最終更新日:2019/10/15

  • 正社員
  • 既卒可

(株)守谷刃物研究所

  • 金属製品
  • 自動車・自動車部品
本社
島根県
資本金
1,000万円
売上高
36億(2017年度)
従業員
213名
募集人数
若干名
  • 業種 金属製品、自動車・自動車部品
  • 本社 島根県
  • 資本金 1,000万円
  • 売上高 36億(2017年度)
  • 従業員 213名
  • 募集人数 若干名

ロケットをぶった切る―。ようこそ、サブミクロンのものづくりの世界へ。

  • 積極的に受付中

採用担当者からの伝言板 (2019/10/15更新)

=========================================
こんにちは!株式会社守谷刃物研究所 採用チームです。
当社にご興味を持って頂き、ありがとうございます!

次回説明会は近日中にアップします!

※詳細は説明会予約画面をご確認ください。
※満席となり次第予約は締切となります。お早めにご予約下さい。

採用活動を通じて、皆様にお会いできることを楽しみにしています。
=========================================

会社紹介記事

PHOTO
「安来」から「世界」へ。これまでの経験と新技術により高い信頼性を持つ製品を世界に届けています。
PHOTO
高級特殊鋼ヤスキハガネの特性を最大限に生かし、自動車部品・医療器具・工業用カッターなど多岐にわたる分野の製品を製造しています。

ものづくりに興味がある人を求めています!

PHOTO

「ものづくりに興味がある方を求めています。」(守谷)

創業以来、当社では「和合努力」を社是として全社員が総力を結集し、「ヤスキハガネ」とともに歩んできました。加工から仕上げまで一貫した生産工程が生み出す製品の、優れた品質とその性能には国内外から高い信頼が寄せられています。

お客様の信頼に応える製品づくりを続けていくために、当社が求めるのは「モノづくりに喜びを感じられる人」そして、「好奇心をもって何事にもチャレンジし、お客様に成果を提示することを喜びにできる人」。
出身地も卒業学科も性別も関係なく、文系でも苦手意識をもたず積極的に取り組もうと努力できる人は、きっと活躍の場が広がると思います。
最先端の技術開発に関わることができる仕事のやりがいも、格別なものがあります。また、年齢も環境も考え方も違う人たちに対して理解や納得をしてもらうために、筋道を立てて物事を考える「論理的な思考ができる人」も求める人材像の一つです。

今後も当社では伝統の技術を磨き上げながら、最先端テクノロジーを駆使しての製品開発・製造への挑戦も果敢に取り組んでいきます。
そして、お客様の困り事を解決するお手伝いがしっかりとできるよう、常にチャレンジ精神を忘れずに感性を研ぎ澄ましながらさらなる技術開発に邁進していきたいと思っています。

会社データ

プロフィール

戦前に軍刀の刀鍛冶を生業としていた創業者が、戦後1953年に「守谷作業所」として創業したのが当社の始まりです。製品の精度の高さには定評があり、(株)日立製作所安来工場の専属協力工場となって刃物製品の開発を始めました。しかし、同工場刃物研究所の閉鎖に伴い、(株)守谷刃物研究所として新会社を設立。縫製産業向けの刃物づくりを始め、日立金属(株)からの受注に応じた製造を行うことになったのです。

硬度や耐久性など一般鋼材に比べて抜群に性能が高い鋼「ヤスキハガネ」の特性を最大限に生かし、精度の高い仕上がりを実現するために高度な刀匠の伝統技術を応用。刀鍛冶にとどまらず、材料の削り出しから仕上げまでを担ってつくりあげた製品に高い信頼を得たことで、IC製造装置部品加工や車載用ベーンの製造なども手がけることになりました。0.0001mm(サブミクロン)単位という高精度が求められるベーンについては、世界No.1シェアを獲得しています。

高級特殊鋼「ヤスキハガネ」を筆頭に高付加価値材料の加工から仕上げまでを手がけ、最先端マシンの精密加工品製造企業として時代のニーズに応えるべく、これからも常により高い技術開発に取り組み続けていきます。

※「ヤスキハガネ」は日立金属(株)の登録商標です

事業内容

PHOTO

社員全員に幅広い職種で活躍の場があります。海外との仕事もあるので英語が出来る方を求めています!

高級特殊鋼として知られる「ヤスキハガネ」の特性を最大限に生かし、精度の高い加工で高品質の部品を製造。厳しい品質管理体制を敷き、加工から熱処理、精密仕上げまで社内で一貫して行う。独自技術を用いた新素材の研究開発・製造にも積極的に取り組んでいる。

【品目】
・一般機械部品…シャフトやバルブ・パンチ、造幣局で硬貨を製造する機械の部品、ボートレース用プロペラシャフト、AV機器部品
・エレクトロニクス部品…半導体製造装置部品、OA機器部品やインパクトプリンター部品、有機EL製造装置部品、ガラスパネル封着用部品
航空宇宙関連・原子力部品…人工衛星を切り離す際に使われるロケットカッターなど
・自動車部品等の精密機械加工品…自動車に搭載される油圧ポンプ内のベーン(羽根)をはじめ、メーカーからの依頼に応じた自動車関連部品、工作機械などに使われる油圧ポンプ用ベーン。自動車用のベーンは世界ナンバーワンのシェアを誇る
・各種刃物製品…「ヤスキハガネ」ブランドの各種高級刃物、樹脂切断に使う多角形刃、みじん切り包丁など
本社郵便番号 692-0057
本社所在地 島根県安来市恵乃島町113-1
本社電話番号 0854-23-1311
創業 昭和28(1953)年5月
設立 昭和31(1956)年1月
資本金 1,000万円
従業員 213名
売上高 36億(2017年度)
事業所 本社
島根県安来市恵乃島町113-1
TEL:0854-23-1311(代表) FAX:0854-23-1403

東京営業所
東京都港区芝2丁目3番3号 芝二丁目大門ビルディング3階
TEL:03-5765-7500 FAX:03-5765-7507
平均勤続年数 18年(2017年度)
平均有給取得日数 8日(2017年度)
沿革
  • 昭和28(1953)年4月
    • 安来市潮美町に守谷作業所を創業。
      代表取締役に守谷善太郎就任。
      (株)日立製作所安来工場専属協力工場となる。
  • 昭和31(1956)年1月
    • (株)日立製作所安来工場刃物研究所の閉鎖に伴い、株式会社守谷刃物研究所として(株)日立製作所安来海岸工場内に新会社設立。
  • 昭和41(1966)年9月
    • 安来市黒井田町200番地29に工場を移転。
  • 昭和50(1975)年4月
    • 日立金属(株)安来工場より特殊綱鋳造部門の移管を受け、日立金属(株)安来海岸工場内において、稼働開始。
  • 昭和54(1979)年10月
    • 代表取締役に守谷弘善就任。
  • 昭和59(1984)年8月
    • 安来市恵乃島町113番地1に本社・工場を移転。
  • 平成元(1989)年6月
    • 代表取締役に守谷光正就任。
  • 平成8(1996)年7月
    • Hitachi Metals America, Ltd.との共同出資により、新会社NPI(Newport Precision Incorporation)設立
  • 平成13(2001)年6月
    • 代表取締役に守谷光広就任。
  • 平成14(2002)年4月
    • 日立金属(株)安来工場よりIC製造装置部品加工部門の移管を受け、日立金属(株)安来山手工場内において稼働開始。
  • 平成15(2003)年3月
    • 車載用(トラック、乗用車等)及び油圧ポンプ用ベーンの製造についてISO9001:2000を取得。
  • 平成18(2006)年6月
    • 安来市黒井田町900(株)安来製作所 黒井田工場内に山手工場を移転・産機工場に名称変更。
  • 平成20(2008)年4月
    • 東京営業所を開設。
      鋳鋼工場を(株)日立メタルプレシジョンへ、産機工場を(株)安来製作所へ移管。
  • 平成22(2010)年4月
    • (株)日立メタルプレシジョンより、電磁材料部品部門の移管を受ける。
  • 平成24年4月(2012)
    • (株)日立金属安来製作所より機械加工部門の移管を受け、(株)日立金属安来製作所黒井田工場内で稼動開始。
  • 平成25(2013)年10月
    • ISO/TS16949:2009認証取得。
平均勤続勤務年数 17年(2016年調べ)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8日(2016年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)守谷刃物研究所
管理部 総務課 田中 徹
TEL:0854-23-1311
FAX:0854-23-1403
採用チーム直通TEL:0800-600-6330(通話料無料/平日・10:00~18:00)
URL https://moriyacl-saiyou.com/
交通機関 JR安来駅より車で5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp73691/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)守谷刃物研究所と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ