最終更新日:2019/5/23

  • 正社員
  • 既卒可

(株)阪神住建

  • 不動産
  • 住宅
  • 不動産(管理)
本社
大阪府
PHOTO

将来カタチとして残せる仕事

田川 貴将
2016年入社
同志社大学
文学部
用地部
事業用地や建物の取得

現在の仕事内容

土地情報を入手するために仲介業者などを、多い時には1日8件ほど訪問します。仕事の話ばかりではなく、雑談や世間話を通じて人間関係を構築します。仲良くなることで様々な情報を得ることが出来ます。

活用出来そうな土地を見つけて上司と共に検討作業をじっくり行い、決定までには1か月程度かかることもあります。その間、役所や法務局などでも様々な情報を集めます。
これらの情報をもとに上司と本格的な検討作業を開始します。

自分で見つけた土地を活用し、将来カタチとして残したいです。


今の仕事のやりがい<うれしかったこと>

入社して間もない頃は取引先の訪問に、常に先輩や上司に同行をお願いしていましたが、上司や先輩との同行を重ねるにつれ、一人で対応できることがどんどん増えてきました。
初めて上司から案件を一人で任せて頂いた時は、責任やプレッシャーを感じましたが、非常に嬉しかったです。


この会社に決めた理由

就職活動当初は、異なる業界を志望していたのですが、たまたま参加した当社の会社説明会で詳細なお話を聞くうちに興味を持つようになりました。
説明された各事業部の責任者の方々が、とても気さくな方で、働きやすい社風を感じることが出来ました。

面接においても、個人的な話を親身に聞いてくださり、飾らずに自分をアピールすることが出来ました。
説明会から選考に進むにつれて、ますますこの会社が好きになり、迷うことなく入社を決めました。


ページTOPへ