最終更新日:2019/5/9

  • 正社員

日本表面化学(株)

  • 化学
  • 薬品
  • その他メーカー
本社
東京都
PHOTO

会社を影ながら支えるいぶし銀

E.K
2014年
学習院大学
法学部政治学科
管理部
経理

現在の仕事内容

本社管理部において、経理業務をしています。
当社は表面処理剤を製造するメーカーです。メーカーは非常に単純に言うと、材料を購入、加工し、それを販売します。材料の購入においては、その材料の請求書の中身をチェックし、期日までに適当な方法(振込、小切手、手形など)でお支払いをします。
売上であれば、入金の事実を確認し、それを記録していきます。
これらのお取引先様は何百社単位でありますが、期限までに(経理には絶対的なデットラインがあります)素早くかつ正確に業務を完遂させなければなりません。
また、その他に各事業所で使われた経費の中身をチェックしたり、所得税や消費税の支払いという業務もあります。


関わった仕事で一番印象に残っていること

私が管理部に配属された時は、ちょうど消費税の変わり目で、5%と8%が混在していました。
企業が関わるお取引先様は無数です。ボールペンひとつを購入するということから、数千万円する機械を購入するという規模まで大小様々です。
そのお取引先様とは多様な条件でお取引をしており、4月になったからと言って単純に消費税が8%にならないケースもあるのです。
私は、何百枚もある請求書を一字一句つぶさにみて、消費税の割合をチェックしました。
非常に単純な業務ではありますが、仮に5%のところを8%で処理してしまいますと余計な税金を支払うことになり、会社に不利益を与えてしまいます。
我々経理は売上を上げることがない分、正確に作業をしなければならないことを実感しました。
また、経理は法律の改正により、業務の方法が変わってくるので、つぶさにそのような情報を察知していかなければならないと、感じました。


今後の目標

海外に駐在し、そこで経理として働くことを目標としています。
当社は現在、アメリカやインドネシア、タイなど海外展開を加速させています。
そこで必要なものは、語学力はもちろんのこと、その国特有のルールの把握(法律、税務知識など)、ローカルスタッフをまとめるに足る知識や経験などが挙げられます。
私は現在、1週間に2度の英語レッスンを受けており、そこで身につけた語学力をベースに、今後は経理の専門的知識を身に付けたいと思っています。
また、海外で駐在するとなると、一人で複数の仕事をこなせる能力が必要ですので、現在の部署だけでなく、他部署での経験も積みたいと考えています。


当社に決めた理由

良い意味で、この会社に対して違和感を感じたことが入社を決めた理由です。
元々、広範に様々な事業を展開している会社より、小さな分野でも特色ある製品やサービスを展開している会社(いわゆるニッチ)に入社したいと考えていました。
その中でも、当社は会社説明会に参加した時、他社では感じたことのない、異質性を感じました。
特に印象に残っているのが、説明会において「うちほどに良い会社はない、入らないと損する」と自信満々に述べていた所です。
私は就職活動中に何社も回りましたが、当社ほどの規模で、ここまで明確に言い切る企業は見たことがありませんでした。この会社に入ったら面白いだろうと直感し、その後の面接でも相性が良いと感じたため、入社を決めました。


学生の皆様へ一言

自分の肌感覚を大切にしてください。
就職活動中には、無数の企業と出会うことが出来ます。
どれも良い企業に見えるでしょうが、最終的にものをいうのは自分の感覚です。
自分の率直な感情に従い、その感情の理由を探し、最良の会社に是非巡り会ってください。


ページTOPへ