TEL:0268-42-7506(直)、0268-42-7500(代)
   080-1017-1234
URL http://www.niplo.co.jp/
E-mail jinji@niplo.co.jp
交通機関 上信越道 東部湯の丸I.C.より車で約20分
しなの鉄道 大屋駅より車で約10分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp65660/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
松山(株)【ニプロ】と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ