最終更新日:2019/6/17

  • 正社員
  • 上場企業

(株)トーア紡コーポレーション[グループ募集]

  • 繊維
  • 化学
  • 半導体・電子・電気機器
本社
大阪府
PHOTO

学生服用生地の販売や開発商品の立案・作成

M.F
34歳
信州大学
繊維学部 繊維システム工学科
スクールユニフォーム営業部 SU営業1課

現在の仕事内容

得意先から学校の要望をヒアリングし、どの生地が適切かを考え、時には開発生地を立案・作成して得意先に提案を行いながら商談を進めていきます。
自分が得意先と商談を進めた案件が学校で採用され、生徒が着用して登校している姿を見たときは喜びを感じました。


今の仕事のやりがい

担当5年目、提案した企画でお客様の売り上げが1億円アップしました。
提案の初期段階では試作品に機能性が足りず、工場に足を運んで技術的なことを教えてもらい、改善した試作品を再提案しました。ところが、今度は色が納得してもらえず、上司や同僚にアドバイスをもらい、さらに改善した試作品を提案したところやっと採用が決まりました。
本生産を手配していたところ、お客様から複数の案件で採用されたとの連絡があり、蓋を開けたらお客様の売り上げが1億円アップしていました。落ち着いた頃にお客様から「あなたが一生懸命に私の要望に応えようと頑張ってくれたから、他の案件にも採用した。」と言って頂いたときが一番嬉しく感じました。


この会社に決めた理由

モノづくりに携わりたいと考えメーカーを中心に就職活動を行っている最中に、今の会社と進めている共同研究のお手伝いをすることになりました。
お手伝いをしているうちにモノを作って売るための背景が理解でき、その背景から出来た生地が実際に商品になり、教授が合同記者会見をしている姿を見て、私もこの業界で消費者の役に立つ商品を開発したいと思い決めました。


これまでのキャリア

営業(1年半)→ 生産管理(半年)→ 営業(現職・9年目)


就職活動アドバイス

モノづくりをするためにはニーズの理解や潜在ニーズを読み解くことが必要です。そのためには営業の経験も必要だということが分かりました。
最初からモノづくりに携われなくても、後でモノづくりに携われるチャンスも存在しますので、あきらめずに頑張ってください。


ページTOPへ