最終更新日:2019/10/28

  • 正社員
  • 上場企業

(株)東祥(ホリデイスポーツクラブ)【東証・名証一部上場】

現在、応募受付を停止しています。

  • フィットネスクラブ
  • 不動産
  • ホテル・旅館
  • 信託銀行・投資銀行・投資信託委託
本社
東京都、愛知県
PHOTO

私自身を変えてくれたホリデイだからこそ、就職を決意しました

村神 匠
2013年入社
29歳
名古屋大学
工学部 電気電子・情報工学科
ホリデイスポーツクラブ福山
店舗運営スタッフ(担当)

この会社に入社を決めた理由

一番の理由は、自分自身がホリデイに出会って人生を変えられたうちの一人だったからです。
きっかけは、学生時代にホリデイの会員になった事でした。
最初はトレーニングがしたくて入会したのですが、初めて利用した日に一番簡単なエアロビクスがあり、スタッフから勧誘されて参加してみたのです。
インストラクターが楽しそうにしてすごい盛り上げてくれ、「何これ、楽しい!」と思ったらそのままハマってしまいました。
そして、いざ就職活動をする時期になり、どんな仕事がしたいんだろうと考えた時、楽しそうに働いていたインストラクターの姿を思い出したのです。
学生時代に学んでいたこととは全く関係がない業界業種でしたが、ものは試し!と企業について就職情報サイトで調べてみました。
そこには、「人の人生を変える」という言葉があり、私もホリデイに通い始めて随分と生活が変わったことに気付いたのです。
幅広い年代の友人もでき、毎日が楽しくて、ホリデイを始めていなければきっと今の自分はいないなぁと。その理念に共感し、自分を変えてくれたホリデイの人みたいになりたいと思いました。
それから大幅に人生の予定を変更して今に至ります!


この仕事を誇りに思うこと

自分自身もそうだったからですが、やはり「人の人生を変える」ことが出来る点だと思います。
ホリデイに来る方で、運動が大好きで健康に自信がある人は少ないと思います。
運動なんてほとんどしたことがなくて、何かしら自分のカラダや生活に不安を抱えている方が多いと感じます。
しかし、入会するときは不安そうにしていた人が、1ヶ月後にジムで会ったらとても笑顔で元気そうなんです。
「通い始めてよかった!」、「楽しくて毎日来てるよ!」、「ここに来て○○kg痩せた!」と言ってくれる人がすぐそこにいるのです。
誰かが元気になるお手伝いができる、目の前にいる人の人生を変えられる仕事は中々無いと思います。
これからの時代、社会の高齢化が進み、ずっと健康でいたいと考える人がどんどん増えていきます。
そんな多くの人に求められるこの仕事を、私は誇りに思います!


このような方がこの仕事に向いています

「何事もチャレンジしてみようと思う人」ではないでしょうか。
店舗運営という仕事となりますが、エアロビクスなどのグループエクササイズのように人前に立つ機会もあれば、パソコンを使っての資料作成など地道なデスクワークもあります。
店舗自体が一つの小さな会社といった感じで、その中にさまざまな業務があります。
個人によって適性はあると思いますが、何の業務が向いているかなんてやってみなければ分かりません。
もちろん、チャレンジしてみて上手くいかないこともたくさんありますが、その時はその時です。
時間を掛けて努力するのはもちろんだと思いますが、本当に無理だったらきっと自分より向いている人が近くにいます。
その人に頼めばいいのです。
重要なのは、まずはどんな仕事かを知るためにチャレンジすること!「やりたい」と言えばやらせてくれるのがホリデイです。
その気持ちがあれば、多少の向き不向きは乗り越えて行けると思います!


就職活動のアドバイス

皆さんが就職活動をする理由は何でしょうか?もっと簡単に言えば、なぜ働くのでしょうか?お金を稼いで生活するためという方も多いのでしょうが、それだけでは働く事が楽しくないと思います。
楽しく働くには、その仕事に「やりがい」を感じるかが重要です。
「やりがい」があれば辛い事があっても耐えられますし、終わった後に頑張ってよかったと思えます。
世の中には色々な仕事があって、時間も内容も、給料だって違います。
その中で、自分が「やりがい」を感じるのはどんな時なのかを思い出してください。
誰かが笑ってくれるのを見る時に感じる人もいれば、手間暇かけて何かを創り上げる時に感じる人もいます。
いつやりがいを感じるか分かれば、自分が何を基準に仕事を選ぶかが決まると思います。
あとはその選んだ仕事をするにはどうすればいいのかを考えていけば、就職活動でもぶれずに、妥協せずに進んでいけると思います。
時には運命的な出会いをして方向転換してしまう事もありますが、それもまた就職活動の醍醐味です。
ホリデイには「やりがい」を感じる瞬間が溢れています。皆さんが感じる瞬間と、重なるものもきっとあると思います。


ページTOPへ