最終更新日:2019/1/18

(株)マツモト

  • スーパーマーケット
本社
京都府
資本金
9,800万円
売上高
519億円(2018年2月決算)
従業員
正社員:465名(男373、女92) パート・アルバイト:2,203名  ※2018年10月現在
  • 業種 スーパーマーケット
  • 本社 京都府
  • 資本金 9,800万円
  • 売上高 519億円(2018年2月決算)
  • 従業員 正社員:465名(男373、女92) パート・アルバイト:2,203名  ※2018年10月現在

京都発祥!20期連続増収!京都で食品売上トップクラスのスーパーマーケットです!

会社紹介記事

PHOTO
2018年に「宇治小倉店」をオープン。京都を中心に23店舗を展開する当社は、スーパーマーケット事業に専念し“地域のお客様に喜ばれる強い店づくり”を目指します。
PHOTO
店舗の入り口に位置する青果コーナーには、旬の新鮮な野菜や果物がズラリ。お客様が手に取りやすいよう低い位置に商品を並べ、市場のような盛況感を演出しています。

スタッフの成長を応援し、地域のお客様に信頼され、親しまれる店づくりに挑戦!

PHOTO

「店舗間のヨコの繋がりが強く、何かあれば他店から応援に来てくれる一体感のある組織。家族のような温かな雰囲気の中で若手ものびのびと活躍しています」と語るふたり。

■4店舗を任せてもらい、多くの人と関わることで視野を広げる
トップの想いや経営方針を伝え、店長の指導や育成を担うブロックマネジャーとして、京都・大阪エリアの4店舗を統括しています。常に心がけているのは、店長の個性を活かした特徴ある店づくり。若くして店長になったメンバーが多いなか、「失敗してもいいから自分で考えよう」と仕事を任せ、自信を持ってもらうことで成長を支援。さらに他店での成功事例や取り組みを積極的に共有しています。店長と共に苦労し、売上目標を達成したときは、自分のことのように嬉しくなりますね。私自身、これまでの数倍以上の店長や従業員、お客様と関わることで、ぐんと視野が広がりました。
当面の目標は既存店の業績を維持し、2017年9月にオープンした「くずは北店」を軌道に乗せること。新店では今までのやり方が通用しないことも多くありますが、お客様のニーズに合った店の強みをつくり、昨日より今日、先月よりも今月と着実に実績を上げていきたいですね。社長との距離が近く、直接指導を受けたり、提案のできる風通しのいい環境の中で挑戦を続け、これからも会社の成長に貢献していきます。
(南畑 満/店舗運営部/1997年入社)

■フェスティバルで全国優勝。レジ部門のお手本となってレベルアップを!
今年は「くずは北店」の新店立ち上げに携わりました。レジ部門では10代から50代までの約40名のパートさんを新規採用し、挨拶や言葉遣い、レジ操作などをイチから指導しました。最初に目指したのは、商品のスキャニングのスピードアップ。一人ひとりの動きを見て、課題やスピードに合わせた個別トレーニングを実施。月1回のスピードテストで1品当たりのタイムがどんどん縮まり、成果を実感できました。
接客に力を入れているマツモトでは、オール日本スーパーマーケット協会が主催する『チェッカーフェスティバル』で毎年のように優秀賞を受賞しています。2017年には会社を代表してフェスティバルに参加し、なんと私が優秀賞に! 他店からも注目されるなか、みんなのお手本として振る舞い、店舗全体のレベルアップや個人の成長に繋げたいと思っています。
レジ部門はスーパーの最後の砦。笑顔での接客はもちろん、商品の鮮度や状態を丁寧に確認して信頼を築き、気持ち良く帰っていただけるように頑張っていきます。
(奥村 真実/くずは北店 レジ部門/2015年入社)

会社データ

事業内容

PHOTO

「食を通して地域社会を豊かにする」をテーマに、地域のお客様に愛される快適なお店づくりをすすめています。

【スーパーマーケットの経営】
京都府内22店舗(京都市、向日市、長岡京市、宇治市、亀岡市、南丹市、綾部市)
大阪府内1店舗(枚方市)
本社郵便番号 621-0817
本社所在地 京都府亀岡市西竪町61-1
本社電話番号 0771-24-3751
設立 1951年3月10日
資本金 9,800万円
従業員 正社員:465名(男373、女92)
パート・アルバイト:2,203名  ※2018年10月現在
売上高 519億円(2018年2月決算)
売上高推移 決算期      売上高(単位:百万円)
────────────────────
2009年2月    38,300  前年比
2010年2月    41,700 (8.9%増)
2011年2月    43,300 (3.8%増) 
2012年2月    44,600 (3.0%増)
2013年2月    44,700 (0.2%増)
2014年2月    45,400 (1.6%増)
2015年2月    46,000 (0.1%増)
2016年2月    48,000 (4.3%増)
2017年2月    49,300 (2.7%増)
2018年2月    51,900 (5.2%増)
事業所 本社/京都府亀岡市

店舗/23店舖(京都22、大阪1)

物流センター/1カ所
平均年齢 34.7歳(男性36.3歳 女性28.6歳)
加盟団体 オール日本スーパーマーケット協会(AJS)

AJSは1店1店が強い本格的なスーパーマーケットづくりを志す情熱あふれるスーパーマーケットが結集したグループです。
互いの店舗見学や事例発表、情報交換などを盛んに行っており、業界内でも非常に勉強熱心なグループです。
取引銀行 京都銀行、三菱東京UFJ銀行、等
沿革
  • 1751年
    • 丹波亀山藩城下にて屋号「横田屋」として商家を創設
  • 1951年
    • 食品問屋として(株)マツモトを設立
  • 1955年
    • 京都府下初のセルフサービス店として紺屋町店を開設
  • 1961年
    • スーパーマーケット第1号店として安町店を開設
  • 1979年
    • 本部ビル完成。6号店中央店を開設
  • 1984年
    • 大井店を開設
  • 1990年
    • POSシステムを全店導入
  • 1994年
    • 新そのべ店を開設
  • 1997年
    • 京都北部地域の綾部市に進出。あやべ店を開設
  • 1998年
    • 亀岡市内に千代川店を開設
  • 1999年
    • 京都市内に進出、京都市内第1号店として上桂店を開設
  • 2000年
    • 京都市内2号店、大原野店を開設
      亀岡市内に、荒塚店を開設
  • 2002年
    • 京都市内3号店、伏見店を開設
  • 2004年
    • WEB発注システム完成
  • 2005年
    • 京都市内4号店、五条店を開設
      向日市内に進出 向日店を開設
  • 2007年
    • 新商品分析システム導入
  • 2008年
    • 新発注システム導入
  • 2009年
    • 京都市内5号店 新丸太町店を開設
  • 2010年
    • 京都市内6号店 洛南店を開設
  • 2011年
    • 京都市内7号店 西小路御池店を開設
  • 2012年
    • 京都市内8号店 桂東店を開設
  • 2015年
    • 京都市内9号店 北山店を開設
  • 2016年
    • 長岡京市内に進出、長岡京店を開設
  • 2017年
    • 宇治市内に進出、宇治西店を開設
      大阪府に進出、大阪府第1号店としてくずは北店を開設
  • 2018年
    • 宇治市内2号店、宇治小倉店を開設
平均勤続勤務年数 11.9年(男性13年 女性6.5年)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 14.6時間
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 4.6日
前年度の育児休業取得対象者数 15名(うち女性3名 男性12名)
前年度の育児休業取得者数 3名(うち女性3名 男性0名)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)マツモトと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)マツモトを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ