最終更新日:2019/5/31

  • 正社員

(株)日能研

  • 教育
  • 商社(教育関連)
本社
神奈川県
資本金
3,200万円
売上高
84億2,400万円(2018年4月)
社員数
326名(男182名・女144名)2019年1月
募集人数
11~15名
  • 業種 教育、商社(教育関連)
  • 本社 神奈川県
  • 資本金 3,200万円
  • 売上高 84億2,400万円(2018年4月)
  • 社員数 326名(男182名・女144名)2019年1月
  • 募集人数 11~15名

教育を通じて、未来を創る「社会変革集団」でありたい。中学受験合格だけで終わらない――持続可能な社会をつくるための学びを探求し続けています。

「応援します 輝く目を持つ子どもたち」 (2019/05/31更新)

こんにちは、日能研です!アクセスありがとうございます。

日能研の選考ステップは、あなたの持つスキルや経験ではなく「あなた」自身にスポットを当てます。
「自分どんな人なのか、日能研がどんな会社なのか」。
お互いがそれを言葉にして伝え合っていく過程の中で、この先一緒に進んでいくかどうかを決定していく・・・。
そんな作業が、みなさんにとっての就職活動であり、日能研にとっての採用活動である、と考えます。

もちろんこちらからも、日能研がどんな会社なのか、そして日能研スタッフがどんな人たちなのか、充分にお見せしていきます。
ぜひセミナーにご参加ください!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
授業では、一生使い続けるアタマの使い方〈思考技法〉を意識しています。子どもが飲みこむだけの単なる知識伝達ではない、授業の工夫がなされています。
PHOTO
スタッフの勉強会は、企画が必要だと感じたスタッフが主体となり、複数の仲間と一緒に計画・実施をします。どんな人も温かく、フラットにやり取りできる文化があります。

“人”と向き合う仕事だから、出会った子どもの数だけ物語があります。

PHOTO

学習スタッフとして、子どもたちの成長と共にいる小川です。よりよい学びの環境づくりを目指しています。

みなさんは進学塾と聞いて、どのようなイメージをお持ちですか?一口に進学塾といっても、その方針はさまざま。小学生を対象とする日能研では、1クラス25~35人のクラス単位で仲間と共に学ぶことを推進しています。子どもたち一人ひとりに個性があるように、知識の深め方やつなぎ方、考え方も人それぞれ。その“学びの個性”をサポートするために、日能研には教科を教える「モデレーター(教務スタッフ)」のほかに、教科を持たない「学習スタッフ(教室運営スタッフ)」がいます。学習スタッフの仕事は、いわばディレクターの役割。子ども一人ひとりの性格を知るのはもちろんのこと、その子の学び方の特徴やつまずき方までを把握し、モデレーターと一緒に子どもの学びをサポート、促進していきます。

私は入社以来、学習スタッフとして、多くの子ども達の成長を見守ってきました。この仕事のやりがいは、“人”と向き合う仕事であること。中学受験までの長い間には、子ども達はもちろん、その家族にもさまざまな葛藤が生じるものです。けれども、そこを励まし、誠意を持ってサポートをすれば、必ずこちらの気持ちは相手に伝わります。以前、私が受け持った子どもで、国語は得意だけれど、算数が苦手な子がいました。そこで、その子がどういうところでつまずいてしまうのかを算数のモデレーターと見直し、本人や家族と何度も話し合い、サポートをしていきました。結果、その子の成績は伸び、見事合格。卒業するときに手紙をもらったのですが、そこに「小川さんと出会えてよかった。私も小川さんのような人になりたい」と書いてあって、とても嬉しかったですね。この仕事は子ども達を励ましながらも、逆に子ども達の頑張る姿を見て、自分自身が励まされ、成長していきます。また、少し大げさかもしれませんが、これからの日本、そして世界を創っていく人たちの、人生で初めての大きな挑戦に関われることに幸せを感じています。

会社データ

プロフィール

日能研は小学生を対象とする中学受験塾。
子ども達の私立中高への進学を応援しています。

「合格!」
その瞬間の喜びや子ども達の笑顔は、何物にも代えがたいほど輝いています。
けれど「合格」をゴールにして、「終わった!」――と、
子ども達が学び、歩む道を終了してしまうことは、とても悲しいこと。

中学入試を終えることで学習が終了してしまうような教育ではなく、
どんな場面でも未知の事柄とつきあうことができる「持続可能な学力」こそ、
日能研が、そして多くの私立中高一貫校が目指す学びです。

「応援します 輝く目を持つ子どもたち」
日能研のこの言葉は、単なるスローガンに終わることはありません。

まだ誰も経験していない未来を、子ども達はどんな社会にしていくのでしょう。
必要なのは、「未知」に向かい続けるチカラ。
いまはまだ無い新しい学びを模索し、実現し続けてきた日能研。
あなたも、未来を創る学びの担い手になりませんか?

事業内容
◆小学生のための中学受験塾
◆私立・国立中高一貫校への進学支援
 【教室運営/授業・学習支援/教材開発/学習理論研究/情報発信(私立・国立中学校情報、教育環境情報等)/教育関連イベント事業】
本社郵便番号 222-8511
本社所在地 横浜市港北区新横浜2-13-12
(株)日能研 人事チーム 045-475-0519(受付/ 11時~17時)
創業 1953年4月
設立 1973年1月
資本金 3,200万円
社員数 326名(男182名・女144名)2019年1月
売上高 84億2,400万円(2018年4月)
事業所 本部/ 横浜市 港北区
日能研直営教室/ 東京・千葉・神奈川・茨城に51教室、北海道1教室
日能研グループネットワーク/ 全国150教室
沿革
  • 1953年
    • 「菊名小学学習教室(のちの菊名校)」開校
  • 1973年
    • 「(株)日本能率進学研究会」設立
  • 1976年
    • 初代「Nカバン」誕生
  • 1979年
    • 「日能研公開模試」開始
      (受験者1万人を突破)
  • 1984年
    • 高木幹夫 現代表就任
  • 1985年
    • 「第一次CI計画」実施
      「日能研」という社名・Nマーク・
      「シカクいアタマをマルくする」「応援します 輝く目を持つ子どもたち」の企業スローガン確立
  • 1986年
    • 電車内広告「シカクいアタマをマルくする。」シリーズスタート
  • 1987年
    • 「C.S.L(学習評価研究所)」設立
  • 1989年
    • 中学受験情報誌「合格レーダー(現:進学レーダー)」刊行
  • 1991年
    • 日能研卒業生の「OB会」発足
  • 1993年
    • 創立40周年にあたり、社名を「(株)日能研」に変更
  • 1999年
    • 日能研プラネット構想着手
  • 2000年
    • 学習アドバイザー認定制度導入
  • 2002年
    • 書店「ちえの木の実」渋谷にオープン
  • 2005年
    • DI(デジタル・イメージ)採点システム導入
  • 2006年
    • (株)日本エキスパートセキュリティ設立
  • 2008年
    • 日能研創立55周年記念事業スタート
  • 2010年
    • プロフィシエンシーシートブック第3版改訂
  • 2013年
    • 日能研創立60周年
  • 2014年
    • 学童「まなびわらべクラブ」オープン
  • 2018年
    • 日能研創立65周年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 25~30時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 7名(うち女性3名、男性4名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 3名(うち女性3名、男性0名 2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 20%

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒222-8511 横浜市港北区新横浜2-13-12
TEL:045-475-0519 採用チーム(鈴木、國澤)
受付/11~17時
URL http://www.nichinoken.co.jp/
E-mail saiyo@nichinoken.co.jp
交通機関 JR横浜線・横浜市営地下鉄 新横浜駅より徒歩8分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp6639/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)日能研と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ