最終更新日:2019/4/9

  • 正社員
  • 既卒可

一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)

  • 財団・社団・その他団体
  • 教育
  • 芸能・映画・音楽
  • 出版
  • 芸術関連
本社
東京都
基本財産
1億円
事業収入
12億607万円(2017年3月決算)
職員
約30名(男女比ほぼ1:1)
募集人数
1~5名
  • 業種 財団・社団・その他団体、教育、芸能・映画・音楽、出版、芸術関連
  • 本社 東京都
  • 基本財産 1億円
  • 事業収入 12億607万円(2017年3月決算)
  • 職員 約30名(男女比ほぼ1:1)
  • 募集人数 1~5名

音楽を通じた教育と文化の発展を目的として社会貢献に取り組んでいます。世界最大規模のピアノコンクールや、ステップという公募のステージを企画・運営している団体です。

採用担当者からのメッセージ (2019/04/09更新)

☆.。.:*・゜全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)☆.。.:*・゜

ピティナに興味を持っていただきありがとうございます!

採用説明会の追加開催が決定しました。
現在、以下の2日程の参加者を募集しています。

4月12日(金)14:00~16:00 ※まもなく定員です!
6月19日(水)14:00~16:00

皆さまのご来場を心よりお待ちしております!

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
音楽を通じて社会に貢献したい、という仲間が集まるピティナ。共に成長しながら、日々新たな事業に取り組んでいる。
PHOTO
終業後には併設の【東音ホール】のピアノで自由に演奏を楽しむ人も。

音楽を通して、教育と文化の発展に貢献しています。

PHOTO

「人と人とが出会うのはひとつの縁です。多くの方との良い出会いを期待しています」(専務理事 福田成康)

■コンクール事業とステップ事業を核に幅広い活動を展開

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(以下 PTNA:ピティナ)は、ピアノを軸に幅広い音楽文化の普及を目指す公益法人です。現在、私たちの活動の核となっているのがコンクール事業とステップ事業の2つ。私たちが運営する「ピティナ・ピアノコンペティション」は、地区予選、本選、決勝を合わせて全国320カ所で開催され、のべ約4万6,000人が参加する、ピアノコンクールとしては世界でも最大規模のものです。私たちはその運営窓口として、開催準備から審査員の派遣までをトータルにサポートすることで地域間の人材交流を活性化すると共に、全国的な音楽レベルの向上に大きく貢献してきました。
また、生涯学習型の「ピティナ・ピアノステップ」は、誰もが自由に参加できるステージとして年間全国600カ所以上の地区で開催。こういった活動以外にも、全国約1万6,000人の会員に向けた会報誌の発行やセミナーの企画・運営を通して多彩な情報を発信するなど、ピアノだけでなく幅広い音楽のフィールドで常に新しいチャレンジを続けています。


■チャレンジにはあらゆる角度からの視点が不可欠

オーケストラやアンサンブルは美しいハーモニーを生み出すことが最大のテーマです。相手の良さを引き立てることを体験できる音楽という分野が、より多くの人に浸透することで、社会はもっと良い方向に向かうと私たちは確信しています。音楽にはそれだけの力があるのです。音楽を通して人と人とが自然に支え合う未来。ピティナはそんな未来のためにピアノからアンサンブルへとフィールドを広げ、音楽活動になくてはならないインフラとして、地域の皆さんの活動を活発にしていきたいと思っています。クラシック音楽という伝統ある世界で新しい風を起こすためには、異なる角度からの視点が必要です。多くの方に求められる価値を生み出すために、音楽への情熱を胸に、今後も私たちは前進を続けていきたいと思っています。
(専務理事/福田 成康)

会社データ

プロフィール

一般社団法人全日本ピアノ指導者協会は、アメリカのMTNAやヨーロッパのEPTAなどの海外のピアノ指導者団体及び全世界の音楽大学とも提携を結び、国際的に認められた全国組織を持つ、日本で唯一の文部科学省所管の公益法人であるピアノ指導者団体です。社会におけるピアノ指導者の生涯を通じたピアノの指導法、演奏法の研究を推進し、豊かな人間性の育成を基盤とする音楽教育の振興に努めると共に、その目的を共にする内外の団体と交流を行い、広く文化の発展に寄与することを目的としています。現在約1万7,000人の会員が所属しており、各地の600以上もの支部・ステーションによって、地域に密着したピアノ教育活動の運営に携わったり、ピアノ指導者同士の交流をはかったりと、会員活動も活発です。

事業内容

PHOTO

世界最大規模のピアノコンクール、【ピティナ・ピアノコンペティション】。

ピティナは、コンペティションや公開発表会、コンサート等の開催を通じて、音楽文化の発展や音楽教育支援に貢献することを目指しています。


<主な事業内容>

■コンクール事業
…毎年延べ4万人以上が参加する世界最大規模のピアノコンクールである「ピティナ・ピアノコンペティション」の運営や、ピティナと提携する団体が主催するコンクールでの申込受付代行等のサービスの提供を行っています。

■ステップ事業
…誰でも自由な形態で参加できる、アドバイス付き公開ステージである「ピティナ・ピアノステップ」の運営を行います。ステップは現在、全国約600か所で行われ、年間延べ4万9000人が参加しています。

■セミナー事業
…ピティナの全国各地の拠点(支部・ステーション)が主催・共催・後援している講座や公開レッスンのバックアップを行います。

■コンサート事業
…コンペティションの入賞者が演奏する「入賞者記念コンサート」、地域の小学校に演奏家を派遣する「学校クラスコンサート」、会員がリサイタルを行う「後援コンサート」など、様々なコンサートを展開しています。

■会員サポート等の組織運営
…会報誌「Our Music」の発行やピアノ教室紹介など、多様な会員向けサービスを提供します。

■その他の事業
…ウェブサイト上で作曲家や楽曲の情報を無料で提供する「ピティナ・ピアノ曲事典」など、公益性の高いサービスの提供にも努めています。
本社郵便番号 170-8458
本社所在地 東京都豊島区巣鴨1-15-1
本社電話番号 03-3944-1583
創業 1966年 東京音楽研究会として発足・1968年 全日本ピアノ指導者協会(PTNA)と改称
設立 1985年 文部省より社団法人認可・2011年 内閣府より一般社団法人認可
基本財産 1億円
職員 約30名(男女比ほぼ1:1)
事業収入 12億607万円(2017年3月決算)
関連会社 (株)東音企画
公益財団法人福田靖子賞基金
事業収入推移 8億8,337万円(2009年3月 決算)
9億1,405万円(2010年3月 決算)
9億2,565万円(2011年3月 決算)
9億2,642万円(2012年3月 決算)
9億8,175万円(2013年3月 決算)
10億42万円(2014年3月決算)
11億1,603万円(2015年3月決算)
11億4,537万円(2016年3月決算)
12億607万円(2017年3月決算)
12億1971万円(2018年3月決算)
代表者 専務理事 福田成康
沿革
  • 1966年
    • 邦人作品の研究と振興を目的として東京音楽研究会の名称で発足。
  • 1968年
    • 全日本ピアノ指導者協会と改称、 会報Our Music第1号発行。
  • 1977年
    • 第1回PTNAヤングピアニスト・コンペティション開催(後に「ピティナ・ピアノコンペティション」と改称)、「指導者賞」を創設する。
  • 1985年
    • 文部省(現:文部科学省)所管の公益法人(社団法人)認可を受ける。
      日本モーツァルト音楽コンクールを創設する。
      「十代の演奏家シリーズ」第1回開催。
  • 1994年
    • ピティナ・ピアノコンペティションのべ参加者が年間2万人を突破。
  • 1996年
    • 第20回ピティナ・ピアノコンペティション全国決勝大会開催。
      ピティナ・ピアノ指導セミナー・指導者検定開始。
      ピティナ・ピアノホームページ開設。
  • 1997年
    • 第1回ピティナ・ピアノステップ開催。
      インターネットにて先生紹介開始。
  • 1998年
    • ピティナ・メールニュース第1号発行。
      各地にステーション設立開始。
  • 1999年
    • ピティナ・ピアノステップ トークコンサート開始。
      徹底研究シリーズ開始(第1回:エフゲニ・ザラフィアンツ教授)。
  • 2002年
    • ピティナ・ワールドフェスティバル開催、5日間でのべ8,000人が来場。
      ピティナ・ピアノコンペティションに聴衆賞を導入、特級の決勝大会来場者による投票を開始。
  • 2003年
    • 第1回福田靖子賞選考会実施。
      ピティナ・ピアノコンペティションにJr.G級を設置、全部門参加者数がのべ3万人を突破。
  • 2004年
    • ピティナ・ピアノステップ継続表彰記念コンサート開催。 
      アミューズ部門をグランミューズ部門に改称。
  • 2005年
    • 会員が1万人を突破。オンディマンド楽譜販売「ミュッセ」開始。
      学校クラスコンサート開始。
  • 2006年
    • ピティナ・ピアノステップのべ参加者数が年間3万人を突破 。
      ピティナ・ピアノ伴奏者紹介サービス開始 。
      ピティナ40周年記念イベント「ピアノコンチェルトの夕べ」開催。
  • 2007年
    • ピティナ・ピアノセミナー開始 。
  • 2008年
    • ピティナ・ピアノコンペティション参加者数がのべ4万人を記録。
  • 2009年
    • 会長に出井伸之氏、新副会長に羽田雄一郎氏が就任。
  • 2010年
    • 外部団体との提携コンクール開始。
      新人指導者賞を創設。
  • 2011年
    • ピティナ・ピアノステップで団体登録が可能に。
      CrossGiving開始。ピティナ関係者より合計1,156万4,363円の東日本大震災義援金を送金。
  • 2012年
    • 一般社団法人に移行。
      ピティナ・ピアノステップのべ参加人数が年間4万人を突破。
  • 2013年
    • ステップ参加者が年間4万人を突破。「ピティナ・マイページ」オープン。
      IFPS(国際ピアノ指導者団体連盟)の第1回会議をピティナの呼びかけで開催。
  • 2014年
    • ピティナ会員研修交流会「アンサンブル・パーク」第1回。「ピティナ・ルームシェア」開始。
  • 2015年
    • 指導者検定を改定して「指導者ライセンス」へ。Webレポート「今こそ音楽を」連載。
  • 2016年
    • 創立50周年を迎え、全国の会員・関係者約600名が集う祝賀会と、約1,000名の観客を動員した記念コンサートを開催。
  • 2018年
    • 日本のピアノコンクール史上初、サントリーホールでピティナ・ピアノコンペティション特級ファイナル開催。
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 11.2日(2017年度実績)

採用データ

先輩情報

のびのびと働く3年目。趣味も充実
浅井 光季
2016年
武蔵野美術大学
造形学部 芸術文化学科
会報「Our Music」編集長、デザイン業務担当ほか
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 一般社団法人全日本ピアノ指導者協会
本部事務局 新卒採用担当
TEL:03-3944-1583(平日10:00-18:00)
URL http://www.piano.or.jp/
E-mail recruit@piano.or.jp
交通機関 JR山手線、都営三田線「巣鴨駅」南口より徒歩1分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp71001/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)と業種や本社が同じ企業を探す。
一般社団法人 全日本ピアノ指導者協会(ピティナ)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ