最終更新日:2020/2/14

  • 正社員
  • 既卒可

(株)菅原

現在、応募受付を停止しています。

  • 商社(機械・プラント・環境)
  • 設備工事
  • 商社(電子・電気機器)
本社
東京都、福岡県

技術商社の仕事の奥深さを実感しながら成長し、お客様を通じて社会に貢献

PHOTO

仕事の醍醐味を若手社員にインタビュー

久保田 修一  
鉄鋼営業本部 東京営業部
2008年入社
田崎 健太
化学営業本部 2グループ
2014年入社

中堅社員に成長した鉄鋼部門の社員、新人の化学部門の社員。2人の仕事を通じた成長する姿で、菅原の仕事の面白さ、やりがいを知っていただきます。

先輩社員紹介

落ち着いた語り口で、責任と仕事やりがいの大きさを語る久保田さん。創業以来の伝統の鉄鋼部門を担当してます。
仕事に対して、常に真剣に取り組む田崎さん。覚えることはたくさんあると語りながら、着実にステップアップを続けています。
部門は違っていても、ビジネスパーソンの先輩として、適切なアドバイスをします。ヨコの連携が良いのも菅原の特徴です。

顧客の立場に立ち大型商談をまとめ、仕事の醍醐味を味わう

大学では生物工学を学び、いったん地元、北海道で公務員になりました。その後、民間企業で働きたいと考えて退職、改めて就職活動をしました。B to Bの仕事で、優良企業という軸で会社探しをして浮かび上がってきたのが菅原でした。お客様との付き合いを大切にしていて、しかも自己成長ができる「場」があるということに魅力を感じ、入社を決めました。
配属されたのは、鉄鋼営業本部 東京営業部でした。東京営業部は当社の創業以来のお客さまを担当し、大きな設備契約を行っています。これまで日立に出向し、メーカーの社員として鉄鋼メーカーとのお付き合いも経験しました。また、名古屋での勤務も経験するなど、短期間にいろいろな経験をさせてもらいました。

特に印象に残っているのは、出向していたときの出来事です。お客様の設備にトラブルがあり、設備立ち上げのため工場の方々と、われわれ営業も一丸となって頑張り、早期の復旧ができたことです。「ここまで心を一つにして取り組めば、困難も乗り越えられるんだ!」ということを実感できました。

こうした数々の経験を経て、8年目を迎えた現在、さまざまな商談案件を任せてもらえるようになりました。営業活動で心がけているのは、“お客様のために”。またお客様だけでなく、メーカーの立場に立って考えることも必要です。こうしてよく考えれば、スペック、納期、コスト、いずれも、最善の結論を導けると考えています。
鉄鋼部門は、当社創業以来の伝統の部門です。それだけに責任の大きさも感じますが、日々、充分なやりがいがあります。
(久保田 修一さん)

経験豊富な先輩の指導の下、着実に成長し続ける

法学部出身の私は、最初は公務員や金融業界を中心に就職活動を行っていました。その後、業界を広げ商社を探しているとき、菅原の存在を知りました。そこで、会社説明会に参加すると、当社が社会インフラを支えている企業であることが分かり、「自分もこの業界で社会貢献してみたい!」と考え、入社を決めました。また、大手メーカーである日立特約店であることも大きな魅力でした。

入社後、北九州の本社で8日間の集合研修を受け、社会人マナーや菅原の仕事について学びました。配属されたのは化学営業本部、1グループは石油精製会社がメイン、私の所属する2グループは石油化学会社及びそのエンジニアリング会社がメインのお客様です。
学生時代、化学とはまったく縁遠い存在だったので、不安もありましたが経験豊富な先輩社員に教えてもらいながら、OJTで実務に必要な知識や営業スタイルを学んでいきました。

1年近く経った現在でも、まだまだ学ばなければならない専門的な知識はたくさんあります。例えばプラントを構成するユーティリティ設備の取り扱い機器を覚えるだけでも時間がかかります。当然のことながら、お客様は専門知識が豊富です。お客様の多様なニーズと、メーカーの設備・機器類をすり合せながら商談をまとめていくには、より深い知識とスキルを身に着けていく必要があります。

まだまだ少ない経験の中で印象に残る出来事として、たまたま上司が出張で不在のとき、お客様のプラントに異常が発生したことがありました。私は急いで情報を収集し、上司やメーカーと相談しながら、最終的には修復の段取りをつけることができました。大変な思いもしましたが、これは自分にとって仕事への自信を持つことが出来るきっかけとなりました。
(田崎 健太さん)

仕事を通じてステップアップを続け、会社に利益還元をする

数多くの案件を任されるようになってから考えているのは、これまで育ててもらった分を、どう会社に還元していくかです。任された大きな役割の中、自分の戦略次第で案件も獲得できますし、一つひとつの案件でお客さまのお役に立ち、その上で利益を上げることもできます。
菅原での仕事は、どの部門でも仕事を任されるようになるまでに時間がかかります。その間に得た経験をどう活かすかです。自分自身も、会社に利益還元しながら、さらに営業としてステップアップしていこうと考えています。そして、後輩を育成しながらマネジメントも学んでいきたいと思っています。
(久保田さん)

現在は、ようやく自己成長を実感しながら少しずつ自信を持てる段階まで来ました。自分としては、更に専門知識を身に付け、営業スキルを磨き、2,3年後にはある程度商談を任せてもらえるまでに成長したいと考えています。
技術商社の仕事は、奥が深く、それだけ学ぶこともたくさんありますが、自分の手がけた仕事がお客様の役に立っているという確かな実感が持てます。そのやりがいをモチベーションにして、さらに成長を続けていきたいと思います。
(田崎さん)

学生の方へメッセージ

迷っているならば、まず一歩踏み出してみてください。とにかく何事も経験です。経験して初めて分かることがたくさんあります。ですから、最初の一歩を踏み出すことが大切なのです。
ここ菅原でも、悩むことはあるかもしれません。それでも、仕事を通じて得難い経験がたくさんできます。そして、その経験がきっと、皆さんを成長させてくれると思います。
(久保田さん)

自分の経験から言えることは、就職活動では、最初はなるべく広く視野を持って探してください。できるだけ、大勢の人と話す機会を持ち、その中から絞り込んでいってください。本命だけに絞って活動すると、選択肢も狭まります。
私は、メーカーと商社、2つのキーワードで会社探しをしました。皆さんも、キーワードの設定の仕方を良く考えて活動をスタートしてください。
(田崎さん)

PHOTO
私たちといっしょに仕事をする仲間を歓迎します。分からない事があれば、ていねいに指導します。

マイナビ編集部から

日立製作所の特約店として、長い歴史を積み重ねてきた菅原。同社は鉄鋼部門のお客様から事業をスタートし、事業領域をどんどん広げ、顧客密着型の営業体制を整えるため、全国的なネットワークを構築している。
仕事内容は、日本社会や主要産業のインフラを支える設備や機器を中心に、幅広くお客様のニーズに応えている。実際に独り立ちして仕事をするには時間を要するが、これに合わせるように、入社後から長期的な視点で人材の育成を図っている。これから入社する社員にとっては、自己成長しながら、やりがいのある仕事ができるに違いない。

PHOTO
私たちが採用を担当しています。「社会に貢献するやりがいのある仕事にチャレンジしたいという意欲的な方を歓迎します」。栗屋さん(左)と弘田さん(中央)と小澤さん(右)。

ページTOPへ