最終更新日:2019/6/17

  • 正社員
  • 既卒可

(株)交通新聞社

現在、応募受付を停止しています。

  • 出版
  • 新聞
  • 広告
  • インターネット関連
  • サービス(その他)
本社
東京都
資本金
7,000万円
売上高
76億円(2017年3月期実績)
従業員
281(男性178、女性103)名 ※2018(平成30)年4月1日現在
募集人数
6~10名
  • 業種 出版、新聞、広告、インターネット関連、サービス(その他)
  • 本社 東京都
  • 資本金 7,000万円
  • 売上高 76億円(2017年3月期実績)
  • 従業員 281(男性178、女性103)名 ※2018(平成30)年4月1日現在
  • 募集人数 6~10名

「本×旅×人」の力で市場に新しい価値を創造し続けている出版社です。『JR時刻表』『旅の手帖』『散歩の達人』などのほか、デジタル分野にも積極的に進出しています。

■2020採用 会社説明会 Youtube公開しました■ (2019/05/21更新)

こんにちは。交通新聞社 採用担当です。
この度は弊社ページにお越しいただきありがとうございます。

2020採用についての会社説明会の様子を、Youtubeで公開いたしました!
https://www.youtube.com/channel/UCOb5NPZFGDvvUP_Jvq8RU6A/videos?disable_polymer=1

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
月刊誌『JR時刻表』『旅の手帖』『散歩の達人』のほか、数多くの出版物を手掛けてきた同社。交通新聞社新書やこどもの本などへも力を入れています。
PHOTO
2017年度新入社員がプロジェクトメンバーとなり、レイアウトを考えた社内共有スペース。「明るくなった!」と社内外から好評をいただいています。

新しい発想、新しい表現で、可能性を追求する交通新聞社。

PHOTO

スマートフォンで気軽に使える『デジタルJR時刻表Lite』

◆JRグループの安定性と信頼を武器に常にチャレンジを続ける
当社は、旧国鉄関連団体として創業以来、鉄道会社様や旅客の皆様に有益な情報を提供してきました。時刻表や社内報をはじめとする各種出版物の制作を受託・発行する事業を通して、JRグループ各社と深い関係性を構築。同時に、長年培った取材力を活かし、『旅の手帖』『JR時刻表』など、多くの方に利用されるメディアを作り展開しています。このように、JRグループ内で築き上げた信頼や実績を武器に多くのお客様と強固な関係を結んでおり、それが安定した業績につながっているのです。また、現在の状況に甘んじることなくチャレンジを続け、デジタルサイネージやアプリ開発などのデジタル関連事業にも力を入れて多角的な事業展開を進めています。

◆若手を積極登用して新しい風を社内に起こす
出版業界が市場縮小の一途にあるなか、当社ではweb事業・コンテンツのデジタル化・インバウンド関連商品等の取り組みに着手しています。『デジタルJR時刻表』の開発など、現在その先頭に立っているのは、社歴の浅い社員。また、社内共有スペースのレイアウトを新入社員中心で考えるなど、全社の若手が一丸となって進めるプロジェクトも発足しています。このように、年次に関わらず新しいアイデアを発言・実行できるのが当社の強みです。社員に向けて「自ら考え自ら動くこと」、そして「新しいこと」はそれぞれの仕事の中にあるということを常に意識づけ、社員主導型経営を実践しています。

◆ジョブローテーション制度を導入し様々な職種を経験できる
当社では、採用の際に募集職種を設定しておりません。ジョブローテーションにより、平均2~4年のサイクルで複数の職種・地方拠点(転勤)を経験していただきます。豊富な経験によって自分の可能性の幅を広げるとともに、市場調査から制作・販促までの一連のビジネスプロセスを理解できるようになるからです。例えば、販売部ではフェアやイベントの企画を、編集部では市販雑誌や受託物の製作を、コミュニケーションデザイン(広告)事業部では広告の企画などを担当。その経験を通して、書店営業を理解した編集、編集ノウハウを持った広告企画、紙媒体商品のデジタル化など、社員それぞれが複数の専門性を持つことによって事業展開の可能性を広げたいと考えています。

会社データ

プロフィール

当社の成り立ちは、旧国鉄系団体「鉄道弘済会」により「弘済出版社」(1958年~)が、現公益財団法人交通協力会により「交通新聞社」(『陸輸新報』(当時)発行1943年~)が、それぞれ設立されたことに始まります。
両社は、出版社・新聞社として有益な情報を編集・提供することを通じて、鉄道・交通界の発展と、読者の方々への有益かつ迅速な情報提供に努めてまいりました。
そして、2001年12月に「弘済出版社」「交通新聞社」が合併し、より価値ある情報提供を実現できるよう、現在の「交通新聞社」の体制となりました。

現在、書店では『旅の手帖』『散歩の達人』や『JR時刻表』『鉄道ダイヤ情報』などの月刊誌、児童書や新書などと、幅広いラインナップで当社商品が並んでおり、皆さんも何らかの商品をご覧になったことがあると思います。
また、市販商品以外にも企業の社内報・年史といった受託制作物や、乗換検索サイトで利用されるJR線時刻データ提供をはじめとしたデジタル分野での新たなカタチの情報提供についても、積極的に展開を行っています。

また、2011年12月より中期経営計画「チャレンジ100」を策定、「新たな領域への挑戦」などのテーマに沿って、事業を拡大すべく全社一丸となって取り組んでいます。2014年10月には、本社を千代田区麹町から千代田区神田駿河台に移転し、環境を新たにすることとなりました。

組織や商品の形を変えながらも、当社は「鉄道・交通界の発展と、読者の方々への有益かつ迅速な情報提供」をテーマに、読者の皆様、株主であるJRグループや全国の鉄道事業者様に貢献していきます。

事業内容

PHOTO

『トレたび』や『デジタルJR時刻表』など、インターネット・デジタルコンテンツも積極展開。出版社ならではの「紙とデジタルの合わせ技」も重要な研究事項です。

【新聞事業】
1898(明治31)年創刊の『鉄道時報』を引き継ぐ『交通新聞』は、鉄道を中心とした交通・運輸業界に関わる様々な情報を提供する総合専門紙です。2013年12月に通巻2万号を迎えました。

【時刻情報事業】
50年以上にわたって発行し続けている『JR時刻表』(現在)をはじめ、『文字の大きな時刻表』『コンパス時刻表』『小型全国時刻表』『東京時刻表』などの市販商品のほか、全国各鉄道事業者様から受注制作している駅貼りの大型時刻表や名刺判時刻表などの業務用商品まで、使用目的や地域性に対応した様々な時刻表を発行しています。
また、時刻表コンテンツのデジタル展開にも注力。時刻表編集時に制作される『時刻表データ』の乗換検索エンジン向け提供を始め、駅構内図や列車編成表等のデジタルデータの提供、駅などの各種施設向けデジタルサイネージの取扱い、『デジタルJR時刻表』アプリのリリースなど、BtoB・BtoC両面で事業の幅を広げています。

【出版事業】
『旅の手帖』『散歩の達人』『鉄道ダイヤ情報』等、鉄道・旅をテーマにした雑誌・書籍を多数発行。また、鉄道や旅をテーマにした『交通新聞社新書』シリーズや、音の出る写真絵本やカード図鑑等の児童書も展開しています。
このような市販出版物のほか受託出版物も手掛けており、JR6社共同運営組織である『ジパング倶楽部』の会員誌編集や社内報編集、カレンダーの製作や社史などの受託制作・自費出版も手がけています。
また、市販雑誌編集ノウハウを生かした鉄道・旅行情報サイト『トレたび』の運営、近年急速に拡大している電子書籍市場への参入など、当社が保有するコンテンツのデジタル展開に関する企画・開発も積極的に進めています。

【コミュニケーションデザイン(広告)事業】
雑誌や『交通新聞』といった自社出版物の広告営業のほか、全国の交通広告の取扱いや、ポスター・パンフレットなどのオリジナル制作物受注等、幅広く扱っています。
そのほか、各種媒体でのタイアップ広告、JR東日本のイベント「駅からハイキング」等、企画提案型営業も行っています。
本社郵便番号 101-0062
本社所在地 東京都千代田区神田駿河台2-3-11 NBF御茶ノ水ビル
本社電話番号 03-6831-6700
設立 1958(昭和33)年2月28日
創業 弘済出版社と(旧)交通新聞社の合併により、現在の交通新聞社となる。
資本金 7,000万円
従業員 281(男性178、女性103)名 ※2018(平成30)年4月1日現在
売上高 76億円(2017年3月期実績)
代表者 代表取締役社長 横山 裕司
事業所 本社 :東京都千代田区

支社 :北海道支社(札幌市中央区)、東海支社(名古屋市中村区)、
    西日本支社(大阪市北区)、中国支店(広島市東区)、
    四国支社(高松市)、九州支社(福岡市博多区)

営業所:仙台、新潟、静岡、金沢、米子、
    岡山、松山、高知、徳島
経営理念 交通新聞社は、わが国の交通・観光の「総合情報サービス企業」として、正確で有益な情報を迅速に提供し、社会の発展に貢献します。
株主構成 北海道旅客鉄道(株)、東日本旅客鉄道(株)、東海旅客鉄道(株)、西日本旅客鉄道(株)、四国旅客鉄道(株)、九州旅客鉄道(株)、日本貨物鉄道(株)、ソフトバンク(株)、鉄道情報システム(株)
子会社 交通新聞クリエイト(株)
目的 1.新聞その他の定期刊行物の発行
2.時刻表及び書籍、雑誌等の出版・販売並びに取次販売
3.出版物に関する企画、編集、発行の受託
4.交通各界に関する各種調査研究及び研修会、講習会等の企画及び運営
5.旅客鉄道株式会社グループの旅客サービスに関する会員証発行等の取扱い
6.広告事業
7.通信販売
8.上記各号に附帯する一切の事業
主な取引先 北海道・東日本・東海・西日本・四国・九州各旅客鉄道及び各社広告代理店並びに各社バス会社、日本貨物鉄道
ソフトバンク、鉄道情報システム、鉄道総合技術研究所、鉄道弘済会
北海道キヨスク、JR東日本リテールネット、東海キヨスク、ジェイアール西日本デイリーサービスネット、四国キヨスク、JR九州リテール、日本ホテル
トーハン、日本出版販売、大阪屋栗田
JTBパブリッシング
日本旅行、近畿日本ツーリスト、東武トップツアーズ、阪急交通社、読売旅行、コープサービス、名鉄観光サービス、京王観光
JRグループ協定旅館ホテル連盟
東武鉄道、小田急エージェンシー、西武鉄道、東京臨海高速鉄道、、東急エージェンシー、東葉高速鉄道、アド近鉄、名古屋鉄道、ウェッジ、京王エージェンシー
電通、博報堂DYメディアパートナーズ、アサツー ディ・ケイ
日立製作所、日本たばこ産業、オリンパス
日立システムズ、ヴァル研究所、ジョルダン、駅探、ヤフー、アップル、グーグル、ぐるなび、NTTドコモ、ゼンリンデータコム、ナビタイムジャパン、KDDI 等
平均年齢 44.8歳(2018年10月現在)
平均勤続年数 15.50年(2018年10月現在)
沿革
  • 1943(昭和18)年 4月
    • 『交通新聞』創刊
  • 1958(昭和33)年 2月
    • (株)弘済出版社設立
      『全国時間表』創刊
  • 1977(昭和52)年 2月
    • 『旅の手帖』創刊
  • 1985(昭和60)年 6月
    • ジパング倶楽部会員誌『ジパング倶楽部』創刊
  • 1987(昭和62)年 4月
    • 『JR時刻表』創刊
  • 1996(平成8)年 4月
    • 『散歩の達人』創刊
  • 2001(平成13)年12月
    • (株)弘済出版社と(株)交通新聞社が合併、社名を「(株)交通新聞社」に変更
  • 2008(平成20)年10月
    • 鉄道・旅行Webマガジン『トレたび』(JR6社協力)開設
  • 2009(平成21)年 6月
    • 『交通新聞社新書』シリーズ創刊
      タッチパネル式デジタルサイネージ端末「駅情報ボード」開発
  • 2013(平成25)年12月
    • 12月18日付で『交通新聞』が通巻20,000号となる
  • 2014(平成26)年9月
    • 『散歩の達人』並びに『旅の手帖』の電子版を配信開始
  • 2014(平成26)年10月
    • 本社を千代田区麹町から千代田区神田駿河台に移転
  • 2014(平成26)年12月
    • おでかけがもっと楽しくなるお役立ちエッセイシリーズ「散歩の達人POCKET」創刊
  • 2015(平成27)年1月
    • 月刊誌『鉄道ダイヤ情報』から派生した鉄道書籍シリーズ『DJ鉄ぶらブックス』創刊
  • 2015(平成27)年5月
    • インバウンド向け鉄道・旅行情報サイト『TORETABI JAPAN』開設
      タブレット端末用アプリ『デジタル JR時刻表』サービス開始
  • 2015(平成27)年12月
    • タブレット端末用アプリ『デジタルJR時刻表Pro』サービス開始
      スマートフォン用アプリ『デジタルJR時刻表Lite』リリース
  • 2016(平成28)年12月
    • スマートフォン用アプリ「DJ鉄道楽ナビ」サービス開始
  • 2018(平成30)年4月
    • 『交通新聞』の電子版を配信開始
  • 2018(平成30)年5月
    • 厚生労働省認定 子育てサポート企業「くるみん」マーク取得
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 平均有給取得日数:12.7日
平均有給取得率 :65%  (2017年度実績)

採用データ

先輩情報

パンフレット制作や雑誌広告の提案
M.K
東洋大学
コミュニケーションデザイン事業部
PHOTO

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)交通新聞社 総務部人事課 採用担当
〒101-0062
東京都千代田区神田駿河台2-3-11 NBF御茶ノ水ビル

※2020採用の実施詳細について、個別のお問い合わせにはお答えいたしかねますのでご了承ください。
URL https://www.kotsu.co.jp/
E-mail recruit-f@kotsu.co.jp
交通機関 JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」下車 徒歩4分
都営地下鉄三田線「水道橋駅」下車 徒歩6分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp74611/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)交通新聞社と業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ