最終更新日:2019/6/24

  • 正社員

一般社団法人全国信用金庫協会

現在、応募受付を停止しています。

  • 財団・社団・その他団体
  • 信用金庫・労働金庫・信用組合
  • サービス(その他)
  • その他金融
  • シンクタンク・マーケティング・調査
本社
東京都
正味財産
27億5,420万円(2018年3月末)
事業活動収入
30億8,735万円(2018年3月末)
役職員
89名(男性:62名、女性:27名)(2019年2月末時点)
募集人数
若干名
  • 業種 財団・社団・その他団体、信用金庫・労働金庫・信用組合、サービス(その他)、その他金融、シンクタンク・マーケティング・調査
  • 本社 東京都
  • 正味財産 27億5,420万円(2018年3月末)
  • 事業活動収入 30億8,735万円(2018年3月末)
  • 役職員 89名(男性:62名、女性:27名)(2019年2月末時点)
  • 募集人数 若干名

ー“信用金庫のサポート役”を募集しますー全国信用金庫協会(略称:全信協)は、全国259の信用金庫ならびに信金中央金庫を会員とする民間金融団体です。

一次面接を開始いたしました。 (2019/06/24更新)

全国信用金庫協会にご興味をもっていただき、誠にありがとうございます。
本会では、現在一次面接を実施しております。

一次面接のお申込みは前日まで承っておりますので
一次面接の予約フォームよりお申し込みの上、ぜひご参加ください。

会社紹介記事

PHOTO
2019年入会の新入職員です。信用金庫を支える新たな担い手として、歩み始めます。
PHOTO
入会前から先輩職員が職場の雰囲気などを伝えています。

PHOTO

本部オフィスは、地下鉄日本橋駅(A7出口)直結、東京駅八重洲北口徒歩3分という恵まれたロケーションでアクセス抜群です。

 全国信用金庫協会(略称:全信協)は、全国259の信用金庫ならびに信金中央金庫を会員とする民間金融団体で、中小企業支援や地域経済の活性化に尽力する信用金庫を全力でサポートします。

 中小企業への金融支援業務に関心があり、信用金庫を通じて地域社会に貢献したい、業務を通じて自分自身を高めたい―という高い志をお持ちの方とお会いできることを楽しみにしています。

※信用金庫の業界について、マイナビ上で紹介しておりますので、そちらも適宜ご覧いただければ幸いです。
〇URL「https://job.mynavi.jp/conts/2020/tok/zenshinkyo/」

会社データ

プロフィール

 全信協は、信用金庫の業界団体として、関係省庁との折衝、信用金庫の業務や金融機能などに関する調査・研究、信用金庫業務に関連する法令等の情報収集・信用金庫への情報提供、信用金庫職員の教育研修、信用金庫のイメージアップに向けた広報活動など、幅広い業務を行っています。

 全信協の職員数は約90名と少数ですが、全国の信用金庫を支援するために幅広い業務を担っているため、様々な経験を積むことができます。

事業内容

PHOTO

信用金庫のイメージアップを図るため、各種活動を行っており、2016年7月から日本スケート連盟とオフィシャルパートナー契約を結んでいます。

 全信協では、主に個別の信用金庫では対応が困難な課題への対応や業界共通の実務対応などを検討し、中小企業や地域経済の発展に向けた信用金庫の取組みを支援しています。

 具体的には以下のような業務を行っています。
(1)金融政策や金融行政あるいは中小企業政策等に対し信用金庫の立場からの意見を取りまとめ、金融庁をはじめ関係各方面に対して意見具申を行うとともに、その実現に向けた要望活動を積極的に展開しています。
(2)めまぐるしく変化する経済・金融情勢を踏まえ、信用金庫業界の長期経営計画を策定するなど、信用金庫の経営力強化のための事業を行っています。
(3)信用金庫業務に関連する各種法令等の改正にかかる情報収集および信用金庫への情報提供を行い、信用金庫のコンプライアンス態勢の整備を支援しています。
(4)信用金庫の業務推進・金融法務や税務等にかかる資料の作成、信用金庫ならびに利用者からの相談等への対応を行っています。
(5)フィンテックを活用した金融サービスなど、信用金庫の新たな取引システムに関する検討を行っています。
(6)信用金庫で活躍する人材の育成や適正な労務管理など、信用金庫業界の人事諸課題に関する対応を図っています。
(7)信用金庫の役職員を対象とした教育研修を行っています。
(8)信用金庫業界の専門新聞・雑誌の編集やお客様向けの広報誌の発行を行っています。
(9)信用金庫のイメージアップを図るため、信用金庫の事業活動や社会的役割について理解を深めていただくためのポスター・CM作成といった広報・宣伝活動を行っています。
 
 全信協の具体的な仕事内容や不明な点については、採用担当者へお気軽に質問してください。
 また、全信協ホームページも併せてご覧いただければ幸いです。
〇全信協ホームページURL「http://www.shinkin.org/」※

※全信協ホームページの閲覧については、グーグルクロームなどのインターネットブラウザのURL欄に上記URLをペーストのうえ閲覧してください。
本部郵便番号 103-0028
本部所在地 東京都中央区八重洲1-3-7
本部電話番号 03-3517-5711(代表)
設立 1945(昭和20)年11月
正味財産 27億5,420万円(2018年3月末)
役職員 89名(男性:62名、女性:27名)(2019年2月末時点)
事業活動収入 30億8,735万円(2018年3月末)
事業所 東京都(中央区八重洲)、千葉県(鎌ヶ谷市)
職員の声 <参考>2018年入会職員の声 (業務管理部所属)
 私が所属する業務管理部は担当が3つに分かれており、私はコンプラインス室担当というところにいます。
 コンプライアンス室では、信用金庫のマネー・ローンダリング(マネロン)対策やコンプライアンス態勢の支援などを中心に行っており、マネロン対策にかかる勉強会の開催や実際にあった不審・不祥事例の提供などを行っています。沢山の業務を抱える信用金庫にとって、全信協が積極的に支援を行うことは、信用金庫が業務を遂行するうえでの一助になっているものと確信しています。
 正直、入会するまでは業務管理部がどのようなことをする部署なのか分からず、「とりあえず堅くて難しそう」というのが個人的な印象でした。実際配属されてみると、想像以上に法律に絡む業務が中心で、信用金庫から電話で問い合わせを受けることが多いため、調べて回答するだけで1日が終わる日もありました。  
 その一方で、会議などでは直接信用金庫の担当者の方や外部の会社の方とお話する機会も多くあり、「仕事では様々な人と関わりたい」と就活中から思っていた私にとっては嬉しい経験もさせていただきました。
 入会して1年足らずということもあり、まだまだ分からないことばかりですが、多くの方に助けられながら日々業務に励んでいます。

【会議がある日の一日の業務の流れ】
(1)8:45 業務開始
→メールの確認。また、効率良く仕事が進められるよう、自分自身だけでなく同じ部署の方のスケジュールを確認。
(2)9:00~12:00 資料作成、照会対応、会議準備。
→信用金庫からの業務上の電話照会への対応をしつつ、信用金庫に発送する法律の改正等に係る周知文書を作成。合間で会議の準備。
(3)12:00 お昼休み
→食堂もしくは会社付近で昼食。安くて美味しいお店が沢山あります。
(4)13:00~17:00 会議
→信用金庫の担当者をメンバーとした会議を開催。
(5)17:15 明日のスケジュールを確認。業務終了、退勤。
平均勤続勤務年数 17年(2019年2月時点)
前年度の育児休業取得対象者数 4名(うち女性2名、男性2名) (2019年2月時点)
前年度の育児休業取得者数 女性2名 (2019年2月時点)

※その他育児休暇や短時間勤務制度などを利用して、仕事と子育てを両立している職員もおります。

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 一般社団法人全国信用金庫協会
〒103-0028 東京都中央区八重洲1丁目3番7号
総務部 採用担当 神山
TEL:03-3517-5711
URL http://www.shinkin.org/
交通機関 JR各線 東京駅八重洲北口より徒歩3分
東京メトロ銀座線・東西線/都営浅草線 日本橋駅A7出口より直結
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp72548/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!

ページTOPへ