最終更新日:2019/5/27

  • 正社員

会津オリンパス(株)

現在、応募受付を停止しています。

  • 医療用機器・医療関連
  • 精密機器
本社
福島県
資本金
2億1,400万円
売上高
511億150万円(2018年3月期)
従業員
1,957名(2018年4月現在)
募集人数
若干名
  • 業種 医療用機器・医療関連、精密機器
  • 本社 福島県
  • 資本金 2億1,400万円
  • 売上高 511億150万円(2018年3月期)
  • 従業員 1,957名(2018年4月現在)
  • 募集人数 若干名

ご存知でしたか?オリンパスは消化器内視鏡の世界シェアトップクラスのメーカーです。

採用担当者よりメッセージ☆彡 (2019/05/27更新)

こんにちは!
会津オリンパス採用担当です。

2020卒対象の採用活動は終了いたしました。
たくさんのご応募ありがとうございました。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
「会津オリンパスを志望したのは、社会に貢献できる仕事ができること、そして働く人の雰囲気が良かったから」と話す皆さん。「日々、やりがいを感じています」
PHOTO
内視鏡は光学、機械、電気などあらゆる技術と匠の技が組み合わさった芸術品とも言えるもの。製造工程を見学に訪れるドクターからも称賛されています。

技術職・事務職が力を合わせ、世界の医療機器をリードする拠点を支えています

PHOTO

2016年4月に新工場棟を竣工した会津工場。会津気質と呼ばれる勤勉かつ実直な風土と調和を保ちながら、地域に根差す企業として日々たゆまぬ努力を続けています。

会津オリンパスは、消化器内視鏡では世界シェアの約7割(※)を占めるオリンパスグループにおいて、その開発から製造、サービス技術支援までを一貫して行う欠かせない存在です。
医療用内視鏡は現代の低侵襲治療に欠かせない製品であり、その開発段階からものづくりに携わることができるチャンスが当社にはあります。部品加工から組立まで一貫生産を行う当社には、光学、機械、電気などあらゆる分野の最先端技術が集結しており、技術職には製品設計、工程設計、加工法開発、生産方式・技能確立など幅広いフィールドで活躍するチャンスが待っています。社員はものづくりが好きで、「世界のどこにもない新しいものを自分たちがつくっていくんだ」という熱いハートで仕事に取り組んでいます。
この熱意は事務職の社員も同じです。「メーカーの事務職って何をするのだろう」と思う学生さんもいるかもしれませんが、生産管理、部材調達、経理、人事・労務、そして広報など仕事は多岐にわたります。例えば生産管理は、世界中からのオーダーを生産計画に反映させ、製造工程をコントロールする、まさに司令塔の位置付けです。また、人事が担うのは採用だけではありません。状況に合った人事制度や教育体系等を構築することで、皆さんのやる気をより高めることも大きな役割です。どれも世界に誇れる内視鏡開発・製造の拠点を支える仕事であり、大きなやりがいを感じるのではないでしょうか。
当社ではこれからも、周囲をどんどん引っ張っていくような、意欲的な社員を育てていこうと考えています。まずは会社説明会などを通して、たくさんの学生さんとお会いしたいですね。


※2014(平成26)年度特許出願技術動向調査 特許庁調べ

会社データ

プロフィール

オリンパスグループは、長い経験によって培われた光学技術と最先端のデジタル技術の融合からなるコア・コンピタンス「Opto-Degital Technology」により、内視鏡、デジタルカメラ、顕微鏡、ICレコーダーなどを通して社会に価値を提案しています。

観察に加えて処置・治療も可能な内視鏡は医療現場において欠かすことのできない医療機器として全世界に普及してきました。オリンパスの内視鏡は世界中のドクターに愛されており、消化器内視鏡のシェアは世界トップクラス。内視鏡には、患者さんの負担をできるだけ少なくする「低侵襲医療」の更なる進歩を目指し、より高い付加価値が求められています。

会津オリンパスは1970年、内視鏡需要の高まりを受けて創立されました。
1984年には製品開発機能を導入。ISO13485・14001の取得をした後、2004年には外科内視鏡スコープの生産も開始しました。最近では、高精細なハイビジョン内視鏡、特殊光観察が可能な内視鏡、より迅速で正確な手術をサポートする3D内視鏡、気管支や鼻咽喉・膀胱・尿管・子宮・脳室といったさまざまな部位で使用される細径内視鏡などの「新しい価値の提案」に応えています。

私たちは、これまで培った製造のノウハウと技術力、最新の設備を融合させ、オンリーワンの技術をもつ内視鏡製造拠点を目指します。

事業内容

PHOTO

内視鏡先端のレンズは、最小で直径0.25mm。会津オリンパスが誇る、超精密加工技術と匠の技によって作り上げられます。

会津オリンパスは低侵襲医療として注目される医療用内視鏡および周辺機器の開発製造を行っています。

内視鏡には、患者さんの負担をより軽減し、早期発見・早期治療を実現するために、高い付加価値が求められています。内視鏡の細径化が求められるほど、構成する各パーツは微細化せざるを得ません。

そんな内視鏡のなかには超精密加工技術と匠の技がいっぱいです。
例えば直径0.25mmのレンズ加工を必要とする直径0.5mmの内視鏡。顕微鏡をのぞいてみえる先端のレンズの小ささには本当に驚かされます。

オリンパスは内視鏡事業に着手した当初から、『無いものは自分達でつくる』ことにこだわり、貫いてきました。今でもその志は変わりません。
スコープ先端の複雑な形状の金属加工部品、挿入管、コントロール部等部品をつくるための工具、さらには加工機まで作ってしまいます。

図面上の「構想」から「製品」へと具現化し、世界市場においてトップクラスのシェアを誇るオリンパスの内視鏡の発展と進化を支えているのが、私たち会津オリンパスなのです。

“自分達の形にした内視鏡が全世界の医療現場で活躍している…。”

会津オリンパスの社員にとって“誇り”ともいえるこの想いが、新しい“夢”を紡いでいます。
本社郵便番号 965-8520
本社所在地 福島県会津若松市門田町大字飯寺字村西500
本社電話番号 0242-28-2111
設立 1970(昭和45)年
資本金 2億1,400万円
従業員 1,957名(2018年4月現在)
売上高 511億150万円(2018年3月期)
代表者名 代表取締役社長 山崎 等
事業所 【会津工場】
福島県会津若松市門田町大字飯寺字村西500
【北会津工場】
福島県会津若松市真宮新町北1丁目95
株主構成 オリンパス(株)(100%出資)
平均勤続勤務年数 13.8年(2017年度実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 15.5時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 94名(うち女性45名、男性49名) ※2017年度実績
前年度の育児休業取得者数 47名(うち女性47名、男性0名) ※2017年度実績

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒965-8520
福島県会津若松市門田町大字飯寺字村西500
担当/総務グループ人事チーム 山口、中川
TEL:0242-28-2149(ダイヤルイン)
URL http://www.aizu.olympus.co.jp/
E-mail メールでのお問い合わせは、会社HP“お問い合わせフォーム”をご利用ください。その際お問い合わせ分野欄・「新卒採用について」にチェックを入れてください。
交通機関 【お車をご利用の場合】 <所要時間:約10分>
磐越自動車道 会津若松IC下車。
国道49号高瀬交差点からオリンパス看板にしたがって南下してください。(所要時間:約10分)

【電車をご利用の場合】
●JR各線「会津若松駅」よりバス利用<所要時間:約18分>
駅前バス乗り場より高田・永井野線に乗車。

「オリンパス前」バス停下車。

●JR各線「会津若松駅」よりタクシー利用<所要時間:約15分>
駅前タクシー乗り場より乗車。
「オリンパス会津工場」までと告げてください。
※工場が2カ所あるため 

●JR只見線・会津鉄道「西若松駅」より徒歩<所要時間:約20分>
西口より駅を背に400mほど直進。

出光GS交差点を更に800m程直進。

1つ目の信号を左折して400m。
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp76415/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
会津オリンパス(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
【有力企業グループ特集】オリンパスグループ

ページTOPへ