最終更新日:2019/6/14

  • 正社員

昭和精工(株)

現在、応募受付を停止しています。

  • 機械
  • 精密機器
  • 金属製品
  • 自動車・自動車部品
  • その他メーカー
本社
神奈川県
資本金
8,000万円
売上高
15億8,400万円(2018年9月実績)
従業員
96名
募集人数
1~5名
  • 業種 機械、精密機器、金属製品、自動車・自動車部品、その他メーカー
  • 本社 神奈川県
  • 資本金 8,000万円
  • 売上高 15億8,400万円(2018年9月実績)
  • 従業員 96名
  • 募集人数 1~5名

弊社は超高精度の金型技術で研究開発型の総合エンジニアリング企業を目指している会社です。

金型はモノづくりの原点。モノ作りは人づくりの原点。 (2019/03/01更新)

この度は弊社の情報をご覧頂きまして
ありがとうございます。


当社は、「ものづくり」の原点である「金型」を作っています。
どんなハイテク製品も人の努力と五感をなくしては産まれません!
だからこそ、なにより働く人を大切にしている会社です。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
先輩は質問、相談などをすると快く色々なことを教えてくれます。

PHOTO

形あるものをつくる際、部品の「型」が必要になる。昭和精工は営業・設計・加工・組立など…多職種の社員によって「型」を世に送り出すモノづくり企業。

<現在の仕事内容について>
 私は生産部 製造課 機械グループに所属しています。
 NC旋盤という、主に円筒状の鋼材を加工する機械で
 加工用のプログラムを作成し、実際にそのプログラムを使って加工も行っています。

<仕事上でのやりがい、喜び、苦労は?>
 高精度・精密加工の業界のため、
 要求精度の高い製品の加工にはとても苦労しますが、
 その分、完成したときには達成感とやりがいを感じます。

<仕事を通じて学んだ点は?>
 「報告・連絡・相談」の大切さです。
 小さな部品一つとっても、自分ひとりではなく沢山の人が加工に携わっています。
 他部署との綿密な連携がないと製品を完成させることはできません。

<社内の雰囲気は?>
 先輩や上司とも冗談を交えた会話ができるくらいとてもフレンドリーな職場です。
 同じ部署の先輩には仕事が終わった後に、よく一緒に食事に連れて行ってもらったりととても可愛がってもらっています。
 
<仕事上での今後の抱負>
 常に変化していく世の中に対応していくため、
 従来の方法や考え方にとらわれず、広い視野をもって挑戦し続けていきたいです。


(生産部 製造課 機械グループ 青木 亜昴/2015年入社)

会社データ

プロフィール

当社は精密塑性加工用フォーミングツール(金型)の専門メーカーです。

創業以来、一貫して各種塑性加工用ツールの開発、設計、製作を行ってきました。
ビール缶のプルトップ成形ツール、CD、DVD関連部品、自動車のミッション部品、ブレーキ部品等、生活関連部品、機能部品の成形ツールをお客様のニーズに合わせ、設計、製作しています。

本社工場は“若者が集う”快適職場を目指し建設された完全空調のクリーンファクトリーです。

事業内容

PHOTO

2014年に、創立60周年を迎えました。

(1)精密プレス金型、精密樹脂金型等、金型の設計製作
(2)精密治工具、自動化機器、専用機の開発、設計製作

詳しい情報はHPからご確認いただけます!
【昭和精工HP http://www.showa-seiko.co.jp/】
本社郵便番号 236-0004
本社所在地 神奈川県横浜市金沢区福浦1-4-2
本社電話番号 045-785-1111
創業 1954年1月
設立 1960年10月10日
資本金 8,000万円
従業員 96名
売上高 15億8,400万円(2018年9月実績)
事業所 本社工場 横浜市金沢区福浦1-4-2
代表者 代表取締役社長 木田 成人
株主構成 主要株主
東京中小企業投資育成(株) 37.5%
主な取引先 (株)IHI、NSKワーナー(株)、オートモーティブエナジーサプライ(株)、東京特種紙業(株)、(株)豊通マシナリー
関連会社 昭和マシンツール(株)、NS FINE TOOL.CO.,Ltd【タイ】
平均年齢 41.5歳
沿革
  • 昭和29年
    • 1月 昭和精工設立、塑性加工の技術研究を開始、
        超硬合金を素材とし線、管、棒、引抜ダイス、プラグを製作
  • 昭和35年
    • 10月 法人改組
         超硬合金を使用しプラグゲージ、リングゲージ等測定   工具を製作
  • 昭和38年
    • 6月 冷間鍛造用超硬ヘッダーダイスを製作
  • 昭和41年
    • 4月 貴金属接点成形用超硬圧延ロールを製作
  • 昭和46年
    • 1月 ファインブランキング法の金型開発
  • 昭和50年
    • 3月 プレス成形用順送型、トランスファー型の開発
  • 昭和57年
    • 4月 M40型ロール成形機開発、上下ロールをカセット化、
         シングル段取り可能に
  • 昭和62年
    • 10月 リレー等貴金属接点用ビット成形機開発
  • 昭和63年
    • 7月 R型貴金属接点用リベット成形自動機開発
  • 平成 2年
    • 9月 フロッピーディスク用ライナー抜き型開発
  • 平成 3年
    • 7月 ベアリングリテイナー同時窓明け金型開発
  • 平成 5年
    • 6月 高精度電子管ケース成形トランスファ金型、ボタン
      電池ケース順送型開発
  • 平成 7年
    • 3月 フランジブランキング用プレスライン開発、ローダフ
      ィーダ、アンローダユニット付き、全自動
      7月 容器成形プレスラインの開発
  • 平成 8年
    • 1月 医療機器用マイクロバリ処理機の開発
  • 平成10年
    • 5月 微細加工技術の開発
      10月 フィルムシート積層ラインの開発
  • 平成13年
    • 1月 ポリマー二次電池集電体箔ロール成形技術の開発
  • 平成14年
    • 8月 フライアイレンズ金型キャビティラッピング自動化技
      術の開発
  • 平成15年
    • 1月 ロール成形ラインの開発
  • 平成16年
    • 10月 ISO9001認証取得
  • 平成17年
    • 2月 超高精度塑性成形技術の開発に着手
  • 平成18年
    • 3月 LAP-UPマシンの開発
      「全国の元気なモノ作り中小企業300社」の1社に選定さ
      れる
      10月 第23回神奈川工業技術開発大賞受賞
  • 平成19年
    • 8月 第2回ものづくり日本大賞優秀賞受賞
  • 平成19~22年
    • 8月「横浜価値組企業」の認定を4回連続で受ける
  • 平成22年
    • 10月 「リチウムイオン電池電極箔のロール成形装置」が
      第27回 神奈川工業技術開発大賞 「奨励賞」を受賞
  • 平成23~24年
    • 8月 「横浜知財みらい企業」の認定を受ける
平均勤続勤務年数 18.2年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 34.0時間(2018年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 4名(うち女性 2名、男性 2名 2018年度実績)
前年度の育児休業取得者数 2名(うち女性 2名 2018年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒236-0004
横浜市金沢区福浦1-4-2
経営総務部 三枝木
TEL:045-785-1111
FAX:045-785-4488
URL http://www.showa-seiko.co.jp/
E-mail recruit@showa-seiko.co.jp
交通機関 JR根岸線新杉田駅から横浜シーサイドライン「産業振興センター駅」下車、徒歩1分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp66012/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
昭和精工(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ