最終更新日:2018/4/20

東尾メック(株)

  • 金属製品
本社
大阪府
資本金
4億4,120万円(資本準備金 3億4,120万円)
売上高
60億2,700万円(2018年3月)
従業員
150名(男性89人・女性61人) (2018年3月31日現在)
  • 業種 金属製品
  • 本社 大阪府
  • 資本金 4億4,120万円(資本準備金 3億4,120万円)
  • 売上高 60億2,700万円(2018年3月)
  • 従業員 150名(男性89人・女性61人) (2018年3月31日現在)
東尾メック(株) - マイナビ2020

目につかないけれど生活に欠かせない、「縁の下の力持ち」継手(つぎて)のメーカー。従業員の為の福利厚生も充実しております。

会社紹介記事

PHOTO
大阪府の南東部、河内長野市にある東尾メック。敷地内には緑が多く、居心地の良い職場環境が印象的だ。
PHOTO
東尾メックの代表的な製品「継手・つぎて」。他にはない構造を考える開発力と、それを支える優れた技術力で、国内外から高い評価を受けている。

提案型の開発体制と人本経営で、キラリと光るオンリーワン企業に

◆環境に配慮した継手でシェア拡大を!
当社は特に「小ロット・高品質」が要求される冷媒分野において高いシェアを獲得しています。昨今では冷媒用の継手に、さらなるクオリティが求められるようになりましたが、その一因として「世界的に高まり続ける環境問題への関心」があることは間違いありません。私たちはこの時流をチャンスと捉えています。当社が冷媒分野で培ってきたノウハウを活用した新商品を投入できれば、他社をさらにリードできることでしょう。全社一丸となって、さらなるシェア拡大を目指していきたいと考えています。
(営業チーム リーダー/西 大輔 2008年入社)

◆社員を本当に大切にしてくれる会社です
そんな当社の最大の特長は、「協働主義」「人本経営」といった考え方。新人にもチャンスを与えてくれる、周りがサポートしてくれる環境があります。風通しが良く、社長や役員との距離が近いのも魅力だと思います。そして年間を通じて行われる多彩な行事、さまざまな福利厚生施設、公正な評価と成果配分。例えば、毎年1月に開催される躍進大会&新年パーティーでは業績向上に貢献した社員や皆勤賞の社員の表彰があり、賞金も授与されます。さらに、今や地域の夏の風物詩となった「盆踊り大会」では夜店も社員自ら運営し、社員の家族や地域住民1,000人以上が集まる名物イベントとなっています。
社員はもちろん、その家族、取引先、協力会社、地域住民とともに発展していきたい、というのが当社の理念。この思いに共感していただける方と一緒に仕事がしたいですね。
(ASPグループ/河野 翼 2009年入社)

会社データ

正式社名フリガナ

ヒガシオメック

事業内容

PHOTO

皆さん、継手って知っていますか?
普段目にすることもないし聞いたこともないという方も多いと思いますが、実は私たちの生活する家や学校、会社など、身近なところに使われているんです。

継手は水・湯・蒸気・空気・冷媒ガスなど、私たちの生活に欠かせない様々な流体が通るパイプとパイプをつないだり、分岐させたりするための部品です。

当社はそんな継手をつくるメーカーで、独自の発想と技術で世界初となる数多くの抜け止め機構を考案・開発し、時代のニーズに即した多くの新商品を国内外に送り出しています。
その新製品の1つである多層管用ワンタッチ継手でヨーロッパ市場への進出も果たし、現在では注目度ナンバーワンの製品となりました。

そして、この優れた製品開発力とその製品を生産する自社開発の設備製作技術力から生まれた世界初の製品を武器に、国内・欧州はもとよりシンガポール・中近東・台湾・韓国・東南アジア等へも活動の場を広げ、売上拡大・シェアアップを進めています。

そんな当社の特徴をいくつか挙げさせて頂きます。


1.社員と家族を大切にする会社
社員を大切にしない会社がお客様を大切にすることはできないという考えに基づき、様々な面で社員とその家族を大切にしています。特に福利厚生面では説明会に来て頂いた学生さんがびっくりされるほど充実しています。

2.能力を十分発揮できる会社
当社は従業員数150名とそんなに多くないため、「少数精鋭」で個人の能力が求められます。早い段階で責任ある仕事も任せてもらえますし、幅広いスキルや知識を身に付けることができます。

3.財務内容の良い会社
自己資本比率66%(株主資本44億円)、これは業界トップの水準にあたります。
また確定給付型年金で退職金を120%積み立てしています。
しかし決して甘んじることなく、環境の変化に対応しさらなる発展に努めています。


変化し続ける環境・ニーズに応じた新製品を供給し続け、さらなる飛躍と発展を目指すため、次世代を担って貰える優秀な人材を求めています。
本社郵便番号 586-0012
本社所在地 大阪府河内長野市菊水町8番22号
本社電話番号 0721-53-2260
設立 1950(昭和25)年3月25日
資本金 4億4,120万円(資本準備金 3億4,120万円)
従業員 150名(男性89人・女性61人) (2018年3月31日現在)
売上高 60億2,700万円(2018年3月)
代表者 代表取締役社長 東尾清吾
株主 大阪中小企業投資育成(株)、積水化学工業(株)、(株)りそな銀行、(株)三菱東京UFJ銀行、ユアサ商事(株)、日本生命保険(相)
経営方針&特色 ●協働主義“会社の発展と社員の幸せ”から“人本経営”へ
●成果配分
 入社年次・経験にとらわれず、能力・努力・成果を重視
●公開経営・人材育成 ~ 企業は人なり
●実質無借金経営・優れた財務内容
●TPM優秀賞カテゴリーA、ISO9001・ISO14001取得済み
●新商品の開発能力・オリジナル商品数は業界トップ
営業環境&戦略 *可鍛鋳鉄製ねじ込み継手の販売シェア拡大
*性能規格商品であるステンレス鋼管用継手『KKベスト』、樹脂管用継手『ピカッポ』、冷媒用継手『おっぞんくん』の販売強化
*多層管用継手をはじめとする世界初独自開発を行った新配管工法メカ継手で新市場開拓、世界進出を展開(欧州・中近東・シンガポール・オーストラリア市場へ多層管・樹脂管兼用ワンタッチ継手RTM/Mechfitを販売中)
平均勤続年数 18年
平均給与 550万円/年
業績 (2018年3月)売上高 60億2700万円、経常利益 2億1000万円
(2017年3月)売上高 58億6700万円、経常利益 2億2000万円
(2016年3月)売上高 60億5200万円、経常利益 1億8200万円
沿革
  • 1950年
    • 「東尾継手(株)」設立
      東尾清一代表取締役社長就任
  • 1952年
    • 「JIS B 2301許可番号1349号」をもってJIS表示許可を受ける
  • 1967年
    • 大阪中小企業投資育成(株)
      総額引受による転換社債発行
  • 1972年
    • 積水化学工業(株)殿 OEM提携
  • 1980年
    • 東尾光紹 代表取締役社長就任
      東尾清一 取締役会長就任
  • 1980年
    • 隣接土地・建物購入
  • 1984年
    • 協働サービス(株)設立(管工機材卸)
  • 1989年
    • 「東尾メック(株)」に社名変更
  • 1990年
    • 第1回物上担保附社債発行
  • 1993年
    • 西倉庫土地・建物購入
  • 1995年
    • 「TPM優秀賞第一類受賞」
      (社)日本プラントメンテナンス協会
  • 1998年
    • 「品質マネジメントシステムISO9001」登録
      (財)日本品質保証機構
  • 2001年
    • 東洋バルヴ(株)殿業務提携
  • 2006年
    • 「環境マネジメントシステムISO14001」登録(財)日本品質保証機構
  • 2012年
    • 井上佳典 代表取締役社長就任
      東尾光紹 取締役会長就任
  • 2016年
    • 東尾清吾 代表取締役社長就任
  • 2017年
    • 「TPM優秀賞カテゴリーA受賞」
  • 2018年
    • KKベスト 中小企業 優秀新技術・新製品賞 受賞
      REHAU殿 業務提携
      高砂熱学工業殿 業務提携
      ISO MS統合プログラム プレミアムステージ取得
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15時間(2017年実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 7日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 0名(うち女性0名、男性0名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 0名(うち女性0名、男性0名 2017年度実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

東尾メック(株)と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ