最終更新日:2019/5/22

  • 正社員

日本貨物航空(株)(日本郵船グループ)

  • 空輸
  • 物流・倉庫
本社
千葉県
資本金
100億円
売上高
979億円(2018年3月期)
従業員
783名(2018年4月1日現在)
募集人数
6~10名
  • 業種 空輸、物流・倉庫
  • 本社 千葉県
  • 資本金 100億円
  • 売上高 979億円(2018年3月期)
  • 従業員 783名(2018年4月1日現在)
  • 募集人数 6~10名

日本で唯一の国際航空貨物専門の航空会社

採用担当者からの伝言板 (2019/04/15更新)

日本貨物航空(株)(日本郵船グループ) 採用担当です。
弊社の2020年度新卒採用ページにアクセスしていただきありがとうございます。

【エントリー締め切りについて】
4月15日(月)9時でエントリーを締め切らせていただきました。
たくさんのご応募ありがとうございました。
書類選考の結果は合否に関わらず4月下旬にマイナビを通じてご連絡いたします。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
最新鋭のボーイング747-8F機を計8機保有。スピーディかつ高品質に、航空貨物輸送への期待に応え、物流の可能性を広げていきます。
PHOTO
精密機器から競走馬まで、その多種多様な貨物からは日本経済の一端もうかがえます。貨物の特性に合わせて、丁寧かつ迅速に、そして安全に届けるのが当社の大きな使命です。

世界に挑戦していく日本で唯一の国際航空貨物専門航空会社

PHOTO

定期便運航だけでなく、チャーター便にも力を入れており、さまざまなニーズにフレキシブルに応える体制を整えています。

日本貨物航空(NCA)は、国際航空貨物専門の航空会社です。
アジア、欧米の15都市に定期便を就航し、さらにニーズに応じてチャーター便も運航しています。

■貨物専門の航空会社として
世界最高水準の輸送品質を目指して、貨物をより安全に、より確実に、より迅速に運ぶことを追求し続けてきました。パソコン、携帯電話、生鮮品などの普段よく目にするモノはもちろん、温度・湿度・振動に配慮する必要のある精密機械や動物、美術品や医療品など、『NCAに運べないものはない』と言われる程に多種多様なモノを運んでいます。貨物専門の強みを活かして、みなさんの日々の生活を陰ながら、そして精一杯支えています。

■NCAの挑戦
多様化する顧客ニーズに柔軟かつ迅速に対応すべく、定期便だけではなくチャーター便も運航しています。少数精鋭で事業を展開しながらも、これまでに積み上げた就航実績は世界五大陸を網羅します。各部署が素早く連携をとり、チャータービジネスを迅速に実現させているのです。競争の激しい国際航空貨物業界の中で、より良いサービスを提供するため、一歩一歩着実に歩みを進めています。
更なる飛躍を目指して、NCAでは2012年より最新鋭のボーイング747-8F型貨物機を導入しています。この機体は従来の747-400F型貨物機に比べ、貨物搭載量が約20トン増加する一方で、燃費は大幅に向上、更にCO2排出量を抑えた環境適応型の最新鋭機です。成田でのスムーズな貨物の受け渡しを可能にした南部貨物地区、環境に最大限配慮したエコハンガーなどを武器に、お客様からの一層の信頼を得るべくこれからも挑戦し続け、国際物流の大動脈の一翼を担っていきます。

■NCAのやりがい
日々変化していく国際航空貨物業界という大きな舞台で生き残っていくことは容易なことではありません。しかし、大きな舞台だからこそ、のびしろはいくらでもある、自分次第でどこまででも伸ばせる―やりがいは必ず感じられます。少数精鋭ゆえ、一人ひとりに求められるパフォーマンスの広さ・高さに圧倒されることもあるかもしれませんが、上司とコミュニケーションをとる機会は多く、先輩も必ず支えてくれます。自分らしく挑戦できる環境がきっとあるはずです。

会社データ

プロフィール

日本貨物航空(NCA)は1985年に運航を始めた日本で唯一の国際航空貨物専門の航空会社です。NCAの貨物専用機は、陸海空のネットワークを世界中に持つ日本郵船(NYK)グループの一員として、日夜、アジア・米州・欧州を飛び回っています。

事業内容

PHOTO

NCAは物流と航空の両方の側面を持った事業です。自社体制で飛行機を運航し、日々貨物を輸送しています。

■定期航空運送事業
■不定期航空運送事業及び航空機使用事業
■その他付帯事業
本社郵便番号 282-0011
本社所在地 千葉県成田市成田国際空港内 NCAライン整備ハンガー
本社電話番号 0476-30-3837
設立 1978年9月27日
資本金 100億円
従業員 783名(2018年4月1日現在)
売上高 979億円(2018年3月期)
国内事業所 【本社(成田事務所)】
千葉県成田市成田国際空港内 NCAライン整備ハンガー

【成田空港支店】
千葉県成田市成田国際空港内南部第3・4貨物ビル事務棟202

【東京事務所】
東京都港区西新橋三丁目23番5号 御成門郵船ビルディング9階

【大阪営業所】
大阪府大阪市中央区瓦町3-5-7 NREG御堂筋ビル4階
海外事業所 香港、シンガポール、タイ、中国、台湾、アメリカ、オランダ、イタリア、ドイツ
沿革 1978年9月27日
日本郵船を主導とする複数会社の共同出資により設立。
1984年12月17日
初号機ボーイング747-200Fをボーイング社より受領。
同年国際航空運送協会 (IATA) への加盟承認。
1985年5月8日
初便就航(成田 - サンフランシスコ - ニューヨーク)
第二次世界大戦後の日本の航空会社としては2番目の国際線定期便進出となる。
1985年11月1日
不定期航空運送事業免許を取得。貨物チャーター便の運航が可能となる。
1986年
香港に路線展開。
1987年
シンガポールに路線展開。
1988年
アンカレッジ、アムステルダムに路線展開。
1989年
バンコクに路線展開。
1990年
ソウルに路線展開。
1991年
シカゴ、ロサンゼルスに路線展開。
1993年
ミラノに路線展開。
2005年6月15日
ボーイング747-400F初号機をボーイング社より受領。6月欧州線に投入。
2005年11月
次世代主力機ボーイング747-8Fを発注。同型機のローンチカスタマーとなる。
2007年10月
成田空港内に運航管理部門の拠点となるグローバルオペレーションセンター (GOC) を開設。
2008年3月28日
ボーイング747-200Fが退役し、ボーイング747-400Fに統一。
2011年2月20日
台北に路線展開。
2012年8月
最新鋭のボーイング747-8Fをボーイング社より受領。
2013年4月
フランクフルトに路線展開。
2013年5月
北九州に路線展開。
2019年2月
ボーイング747-400Fが退役し、ボーイング747-8Fに統一。
株主 日本郵船(株)
グループ会社 NCA Japan(株)
平均勤続勤務年数 11年8ヶ月(2019年1月時点)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 12時間(2018年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 12日(2018年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 14名(女性4名、男性10名、2017年度実績)

正社員は全員取得可能。
ただし以下を除く。
・勤続年数が1年に満たない者
・1年以内に雇用関係が終了することが明らかな者
前年度の育児休業取得者数 6名(女性4名 男性2名、2017年度実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 3.8%(役員及び管理的地位にある者131名中女性5名、2019年1月時点)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒282-0011
千葉県成田市成田国際空港内 NCAライン整備ハンガー
採用担当
TEL:0476-30-3837
E-mail new_recruits@nca.aero
交通機関 最寄り駅:芝山千代田駅(芝山鉄道)
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp7501/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
日本貨物航空(株)(日本郵船グループ)と業種や本社が同じ企業を探す。
日本貨物航空(株)(日本郵船グループ)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。
【有力企業グループ特集】日本郵船グループ

ページTOPへ