最終更新日:2019/6/4

  • 正社員

(株)ユタカファーマシー

  • ドラッグストア
  • 調剤薬局
本社
岐阜県
資本金
1億円
売上高
591億5,800万円(2018年3月31日現在)
従業員
3055名
募集人数
51~100名
  • 業種 ドラッグストア、調剤薬局
  • 本社 岐阜県
  • 資本金 1億円
  • 売上高 591億5,800万円(2018年3月31日現在)
  • 従業員 3055名
  • 募集人数 51~100名

スピード選考★地域密着型ドラッグストア。調剤薬局業務、店舗づくり、お薬のご提案、相談への対応など、コミュニケーションを通して健康な日常を支える仕事。

  • 受付締切間近

一般総合職会社説明会追加決定!☆ユタカ人事部採用担当から皆さんへ一言! (2019/05/30更新)

株式会社ユタカファーマシー(富士薬品グループ)採用担当の 齋藤/高木です!
関西中部エリアを中心に195店舗以上を展開する調剤&ドラッグストアです
(愛知21店舗、岐阜43店舗、滋賀55店舗、京都69店舗、大阪・兵庫4店舗等)

お客様の悩みを解決し一人でも多くの方に健康を維持して頂けるように「未病・予防」からのアプローチをしています。
検体測定を実施している薬局もあり、よりお客様目線に立ったカウンセリングも行えます。

■調剤併設店62店舗・調剤単独店23店舗・検体測定室10店舗
■単独調剤薬局との違いについて知りたいなど質問待ってます!
■セルフメディケーション(予防未病業務)を担っていきたい/地域に貢献したい
■6連休取得制度でプライベートも充実!(年2回取得 正社員取得率100%)
■社宅制度で一人暮らしをサポート!(家賃7割を会社負担)
■実は・・・転居を伴う異動は原則ありません。
■研修内容も充実!(集合研修・eラーニング・認定薬剤師取得フォロー )
■化粧品やその他ビューティ商品にも興味がある  等々♪

自分の時間を大事にして仕事とプライベートをユタカで両立してみませんか!
皆様の疑問、質問、要望にお答え致します◎
どんな些細なことでも構いません!お気軽にご連絡下さいね!


^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
■一般総合職会社説明会 追加決定!!!!!

日時:6月12日(水)
時間:1)10:30~12:00
   2)14:00~15:30

ユタカの店舗で働く総合職スタッフについてご紹介します!
・登録販売者
・ビューティスタッフ
・ヘルスケアカウンセラー

職種について詳しく知りたい方、是非ご参加下さい!
詳しくは会社説明予約ページにて★
ご参加お待ちしております!!!
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
薬剤師、店長、ビューティスタッフ、管理栄養士など異なる専門性を備えた社員が連携して働いています。全ての社員が大切にしているのは、お客様に寄り添う為の人間力です。
PHOTO
スタッフ同士が意見を言い合って職場を改善できる風土があります。店舗内だけでなく、本部の社員などと意見交換できる「社員食事会」も開いています。

薬剤師、総合職が語る、それぞれのドラッグユタカでの働きがい。

PHOTO

当社が求めるのは「人間力」。気軽に店舗に立ち寄り、相談や悩みがあった時、真っ先に頭に浮かぶスタッフになってほしい。そうなりたいという気持ちの方に期待しています。

<地域の患者さんから選ばれる薬剤師を目指して>
学生時代、病院や調剤薬局などで実習した中で、いろいろな方が足を運んでくださるドラッグストアが、患者さんとの距離感が一番近い職場だと思いました。今の主な業務は店舗併設の薬局での調剤ですが、OTC商品の提案やお客様の健康相談へのお応えもします。ドラッグストアは、門前薬局とは違い、地域のお客様が気軽にお薬のことを相談できる場所です。薬剤師も調剤の技術だけでなく、「この人にお願いしたい」と思われる存在にならないといけない。以前、お持ちいただいた処方せんに疑問があり、こちらから「病院に確認したい」とお願いした患者さんがいました。時間がかかることに抵抗を示されましたが、100%大丈夫だと確信して薬をお渡しするために、説明してご理解いただきました。ドクターに相談した結果、薬の内容は少し変わり、患者さんには「助かったよ。ありがとう」と感謝してもらえたんです。コミュニケーションを通して、地域の患者さんと信頼関係を築けるのは、ドラッグストアの薬剤師の仕事の面白さですね。(薬剤師 大辻あかね/2015年入社)


<店舗づくりの面白さ、健康を支える責任感。ふたつのやりがい>
就職活動では、たくさんの方と接することができるサービス業界を志望していました。ユタカファーマシーに惹かれたのは、面接や店舗見学で働く人の良さを感じたから。実際入社すると、チームワークが良くて働きやすい職場です。ドラッグストアの仕事には、ふたつのやりがいがあります。ひとつは、総合職の主な役割の店舗づくり。お店ごとに客層は様々。売り場の広さなどの環境も異なります。お客様にとって、見栄えが良く、買いやすい陳列を考えたり、売れ筋商品のコーナーを作ったり、試行錯誤を繰り返しています。店舗を任される立場として、前年度を超える売上を残せた時は嬉しいですね。もうひとつは、薬の提案でお客様の役に立てること。「この前教えてもらった風邪薬よく効いたよ。ありがとう」といった言葉をかけていただいたこともあります。薬剤の知識はほぼゼロでしたが、入社前の学習プログラムが整っており、店舗でも店長や薬剤師さんが丁寧に教えてくれます。だんだんひとりでお客様に応え、提案できるようになっていく。健康に関わる責任ある仕事をきちんと果たせるように、もっと知識と経験を積んでいきたいです。(総合職 小川晃平/2017年入社)

会社データ

プロフィール

関西中部(愛知・岐阜・京都・滋賀・大阪)を中心に
「ユタカ調剤薬局」「ドラッグユタカ」全195店舗以上を展開中。

健康と美容をテーマに地域の「トータルヘルスケアステーション」を目指し、
地域の皆様と深くつながる様々な取組を進めています。

地域に密着するからこそ見える一人ひとりのお客様の姿に対し、薬剤師・医療事務・管理栄養士・ビューティスタッフ・登録販売者等の専任スタッフの総力を結集したパーソナルケアを実践。

ユタカファーマシーが目指すのは「地域シェアNo.1」
「健康」「生活」「美容」の向上を実現するには、
地域のお客様と近く濃い密度でサポートする体制づくりが重要です。 処方箋がなくても気軽に来店できるドラッグストアは、セルフメディケーションを最前線で担える場所です。

当社は今までも、これからも、
徹底的に地域に特化した店舗展開を進め、
一人ひとりのお客様に、より濃い接点を持って、
幅広いサービスを提供していきます。

事業内容

PHOTO

お客様向けイベントを毎年開催しております。イベントの目玉は【薬剤師による血液検査】。イベントを通じて地域の方々の健康を応援することも大事な使命です。

◆保険調剤薬局(ユタカ調剤薬局)
◆ドラッグストア(ドラッグユタカ)
◆介護施設支援事業
本社郵便番号 503-0015
本社所在地 岐阜県大垣市林町10丁目1339番地1
本社電話番号 0584-83-7335(人事直通)
創業 1979(昭和54)年5月
設立 1989(平成元)年5月
資本金 1億円
従業員 3055名
売上高 591億5,800万円(2018年3月31日現在)
事業所 ◆「本社」 岐阜県大垣市

◆「店舗」
  愛知県:合計21店舗
  岐阜県:合計44店舗
  京都府:合計69店舗
  滋賀県:合計54店舗
  大阪府:合計3店舗
  兵庫県:合計1店舗
  奈良県:合計1店舗
  福井県:合計2店舗
      
  全195店舗
売上高推移 485億8,300万円(2010年3月)
501億1,800万円(2011年3月)
511億1,900万円(2012年3月)
526億1,300万円(2013年3月)
575億6,200万円(2014年3月)
513億9,400万円(2015年3月)
544億9,200万円(2016年3月)
559億2,900万円(2017年3月)
591億5,800万円(2018年3月)
平均年齢 37歳1ヶ月
平均勤続年数 7.9年(正社員)
沿革
  • 1989年
    • 高木裕が岐阜県大垣市に「ユタカファーマシー」を個人創業
  • 1989年
    • 創業者 高木 裕が、(株)ユタカファーマシー設立
      「ドラッグユタカ養老店」開店
  • 1994年
    • 滋賀県に進出
  • 1995年
    • 岐阜県大垣市昼飯町498番地の1に本社移転
  • 1997年
    • 専門調剤薬局1号店として「ユタカ調剤薬局山手」を開局
      京都府に進出
      福井県に進出
  • 2000年
    • 愛知県に進出
  • 2001年
    • DI室(ドラッグ・インフォメーション室)を設置
      岐阜県大垣市林町十丁目1339番地1に本社移転
      ドラッグユタカポイントカードサービスを導入
  • 2002年
    • 奈良県に進出
      携帯メールサービス「ユタカメール倶楽部」を開始
      大阪府に進出
  • 2003年
    • 大規模在庫型物流センター(ウェルネッセ流通センターRDC中部)を開設
  • 2004年
    • (株)富士薬品と業務資本提携締結
      京都南部都市広域行政圏推進協議会と「災害発生時における物資供給に関する協定」を締結
  • 2005年
    • 薬・健康食品・化粧品・ベビー・生活用品の情報BOOK「ドラッグストアQ&A」発刊
      新コーポレートアイデンティティー(C.I)のトレードマーク変更
  • 2007年
    • 大垣市及び西濃4町と「災害時における徒歩帰宅者支援に関する協定」を順次締結
      大垣市及び岐阜県内9町と「災害時における生活必需物資の供給に関する協定」を順次締結
  • 2008年
    • 彦根市及び滋賀県内3市町と「災害時における生活必需物資の供給に関する協定」を順次締結
      関西広域機構及び愛知県と「災害時における徒歩帰宅者支援に関する協定」を順次締結
  • 2009年
    • 介護施設支援事業を開始
  • 2010年
    • 新規事業開拓のため、100%出資子会社として「(株)ハイウッドコーポレーション」を設立
  • 2011年
    • 京都府10市町村と「災害発生時における物資の供給に関する協定」を締結
      薬・健康食品・化粧品・ベビー・生活用品の情報BOOK「ドラッグストアQ&A part2」発行
      羽田洋行が代表取締役社長に就任
  • 2012年
    • 全店にAED(自動体外式除細動器)導入
      当社独自のポイントシステムを廃止し、共通ポイントサービス「Tポイント」を導入
  • 2013年
    • 創業家の株式譲渡により、(株)富士薬品の子会社となる
  • 2010年
    • 100%出資子会社の(株)ハイウッドコーポレーションの社名を、「(株)B-Wellコーポレーション」に変更
      ドラッグユタカ全店にて、電子マネーサービス「Tマネー」を日本全国で初めてサービス展開開始
  • 2016年
    • (株)東海セイムス(三重県松坂市)との間で地域戦略の明確化と経営の効率化を目的とした店舗譲渡を実施
  • 2018年
    • 浅井家康が代表取締役に就任
      株式会社日栄より調剤薬局13店舗の譲渡を受ける
平均勤続勤務年数 平均勤続年数7.9年(2017年度正社員実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 5.0時間(2017年度正社員実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7日(2017年正社員実施)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒503-0015
岐阜県大垣市林町10丁目1339番地1
<採用担当>
人事部 人事・労務課
担当:齋藤・高木
TEL:0584-83-7335
URL ■ユタカ採用ホームページ
https://www.d-yutaka.co.jp/recruit/

■ユタカファーマシーホームページ
http://www.d-yutaka.co.jp
E-mail m-saitou@d-yutaka.co.jp
交通機関 JR大垣駅北口より徒歩12分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp66911/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ユタカファーマシーと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)ユタカファーマシーを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ