エントリー受付開始まであと12日。気になる企業は 予約リスト に登録しておきましょう

最終更新日:2019/1/21

三菱商事マシナリ(株)

  • 商社(機械・プラント・環境)
  • 商社(自動車関連・輸送用機器)
本社
東京都
資本金
3億円 ※ 三菱商事(株)100%出資
取扱高
約4,400億円(2018年3月現在)
従業員数
444名(2018年4月現在)
  • 業種 商社(機械・プラント・環境)、商社(自動車関連・輸送用機器)
  • 本社 東京都
  • 資本金 3億円 ※ 三菱商事(株)100%出資
  • 取扱高 約4,400億円(2018年3月現在)
  • 従業員数 444名(2018年4月現在)

発電・化学・製鉄プラント関連機器の提供から改修工事まで、また鉄道車両・舶用機械・航空機などの各種機械設備・部品の輸出入を手がける社会インフラ系の商社です。

会社紹介記事

PHOTO
PHOTO

トレーディングビジネスを原点に、5つの分野で世界のインフラに貢献

三菱商事マシナリは、社会インフラに関わるプラント・設備等の輸出入を行っている商社です。創業時17名の社員でスタートした当社も、現在では社員数約440名規模の会社に成長しています。取扱高の9割超を海外取引が占めており、取り扱う商材は発電、化学、製鉄等のプラント向けの機械設備や部品をはじめ、航空機、ヘリコプター、船舶向け機械設備、鉄道車両等、いずれも社会や人々の生活を支えているものばかりです。

私たちのビジネスはプラント・設備等の受注営業活動に始まり、受注後の契約に基づいて行なう機械設備等の輸出入や代金回収等の契約履行業務、現地でのプラント稼働後の部品の供給、機械設備のメンテナンス、改造工事等、お客様との信頼関係をベースに長期間にわたって続きます。当社は様々な産業分野で世界のインフラ整備を支えています。

社内には活力が溢れており、若手社員でも早くから戦力として活躍できる環境があります。このチャンスを活かし、商社の仕事を通じて自分の成長へ積極的に挑戦したいという人材を募集しています。

会社データ

事業内容
【海外電力プラント第一本部】
発電・変電設備のアフターサービス、設備更新・改造及び送変電用碍子・電線等の輸出契約締結業務

【海外電力プラント第二本部】
発電・送変電設備の新規受注及び輸出契約履行業務、プロジェクト事務所の管理・運営を含む契約履行業務

【交通システム本部】
鉄道車両・部品及び鉄道・交通システムの受注・契約履行業務並びに鉄道保守用部品の供給・アフターサービス

【プラントプロジェクト本部】
化学・製鉄・エネルギー・セメント・鉱山関連プラントビジネス案件新規受注並びに機械設備・補修部品の輸出入・アフターサービス

【舶用機械本部】
一般商船用舶用機器、コンテナ、LNG船用機器、海洋プロジェクト用機器の受注・契約・受渡・契約履行業務

【宇宙航空機本部】
防衛関係システム・機材及びヘリコプター、宇宙関連資材等の輸入調達業務及び代理店支援業務

【監査室】
自己監査の推進、内部統制整備の促進及び統括

【コンプライアンス推進部】
コンプライアンス関連業務(コンプライアンス関連事務局対応、相談窓口)

【経営企画部】
経営計画の立案、事業改革関連業務、株主総会・取締役会事務局業務

【安全保障・貿易手続管理室】
安全保障・貿易手続管理に係る取引審査、教育、関係官庁への対応及び相談窓口

【総務人事部】
施設管理、採用、研修、福利厚生、労務管理、危機管理、人事管理、給与・社会保険、全社IT化支援 等

【経理部】
予算・決算業務、出納、現預金管理取引に係る収支会計業務、債権債務管理、国際・国内税務管理、リスクマネジメント 等
本社郵便番号/2019年4月迄 100-0005
本社所在地/2019年4月迄 東京都千代田区丸の内2-6-1
丸の内パークビル6階
本社電話番号 03-3210-3400(代表)
本社郵便番号/2019年5月~ 100-0005
本社所在地/2019年5月~ 東京都千代田区丸の内2-5-1
丸の内二丁目ビル3階
採用担当電話番号 03-3210-3334(採用直通)
設立 1982年9月
資本金 3億円 ※ 三菱商事(株)100%出資
従業員数 444名(2018年4月現在)
取扱高 約4,400億円(2018年3月現在)
事業所 ■本社
東京都千代田区丸の内2-6-1
丸の内パークビル6階

■横浜支店
神奈川県横浜市西区みなとみらい3-3-1
三菱重工横浜ビル8階

■名古屋支店
名古屋市中村区名駅3-28-12
大名古屋ビルヂング17階
平均年齢 約35歳
沿革
  • 1982年9月
    • 三菱商事100%の出資で「エム・シー・マシナリー(株)」を設立(本社を三菱商事(株)内に置く)。
      三菱商事の機械部門が海外に数多く輸出した発電・化学・製鉄などの各種プラントのメンテナンス用補修部品輸出及びアフターサービス提供を主たる業務に貿易商社活動を開始。
  • 1985年4月
    • 名古屋にて米国からの航空機部品等の輸入業務開始。
  • 1986年1月
    • 本社を中央区八重洲に移転。
  • 1994年5月
    • 従業員増加により、本社を品川区天王洲に移転。
  • 1995年6月
    • 重電機事業部でプラント契約履行業務を開始。
  • 1996年5月
    • 製鉄プラント用機器類の国内取引業務を開始。
  • 1996年10月
    • 航空機部品輸入取引拡大のため、名古屋支店を新設。
  • 1999年2月
    • 鉄道車両及び鉄道用電機機器の輸出業務開始。
  • 2003年4月
    • 三菱商事との更なる連携を図るため、本社を港区港南に移転。
  • 2005年6月
    • 重機プラント部でプラント契約履行業務を開始。
  • 2005年7月
    • 宇宙航空機関連の部品受渡・後方支援業務を開始。
  • 2006年8月
    • 社名を「三菱商事マシナリ(株)」へ変更
  • 2008年7月
    • 海外電力プラント輸出に係るプラントプロジェクト取引会計業務を受託
  • 2009年5月
    • 本社を千代田区丸の内に移転。
  • 2013年10月
    • エムシートレーディング(株)と合併し、舶用機械の輸出入業務開始。
  • 2016年5月
    • 海外電力プラント向けサービス取引拡大のため、横浜支店を新設。
月平均所定外労働時間(前年度実績)  22.54時間/月 (2017年度 実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

三菱商事マシナリ(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
三菱商事マシナリ(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
【有力企業グループ特集】三菱商事グループ 

ページTOPへ