最終更新日:2019/3/1

  • 正社員
  • 上場企業

東京センチュリー(株)

  • リース・レンタル
  • その他金融
本社
東京都
資本金
342億円
売上高
1兆122億円(2018年3月末現在/連結)、4,828億円(2018年3月末現在/単体)
従業員
6,035名(2018年3月末現在/連結)、1,016名(2018年3月末現在/単体)
募集人数
11~15名
  • 業種 リース・レンタル、その他金融
  • 本社 東京都
  • 資本金 342億円
  • 売上高 1兆122億円(2018年3月末現在/連結)、4,828億円(2018年3月末現在/単体)
  • 従業員 6,035名(2018年3月末現在/連結)、1,016名(2018年3月末現在/単体)
  • 募集人数 11~15名

金融・商社等各分野におけるトップクラスの企業が出資する金融・サービス企業です。

【総合職】各種会社説明会についてはマイページよりご確認ください! (2019/03/01更新)

■□■【採用・研修グループより】■□■
東京センチュリーは、国内約25,000社の顧客基盤を有し、強みとする情報関連機器を筆頭に業界トップクラスの国内リース事業分野、船舶、航空機、環境・エネルギー、不動産、医療・福祉などのスペシャルティ事業分野、また法人・個人向けオートリースにレンタカーを加えた業界屈指の国内オート事業分野、さらに欧米をはじめ、東アジアからアセアンと業界有数の海外ネットワークをもつ国際事業分野と、広範な事業を展開しています。

当社では「今までの考え方に固執することなく、新しい事に積極的に取り組もうとするチャレンジ精神」、「お客さまの発展とともに、自らもたえず成長し続けようとする向上心」、そんな強い気持ちを持った人材を求めています。

≪採用ホームページ≫https://www.tokyocentury.co.jp/
≪コーポレートホームページ≫https://www.tokyocentury.co.jp/

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
国内外のスタッフと連絡を取り合い、億単位の資金を動かす醍醐味を実感できます。入社年次にかかわらず、大きな仕事にもチャレンジできます。
PHOTO
当社は、金融・サービス企業として、お客さまの成長と発展をリードします。

企業のファイナンス面を、あらゆる角度から総合的にサポートしています。

PHOTO

当社のオフィスは、ITの街として変貌をとげる秋葉原の中心地にあります。スタイリッシュなオフィスからは、東京の街並みを一望できます。

■金融・サービス企業として積極的に事業を展開
東京センチュリーは大手有力企業を大株主に持つ金融・サービス企業として、リースに留まらず、企業のあらゆる資金ニーズに対し、総合的なファイナンスサポートを行っています。
リースだけに留まらないのが当社の金融サービスの特長です。
企業の設備投資をダイレクトに支援する「リース」とバランスシートの改善や効率的な資金活用を促す「ファイナンス」、加えて資産管理やビジネスマッチング等のサービスを組み合わせることで、お客さまのニーズ・期待に応えています。
また当社では、新たなリース商品の開発やリース対象となる物件の更なる拡充、独自のノウハウに基づいてお客さまごとによりよい経営資源の活用を実現する企画提案力、そして金融・会計・税務などに関する高い専門性に強みを持っており、当社独自の視点からお客さまの積極的な経営サポートを実現しています。


■海外ビジネスの拡大。舞台は日本から世界へ!
1972年の香港現地法人設立を皮切りに、シンガポール・ニューヨーク・イギリスへと海外へも展開しています。近年では、アジアの経済成長に合わせて中国・ASEAN地域へ進出し、中国・台湾・タイ・マレーシア・インドネシアが加わりました。2013年には中国・上海に日系企業として初のファクタリング会社、2014年には中国の蘇州にオートリース会社を設立。海外に進出するお客さまにも様々なファイナンスサービスを提供できる体制を整えています。2019年現在では海外37カ国の充実した海外ネットワークを活かし、日系企業の海外展開をサポートすると同時に、進出した地域の現地企業向けにもさまざまなファイナンスサービスを提供しています。
今後も更に世界中にネットワークを広げ、それぞれの国ごとの専門性とノウハウを積み重ね、海外におけるビジネス展開や海外子会社の設立などといったさまざまな経営課題に寄り添い、積極的な事業展開を図るお客さまのニーズに応えていきたいと考えています。

会社データ

プロフィール

その挑戦に、力を。
『金融×サービス×事業』の新領域へ。

日本にリース業が新しい金融システムとして誕生しておよそ50年。お客さまが必要とする機器・設備を当社が購入し、お客さまに賃貸する「リース」は「設備投資」の一手段として浸透してきました。そのリース業の誕生当初から事業を展開してきた東京センチュリーは、世の中の動きに合わせて形を変えながら成長してきました。そして今、さらに多様化するお客さまのニーズに対応するため、リースを通して培った「物」と「ファイナンス」に関するノウハウを結集させて、多彩なサービスによる多面的なサポート、それぞれのサービスを組み合わせながらお客さまの悩みを解決するソリューションを私たちは提供します。

事業内容

PHOTO

■金融・サービス企業
官公庁や法人向けに、情報関連機器、通信機器、各種機械設備、輸送用機器の賃貸・割賦販売事業、ファイナンス事業、各事業に関連するサービス等の事業を展開しています。
※リース物件例
【情報通信】 パソコン、サーバー、ソフトウェア、放送装置、通信設備等
【産業機械】 チップマウンタ、食品加工機械、印刷機等
【工作機械】 NC旋盤、フライス盤、マシニングセンター等
【輸送機器】 フォークリフト、ゴルフカート、トーイングトラクター等
【医療機器】 レントゲン装置、CTスキャン、AED、MRI、内視鏡装置等
【商業機器】 調理装置、レジ、冷凍・冷蔵庫、ショーケース等
【事務機器】 コピー、シュレッダー、FAX等
【土木建設機械】 ボーリングマシン、ブルドーザー、建設用クレーン等
【その他】  理化学機械、自動改札機、ATM、両替機等
本社郵便番号 101-0022
本社所在地 東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフトビル
本社電話番号 0120-099117
設立 1969年7月
資本金 342億円
従業員 6,035名(2018年3月末現在/連結)、1,016名(2018年3月末現在/単体)
売上高 1兆122億円(2018年3月末現在/連結)、4,828億円(2018年3月末現在/単体)
事業所 本社および全国の各事業所
【国内】本社(秋葉原)、札幌、仙台、さいたま、御徒町、横浜、静岡、名古屋、金沢、京都、大阪、神戸、岡山、広島、福岡
海外現地法人 【海外】米国、英国、ドイツ、スペイン、オーストリア、ベルギー、チェコ、フランス、アイルランド、イタリア、オランダ、ノルウェー、スウェーデン、スイス、ポーランド、スロバキア、中国、台湾、インド、シンガポール、マレーシア、タイ、インドネシア、フィリピン、カナダ、メキシコ、コスタリカ、ドミニカ、エルサルバドル、グアテマラ、ホンジュラス、ニカラグア、パナマ、プエルトリコ、ブラジル、コロンビア、ペルー、計37カ国
株式上場 東京証券取引所第一部
主要株主 ・伊藤忠商事(株) 25.3%
・日本土地建物(株) 14.9%
・ケイ・エス・オー(株) 9.8%
・日本トラスティ・サービス信託銀行(株)(信託口) 6.1%
・(株)みずほ銀行 4.4%
・日本マスタートラスト信託銀行(株)(信託口) 2.2%
・清和綜合建物(株) 2.2%
・日本生命保険相互(株) 2.1%
・みずほ信託銀行(株) 退職給付信託 オリエントコーポレーション口再信託受託者 資産管理サービス信託銀行(株) 1.8%
・(株)ユウシュウ建物 1.6%
売上高推移(連結) 2016年3月期 … 9,404億円
2017年3月期 … 9,761億円
2018年3月期 … 1兆122億円
関連会社 日本カーソリューションズ(株)
ニッポンレンタカーサービス(株)
(株)オリコオートリース
(株)IHIファイナンスサポート
富士通リース(株)
エス・ディー・エル(株) ほか
沿革
  • 2009年
    • ・旧センチュリーリーシング・システム(株)と旧東京リース(株)が合併し、東京センチュリーリース(株)発足
      ・TCビジネスサービス(株)発足
  • 2010年
    • ・(株)IHIファイナンスサポート連結子会社化
      ・TCエージェンシー(株)発足
      ・TCビジネス・エキスパーツ(株)設立
  • 2011年
    • ・インドネシアに現地法人を設立
      ・ニッポンレンタカーサービス(株)を連結子会社化
      ・TCIファイナンス(株)設立連結子会社化
      ・TCプロパティーソリューションズ(株)設立
  • 2012年
    • ・ジェットスター・ジャパン(株)へ出資
      ・京セラTCLソーラー合同会社を設立
      ・GA Telesis, LLCへ出資
  • 2013年
    • ・中国にファクタリング専門会社を設立
      ・日本カーソリューションズ(株)と旧東京オートリース(株)が合併
      ・アイルランドに航空機リース関連会社を設立
  • 2014年
    • ・航空機ビジネスのグローバルリーダーであるCIT社と米国およびアイルランドに合弁会社を設立
  • 2015年
    • ・米国の大手独立系リース会社であるCSI Leasing, Inc. を持分法適用関連会社に
  • 2016年
    • ・東京センチュリーリース(株)から東京センチュリー(株)に社名変更
  • 2017年
    • ・米国の大手航空機リース会社Aviation Capital Group LLCを当社の持分法適用関連会社に
  • 2018年
    • ・神鋼不動産(株)を連結子会社化
      ・(株)アマダリースを連結子会社化
平均勤続勤務年数 16.8年(2018年度)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 8.3時間(2018年度)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 14.7日(2018年度)
前年度の育児休業取得対象者数 35名(女性13名、男性22名 2018年度)
前年度の育児休業取得者数 35名(うち女性13名、男性22名 2018年度)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 7.2% 女性管理職(34名、2019年3月末時点)
2.4% 女性役員 (1名、2019年3月末時点)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 人事部 採用・研修グループ
〒101-0022
東京都千代田区神田練塀町3 富士ソフトビル
フリーダイヤル:0120-099117
URL 【採用ホームページ】
https://www.tokyocentury.co.jp/
E-mail tc-recruiting@tokyocentury.co.jp
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp6776/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
東京センチュリー(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
【有力企業グループ特集】伊藤忠グループ

ページTOPへ