最終更新日:2019/4/9

  • 正社員
  • 既卒可

セレサ川崎農業協同組合

  • 農業協同組合(JA金融機関含む)
本社
神奈川県
出資金
25億円(2018年9月末)
貯金・貸出残高
貯金残高:1兆4,892億円(2018年10月末) 貸出残高:5,388億円(2018年10月末)
職員数
1,183名(2018年10月末現在)
募集人数
36~40名
  • 業種 農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 本社 神奈川県
  • 出資金 25億円(2018年9月末)
  • 貯金・貸出残高 貯金残高:1兆4,892億円(2018年10月末) 貸出残高:5,388億円(2018年10月末)
  • 職員数 1,183名(2018年10月末現在)
  • 募集人数 36~40名

「地域と共生する都市農業」「地域と共生するJA」の2つを柱に、地域に密着した金融機関として活躍しています。

採用担当者からの伝言板 (2019/04/05更新)

予定していた説明会の日程は全て終了しました。追加で募集がある場合はマイナビにてご連絡いたします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
すぐに駆けつけられるフットワークの軽さは、地域密着の金融機関だからこそ。私たち渉外担当は、組合員・利用者の皆さまのために全力を尽くしています。
PHOTO
お客様の顔が見え、いつもと違う様子に気づいてチームで振り込み詐欺の被害を防いだことも。「JAセレサ川崎に相談すれば安心」と思っていただける窓口を目指しています。

川崎市の未来を支える、最も親しみのある金融機関を目指して

PHOTO

人口約150万人の川崎市に38支店。「地域と共生する都市農業」「地域と共生するJAバンク」を理念に、より信頼される地域金融機関であるために各支店が切磋琢磨しています。

■JAセレサ川崎の一番の特徴は、組合員・利用者の皆さまとの距離の近さです。定期的に訪問して顔を合わせて話すことで信頼が深まり、いろいろな相談をしていただけます。経験を重ねるにつれて「あなたに相談してよかった」と言っていただけることが増えていくのが嬉しいです。

数ある金融機関の中からJAを選んだのは、組合員・利用者との距離を縮められることです。多摩川に沿って東西に細長い川崎市は、工業地帯から田園地帯まで、エリアごとに特徴があり、いろいろな組合員・利用者のお話を聞くことができます。私の実家は川崎で農業を営んでいて、子どもの頃から我が家に来る渉外担当を見て、信頼されていることが感じられました。こうしたJAのよさを忘れずに、支店の渉外担当の最年長者として、話し合えるチームづくりをしています。

外回りから支店に帰ってきたときにリラックスして会話ができ、上司や同僚、支店長や副支店長からもアドバイスがもらえる職場環境にも恵まれています。お客様にかわいがっていただけるように、お客様のことを一緒に考え一緒に喜べる渉外担当を目指していますし、後輩にも目指してほしいです。(藤田 利哉 渉外 2009年入職)


■私は事務系の仕事で真面目な雰囲気の金融機関を志望していました。地元が川崎で祖父が農業をしていたので、JAセレサ川崎への就職を両親も喜んでくれました。家に訪ねて来る渉外担当もそうですが、窓口に行っても親しみのある金融機関だったので、私も窓口チームとして親しみやすさを大切にしています。

顔見知りの組合員さんが多く、まず「こんにちは」と挨拶をして、地元の話などで笑顔を交わしながら接客しています。低金利時代なので、お客様のニーズに沿った商品やお得な年金の受取方法をご紹介し、「ありがとう」と喜んでいただけることがやりがいです。金融の知識はありませんでしたが、研修制度が充実していますし、先輩に一から教わって成長してきました。

今、子育てをしながら働いていますが、育児休暇や時短勤務のほか、残業をしない制度もあり、毎日5時には退勤しています。それも職場内の協力があるからこそ。誰もが一人で仕事を抱えないように、声をかけ合い、みんなで協力し合っています。(植田千絵 窓口担当 2013年入職)

会社データ

プロフィール

 川崎市内4JAが合併し、「JAセレサ川崎」が誕生してから20年が経ちました。現在は金融店舗38店舗・経済店舗2店舗・2直売所での事業を行っています。合併当時から「地域からの信頼の証は貯金事業の拡大」という思いで事業を展開し、現在は合併時の2倍以上にあたる、貯金残高1兆4000億円を達成しています。
 また、設立当初より「地域との共生」を基本理念に掲げ、大型農産物直売所「セレサモス」を拠点とした新鮮で安全・安心な農畜産物の供給をはじめとした農業振興や食農教育事業、地域貢献活動に積極的に取り組んでいます。

事業内容
(1)購買・販売事業…肥料・飼料・農薬等の生産資材、米・茶等の生活物資の提供
   大型農産物直売所の運営 等
(2)指導・相談事業…営農活動、生活福祉活動、相談活動 等
(3)信用事業…貯金、貸出、為替、証券業務、信託業務 等
(4)共済事業…生命共済、建物共済、自動車共済 等
本店郵便番号 216-0033
本店所在地 神奈川県川崎市宮前区宮崎2-13-38
本店電話番号 044-877-2111(代)
設立 1997(平成9)年10月1日
出資金 25億円(2018年9月末)
職員数 1,183名(2018年10月末現在)
貯金・貸出残高 貯金残高:1兆4,892億円(2018年10月末)
貸出残高:5,388億円(2018年10月末)
事業所 本店/本店(宮前区宮崎)、経済部(宮前区有馬 宮前支店隣)
38支店/橘、子母口、宮前、野川、鷺沼、宮崎、高津、向丘、菅生、上作延、北見方、梶ヶ谷、宮前平、みなみ、御幸、大師、大島、小田、中原、日吉、住吉、新城、小杉、元住吉、鹿島田、稲田、宿河原、菅、生田、百合丘、柿生、東柿生、長沢、栗平、新百合丘、久地駅前、千代ヶ丘、小向
センター/経済センター、パーシモン
ファーマーズマーケット/セレサモス(麻生店・宮前店)
関連会社 セレサ不動産(株)/本社・菅営業所、セレササービス(株)
平均年齢 37.9歳(2018年10月末現在)
平均勤続勤務年数 15年6カ月(2018年9月末)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 7.94時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10.9日
前年度の育児休業取得者数 27名

採用データ

取材情報

地域に密着、最も身近な人生設計のパートナーになる
JAだから築くことのできる信頼がある
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 〒216-0033
神奈川県川崎市宮前区宮崎2-13-38
人事部 人事教育課
TEL:044-877-2847(直通)
URL http://www.jaceresa.or.jp/
交通機関 東急田園都市線 宮崎台駅より徒歩5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp73024/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
セレサ川崎農業協同組合と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ