最終更新日:2020/2/27

  • 正社員
  • 既卒可

(株)ビジネス情報テクニカルシステムズ(BITS)

  • ソフトウエア
  • 情報処理
  • 専門コンサルティング
  • サービス(その他)
本社
東京都
PHOTO

アットホームなイメージを持てた

安宅 惟人
2013年入社
東邦大学
理学部 情報科学科
システム開発部
保険会社向けエントリシステム刷新

現在の仕事内容を教えてください

皆さんは生命保険に加入していますか?
私は就職後に加入しましたが、加入の際、様々な書類に個人情報や申し込み情報を記載しました。
提出前に自身でチェックして、問題ないだろうと思いきや、記載間違いや不足書類があったりと再提出になり、色々面倒でした。
私が担当しているシステムは、そんな誤りがある保険書類についてチェックするシステムです。
システムを開発することは問題ありませんでしたが、保険業務に関する知識が不足していたため、仕様を理解するのにとても時間がかかりました。
システムエンジニアには「技術力」はもちろん必要ですが、「なぜこのようなシステムが必要なのか」「なぜこのチェック機能が必要なのか」など、「探求心」がとても重要になってきます。


この仕事をしていて一番嬉しかったことを教えてください

「あなたがいてくれて助かった」と評価を頂いたときです。
これは現在働いている現場で頂いた声です。
人数が少ない関係上、各メンバーに割り振られるタスクが自然と多いプロジェクトです。
そんな中、リーダーは他のプロジェクトの保守も管理しており、パンク寸前でした。
私は、リーダーがパンクしないよう、私が担当している機能開発を稼働を上げてできる限り早めに完了させ、リーダーが受け持っているタスクを私に振っていただけるようアピールしました。
結果、リーダーが担当していた機能開発を私が担当することができ、リーダーから「助かった。ありがとう。」と感謝のお言葉をもらうことができました。
一生懸命仕事をした結果なので、本当に嬉しかったです。この仕事は一生懸命行えば周りは必ず気付いていくれます。
そして、評価へ繋がっていくのでやりがいがある仕事だなと心底思いました。


この会社を選んだ理由・この会社の好きなところを教えてください

アットホームなイメージを持てたからです。
就職活動はプログラミングをやりたかったこともあり、システム開発会社を中心に行っていました。
当時はリーマンショックの影響により、景気は後退し、日本は就職氷河期と呼ばれる時代で、焦っていたのをよく覚えています。
不景気なこともあり企業も焦っていたのか、圧迫面接のようなこともありました。
しかし、弊社の面接ではそんなことはなく、面接官と会話をしていくうちに緊張もほぐれ、世間話のような話をしたことを覚えています。
落ち着いた雰囲気は社長面接時も同じで、笑顔で会話をすることができました。
私はそんな落ち着いた雰囲気に惹かれ、今の会社に就職することを決めました。


就職活動のアドバイスをお願いします

多くの就活生は「緊張」に悩まされていると思いますので、私からは「緊張しない方法」を教えます。
みなさんは、人間が緊張するときはどんなときだと思いますか?
スポーツのトーナメント決勝戦や音楽の発表会、プレゼンテーションなど、色々ありますね。
人間が緊張するときの条件は決まって1つです。
それは「いつもの自分より、相手に良く見せようとするとき」です。
もう答えは出ましたね。面接時はいつもの自分を見せてください。


ページTOPへ