最終更新日:2019/5/9

  • 正社員

日本表面化学(株)

  • 化学
  • 薬品
  • その他メーカー
本社
東京都
資本金
9,950万円
売上高
46億6,000万円(2018年5月期)
従業員
147名
募集人数
若干名
  • 業種 化学、薬品、その他メーカー
  • 本社 東京都
  • 資本金 9,950万円
  • 売上高 46億6,000万円(2018年5月期)
  • 従業員 147名
  • 募集人数 若干名

表面処理技術の研究・開発に特化した専門メーカー。亜鉛めっき関連の防錆処理剤の業界で揺るぎない地位を占める。

採用担当からの伝言板 (2019/03/18更新)

■こんにちは、日本表面化学(株) 採用チームです。

■日本表面化学株式会社とは?
 社名はあまり知られていませんが
 金融機関の格付けは上場・非上場合わせてトップランクで 秘めた底力のある企業です。
 社業著しい発展のため、理系学生さんはもちろん管理系スタッフ志望の文系学生の方も大歓迎です。

当社は表面処理薬品のメーカーです。
自動車の部品からパソコン・携帯電話などの精密機器、家電、アクセサリー、建材部品などに至るまで、日常生活に欠かせないあらゆる製品には、当社が開発した表面処理の技術が採用されています。
中でも、表面処理の技術で最もポピュラーな亜鉛めっき関連の表面処理剤について業界でゆるぎない地位を占めます。

会社紹介記事

PHOTO
イキイキとした表情の日本表面化学の若手社員たち。オープンで自由闊達な社風だから自分の個性を活かしながら働けるのも当社の大きな魅力だ。
PHOTO
クルマ通勤はもちろんバイク通勤だってOK。写真は茅ヶ崎の海沿いを大きなバイクで颯爽と駆け抜け出社してくる女子社員。ちなみにこのバイクにも当社の技術が使われている。

モノづくりを支えるキーパーソン、「社員による社員のための」会社です

PHOTO

「社員一人ひとりの力を結集して日本のモノづくりを支えてきた」という石田社長。「これからの新しい日本表面化学には若手の皆さんの力が必要です」とメッセージを送る。

私たちは、いろんな金属に囲まれて生活しています。電車やクルマ、オートバイはもちろんのこと、携帯電話、パソコン、ディスプレイの中にもたくさんの金属が使われています。私たちの豊かな暮らしは、金属を駆使することで成り立っているといっても過言ではありません。そして、金属を使いこなす上で欠かせないのが表面加工の技術です。錆を防いだり、電気を通しやすくしたり、あるいは美しい光沢や塗装で彩ったりすることで、金属は特長を存分に発揮して、生活に役立ってくれるのです。

この表面加工に用いる「表面処理剤」が、私たち日本表面化学の製品です。優れた金属製品を作るためには、優れた表面処理剤が必要です。私たちは金属加工メーカーなどの細かな要望に応えて、最適な表面加工を実現する処理剤を開発し、製造・販売まで一貫して行なっています。法規制を先回りして環境負荷の少ない製品を開発するなど、先を見据えた研究にも力を注いでおり、表面処理をリードする存在として、日本のモノづくりの一端を支えていると自負しています。

いま当社は、活動の場を世界へと急速に広げています。目覚ましい成長を続ける中国はもちろんのこと、タイ、ベトナムにも拠点を設立し、さらに今後大きな発展が見込まれるインドネシアに現地法人を設立し、営業から製造、販売まで現地で行なう体制を整備。グローバル企業としての歩みを加速しています。世界を舞台に仕事をしたい、そんな情熱に応えられるフィールドがここにはあります。

創業から50年、ここまで安定して成長を続けてこられたのは、何よりも「社員による社員のための」会社という理念を貫いてきたことにあります。経営に関わる数字はすべて社員にオープンにし、利益がでれば2回のボーナスとは別に決算賞与を出す。その結果、社員全員が「自分たちの会社」だという意識を持ち、力を惜しまず目標達成を目指しています。加えて、失敗を許容する風土が当社にはあります。研究開発はもちろん、営業にしても製造部門にも失敗はつきものですが、最大の努力をして前向きに挑戦した結果の失敗であれば、それは次に繋がる経験として躍進の原動力になる。それを実感している先輩たちが背中を押してくれますから若手社員たちもどんどん成長していきます。

若手が持つ好奇心、積極性は何よりの財産です。その力をぜひ日本のモノづくり、いや世界のモノづくりのために発揮してください。

会社データ

プロフィール

金属表面処理は、自動車をはじめ電気製品、船舶、建築材からコンピュータに至るまで、あらゆる分野で大きな役割を果たしています。なかでも最近のめっき、塗装を主とした防錆技術の進歩・発展にはめざましいものがあります。当社は1968(昭和43)年の創業以来、この分野における最新技術の研究開発に努めてきました。これからも日本の産業界の縁の下の力持ちとして、環境関連などの様々な製品を通じ、社会に大きく貢献していきます。

事業内容
金属の表面処理用光沢剤・洗浄剤・はく離剤の製造・開発・販売
各種廃水処理剤・還元剤等、環境関連製品の製造・開発・販売
本社郵便番号 160-0007
本社所在地 東京都新宿区荒木町20-21 インテック88ビル8F
本社電話番号 03-5367-6381
設立 1968(昭和43)年10月1日
資本金 9,950万円
従業員 147名
売上高 46億6,000万円(2018年5月期)
事業所 本社    :東京
研究所・工場:茅ヶ崎
支店    :大阪・名古屋
営業所   :茅ヶ崎・宮城・群馬
売上高推移 2015年5月期 46億8,300万円
2016年5月期 47億5,000万円
2017年5月期 44億9,000万円
2018年5月期 46億6,000万円
関連会社 Jasco Chemical Inc.         (America)
JASCO(THAILAND)CO.,LTD.     (Thailand)
PT JASCO CHEMICALS INDONESIA  (Indonesia)
恒捷化工科技有限公司         (China)
沿革
  • 1968年
    • 表面処理メーカーとして日本表面化学(株)設立
      東京(本社)・大阪支店・名古屋支店設置
  • 1972年
    • 茅ヶ崎工場拡張
  • 1973年
    • 本社を新宿区市谷本村町へ移転
  • 1983年
    • 工場・研究所を現在地へ新築
  • 1986年
    • 群馬出張所を伊勢崎市に設置
  • 1987年
    • 東北営業所を岩沼市に設置
  • 1989年
    • シンガポール駐在事務所開設
  • 1990年
    • 茅ヶ崎工場および倉庫新築、研究所拡充
      本社第2営業部を茅ヶ崎工場内に移転
  • 1991年
    • 群馬出張所を移転拡充し、北関東営業所とする
  • 1999年
    • 本社第1営業部を茅ヶ崎工場内に移転
  • 2002年
    • 本社を新宿区四谷に移転
  • 2004年
    • 名古屋支店を現在地に移転
  • 2009年
    • 新研究所(R&Dセンター)を新築
  • 2011年
    • 中国上海に駐在事務所を開設
  • 2012年
    • 東北営業所を名取市に移転
      インドネシア現地法人
      PT JASCO CHEMICALS INDONESIA 設立
  • 2013年
    • アメリカ現地法人(JASCO CHAMICAL INC.)設立
  • 2014年
    • タイ現地法人(JASCO THAILAND)設立
  • 2016年
    • 本社を新宿区荒木町に移転
平均勤続勤務年数 15.3年(2015年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 男性 3名
女性 2名
前年度の育児休業取得者数 男性 0名
女性 2名

採用データ

取材情報

ECO Live Together
お客様の課題を優れた技術とリレーション体制で解決する
PHOTO

先輩情報

会社を影ながら支えるいぶし銀
E.K
2014年
学習院大学
法学部政治学科
管理部
経理
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒160-0007
東京都新宿区荒木町20-21 インテック88ビル8F
管理部採用担当
TEL:03-5367-6381
URL http://www.jasco-kk.co.jp/
E-mail saiyo@jasco-kk.co.jp
交通機関 東京メトロ丸ノ内線「四谷三丁目駅」より徒歩5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp72507/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
日本表面化学(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
日本表面化学(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ