最終更新日:2018/10/3

  • 上場企業

竹本容器(株)【東証一部上場】

  • 化学
  • その他メーカー
本社
東京都
資本金
8億314万4,725円
売上高
【単体】110億18百万円(2017年12月実績) 【連結】142億1百万円(2017年12月実績)
従業員
361名 グループ総数 933名(2017年12月末現在)
  • 業種 化学、その他メーカー
  • 本社 東京都
  • 資本金 8億314万4,725円
  • 売上高 【単体】110億18百万円(2017年12月実績) 【連結】142億1百万円(2017年12月実績)
  • 従業員 361名 グループ総数 933名(2017年12月末現在)

チャレンジ精神に満ちた パッケージソリューション・プロバイダー

会社紹介記事

PHOTO
「スタンダードボトル」というビジネスモデルを創造。さらにカスタマイズの概念による差別化を実現。
PHOTO
一人ひとりの高いスキルと熱いチャレンジ精神が会社の成長に欠かせないエネルギーの源に。

「開発力」「技術力」「生産力」を活かし世界の器文化に貢献します

PHOTO

ボトルパッケージングメーカーとしての65年の足跡。限りない成長への挑戦は、さらに未来に続きます。

当社は化粧品、食品、医薬品向けなどにスタンダードボトル(自社で容器の 企画、設計を行い、金型を自社所有している容器)を製造販売している会社 です。

1950年の創業以来、65年以上にわたり、常に新しい課題に挑戦し、成長を遂げてきました。1960年に東京・浅草の合羽橋道具街にガラス容器の販売店舗を開設。やがて時代のニーズにあわせた当社独自のプラスチック製の容器を開発し販売を始めました。その後、1980年代には販売だけでなく製造にも着手し、日本各地に製造拠点を広げてきました。1996年には、初の海外拠点となる中国・上海にオフィスを開設し、それを皮切りに米国、タイ、オランダ、インドに進出。

たゆまぬ努力と挑戦、それを支える優秀な人材によって、「スタンダードボトル」メーカーとしての地位を確立することができました。

そうした成果が実り、2014年には東京証券取引所市場第二部に、2017年には同市場一部に上場を果たしました。さらに、現在は米国とヨーロッパでの販売戦略をさらに拡大しており、新しい市場の開拓を進め、同時に成長著しいアジアでも、製造およびマーケティングの拡大と改善に努めています。

日本の「開発力」と創造性、優れた品質を武器に、これまで以上に世界に目を向けたビジネス領域を拡大を目指しています。ボトルパッケージングメーカーとして、常に技術力と、デザイン開発力を高めながら、お客様とエンドユーザーの期待に応えていきます。

会社データ

事業内容

PHOTO

多様化・高度化するニーズに応えながら、日本の研究開発力と創造性を世界へ。

事業内容/プラスチック製等の包装容器の製造及び販売

当社は化粧品、食品、医薬品向けなどにスタンダードボトル(自社で容器の 企画、設計を行い、金型を自社所有している容器)を製造販売している会社 です。

消費者ニーズの多様化による多品種少量生産やニッチ市場など、急速に変化するビジネス環境の中で、容器を使われるお客様は大きな課題を抱えています。かつてのように新商品のために専用の容器をゼロから作っていたのでは、多くの時間と多額な開発費を要し、商品の短いライフサイクルに対応することができません。
お客様による容器の金型開発の時間をいかに短縮し、固定費を削減するか。こうした要望に応えて導入したのが、当社オリジナルの企画・製造による「スタンダードボトル」というビジネスモデル。お客様は、用意された金型の中から、製品の価値と個性を高める容器の形状を選択。さらに容器カラーやキャップ/ディスペンサー、ラベル、さらには印刷によってカスタマイズすることで、ブランドにふさわしい独自の容器を手にすることが可能になります。

当社のビジネスモデルを今後も継続して発展させていくためには、優秀な人材が必要不可欠です。当社には、経営企画、人事・総務、会計・経理、購買、物流、情報システムなどの管理部門をはじめ、製品企画、製品・金型設計、生産管理、品質管理、生産技術・システム、保守管理などの製造部門、そして営業、広報、市場調査などの営業・マーケティング部門があり、それぞれの領域で高いレベルの専門知識と様々なバックグラウンドを持った社員が、思いを一つにして共に仕事をすることで事業を支えています。

当社では、互いを尊敬し、「共に育み、共に成長する」雰囲気の中で、社員すべてが輝いています。この尊敬の念は、私たちがお客様や広く社会にどう向き合うかにも関係しているのは言うまでもありません。当社は常々、伝統的な文化の担い手であると同時に、未来の文化の革新者でもありたいと願っており、そうしたプライドと心がけが当社で共に働くすべての社員のモチベーションになっています。
本社郵便番号 111-0036
本社所在地 東京都台東区松が谷2-21-5
本社電話番号 03-3845-6107
創 業 1950(昭和25)年
設 立 1953(昭和28)年
資本金 8億314万4,725円
従業員 361名 グループ総数 933名(2017年12月末現在)
売上高 【単体】110億18百万円(2017年12月実績)
【連結】142億1百万円(2017年12月実績)
業績推移  決算期    売上高       経常利益
―――――――――――――――――――――――
2012年12月   96億5,455万円   6億 869万円
2013年12月  100億1,710万円  8億1,368万円
2014年12月  110億6,200万円  8億7,999万円
2015年12月  122億2,116万円  12億7,593万円
2016年12月  127億9,915万円  12億7,960万円
2017年12月  142億0,105万円  14億4,000万円
(グループ連結)
代表者 代表取締役社長 竹本 笑子(たけもと えみこ)
事業内容 プラスチック製等の包装容器の製造及び販売
製造販売する容器の用途 ・化粧品向け容器
・食品向け容器
・日用・雑貨向け容器
・医薬品向け容器   等
主な取引先 国内化粧品・ヘアケア品メーカーのほか、日用・雑貨品メーカー、健康食品メーカーが取引先です。日本、中国を中心とした2017年の取引先は約4,500社でした。
事業所 ■結城事業所 (茨城県結城市)
■吉川事業所 (埼玉県吉川市)
■ジェイ・トム事業所 (富山県新川郡立山町)
■ジェイ・プラ事業所 (北海道旭川市)
■プラスコ事業所 (北海道空知郡上富良野町)
■岡山事業所 (岡山県勝田郡奈義町)
営業所 ■本社 (東京都台東区)
■合羽橋ショールーム (東京都台東区)
■大阪営業所・ショールーム (大阪府大阪市西区)
■福岡営業所・ショールーム (福岡県福岡市中央区)
■名古屋営業所・ショールーム (愛知県名古屋市中区)
■北海道営業所(北海道旭川市)
関連会社 ■(株)共栄プラスコ
■上海竹本容器包装有限公司(中国)
■竹本容器(昆山)有限公司(中国)
■TAKEMOTO PACKAGING INC.(アメリカ)
■Takemoto Netherlands B.V. (オランダ)
■TAKEMOTO PACKAGING(THAILAND)CO., LTD. (タイ)
■TAKEMOTO YOHKI INDIA PRIVATE LIMITED (インド)
沿革
  • 1950年
    • 創業
  • 1953年
    • 竹本容器(株)設立
  • 1989年
    • 結城事業所第一期工事竣工
  • 1990年
    • 結城事業所第二期工事竣工
  • 1992年
    • 結城事業所第三期工事竣工
  • 1996年
    • 上海竹本容器包装有限公司を中国上海に設立
  • 1997年
    • (株)ジェイ・プラを北海道旭川市に設立
  • 1998年
    • 結城事業所第四期工事竣工
  • 1999年
    • (株)共栄プラスコを設立
  • 2003年
    • 吉川事業所開設(コンパウンティング事業)
  • 2004年
    • 竹本容器(昆山)有限公司を中国昆山に設立
  • 2005年
    • TAKEMOTO PACKAGING IVC.を米国に設立
      (株)ジェイ・トムを富山県富山市に設立
      台東区松が谷に新本社ビル竣工
  • 2009年
    • (株)ジェイ・トムを合併 ジェイ・トム事業所を新設
      (株)プラスコを北海道空知郡上富良野町に設立
  • 2010年
    • 竹本容器(昆山)有限公司第二期工事竣工
  • 2011年
    • 大阪ブロー成型(株)を大阪府大阪市に設立
      大阪ブロー成型(株)を合併 大阪ブロー工場を新設
  • 2012年
    • 北海道営業所開設
  • 2013年
    • タイ駐在員事務所開設
      (株)ジェイ・プラを合併 ジェイ・プラ事業所を新設
      (株)プラスコを合併 プラスコ事業所を新設
  • 2014年
    • 東京証券取引所市場第二部に上場
  • 2015年
    • ジェイ・トム事業所を富山県中新川郡立山町に移転
      Takemoto Netherlands B.V.をオランダに設立
  • 2016年
    • 結城事業所第五期工事(印刷棟)竣工し、結城印刷所を結城事業所に統合
      タイ駐在員 事務所を廃止、TAKEMOTO PACKAGING (THAILAND)CO., LTDを設立
      TAKEMOTOYOHKI INDIA PRIV ATE LI MITED をインド に設立
      大阪ブロー工場を移転し岡山事業所を岡山県勝田郡奈義町に新設
  • 2017年
    • 結城事業所の食品用プラスチック包装容器の製造(印刷製品は除く)がFSSC22000の認証を取得
      6月に東京証券取引所市場第一部に上場
平均勤続勤務年数 10.8年
月平均所定外労働時間(前年度実績) 16.7時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10.8日
前年度の育児休業取得対象者数 女性/4名
男性/10名
前年度の育児休業取得者数 女性/4名
男性/0名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 役 員/22.2%
管理職/7.6%

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

竹本容器(株)【東証一部上場】と業種や本社が同じ企業を探す。
竹本容器(株)【東証一部上場】を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ