最終更新日:2019/1/21

(株)フクヤ

  • ゲーム・玩具・アミューズメント製品
本社
東京都
資本金
3,000万円
売上高
9億7,900万円(2018年1月期)
従業員
20名(男8名、女12名)(2018年11月末現在)
  • 業種 ゲーム・玩具・アミューズメント製品
  • 本社 東京都
  • 資本金 3,000万円
  • 売上高 9億7,900万円(2018年1月期)
  • 従業員 20名(男8名、女12名)(2018年11月末現在)

チャレンジを続ける景品ビジネスの老舗メーカー!「やり抜く力」をもった方、大募集!!

会社紹介記事

PHOTO
企画営業担当と商品企画担当がそれぞれの視点から意見を自由に交換しあえる。先輩に相談しながら、どうやって商品が生まれるのかを知ることから始まる。
PHOTO
今後はオンラインショップの拡大にも力を注ぎたいと語る齋藤さん。「マルチな業務に関わるので、いろんなことに興味を持つことができる人が向いていると思います。」

ショップへ、ライブへ、海外へ!「カワイイ・面白い」輪を限りなく広げている会社です

PHOTO

目下、海外事業の拡大に力を注ぐ田中社長。「求めているのは、面白いと思ったらすぐ動ける人です。今後は海外で仕事をするチャンスも広がっていくことでしょう。」

◆より多角的な事業展開に乗り出しています
当社はこれまで、ゲームセンター向けのプライズ(景品)を中心に、企業のノベルティグッズの企画や製造・卸などを手がけてきました。近年では販売チャネル拡大を目指して、より幅広いマーケットの開拓に乗り出しています。その代表的な例が、コンビニエンスストアの店頭で見かけるキャラクターくじ。当社ではDVDレンタルショップやCDショップ、書店などアニメが好きな方が集まる場所を中心に、販路の拡大に取り組んでいます。2018年6月には自社ECサイト「FUKUYA ONLINE」を開設し、BtoCビジネスにも着手しました。
そして今、新たに注目しているのがライブエンターテインメント事業です。これはプライズで契約をいただいたお客様のライブ会場にクレーンゲームを設置し、グッズの出張提供を行ったことが事業のきっかけになっています。その後もライブやスポーツイベントなどのいわゆる「コト」を提供しているお客様に、当社が企画した「モノ」を合わせることでエンドユーザーの皆様によりご満足いただける環境の提供を追求しています。
一方、海外ではグループ会社FUKUYA HONG KONG LIMITEDを拠点に、アジアでビジネスを展開しており、現在約10ヵ国に向けて、日本の「カワイイ」文化を発信しています。2018年6月には米国法人も設立し、グローバルにビジネスを加速させています。
田中 敬一郎氏(代表取締役社長)

◆ヒットの“目利き”を鍛えていく面白さ
フクヤを志望したのは、自分の創ったモノが残る仕事がしたかったからです。現在、商品の企画から営業、デザイン確認、発注までトータルに携わっていますが、ヒット商品を生みだすには、これから人気が加速しそうなコンテンツを見抜く眼が必要になります。
思い出深いのは、とあるロックバンドと契約した時のことです。バンドの情報を目にした瞬間「いける!」と直感した私は、飛び込みでバンドの所属事務所に連絡をとり、プライズ化の提案を行いました。先方の快諾もあり、キャラクターのプライズが誕生することとなったのですが、これがきっかけとなりライブ会場での出張クレーンゲームにまで発展するという、自分の予想を遥かに超えたこの体験は今でも忘れることができません。実務的な経験を積みながら、同時に直感力を養っていけるところに、この仕事の面白さを感じています。
齋藤 潤一氏 (MDグループ グループリーダー/2008年入社)

会社データ

事業内容
アミューズメント施設向け景品の企画・販売
玩具・雑貨等の卸売り販売
企業向けセールスプロモーション、ノベルティグッズの企画・販売

  全国5,000店舗以上のアミューズメント施設がお客様!
●アミューズメント施設のプロデューサー
クレーンゲーム機等で使用するプライズ景品を企画・制作・販売しています。
施設のニーズや市場のトレンドを背景に、当社で考案するキャラクターやデザインとユニークな商材を掛け合わせ、オリジナルの景品を制作しています。装飾ツールや運営方法の提案と併せ、トータルでプロデュースします。

●ライセンスキャラクタープライズの企画・制作・販売
オリジナルキャラクターも良いけれど人気のキャラクター商品も取り扱いたい、という施設側のご要望にお応えするため、様々なキャラクターの中からニーズを予測し商品ライセンスを取得、プライズ商品にしてご提供します。

●プレミアム・ノベルティグッズの制作サービス
様々な企業向けに、販売促進の仕組みのご提案や商品の企画・制作を行っています。様々な業種のお客様と向き合い、課題解決に努めています。

●キャラクターくじ(キャラ福くじ)
企業のブランドやオリジナルキャラクターを使用したOEM商品として、キャラクターくじの企画制作サービスをご提供しています。

●ライセンスコラボ物販
時流に合った話題のキャラクターの商品化権を取得し、コラボ物販として新たな業種や販売チャネルと適切に結びつけることで、クライアント企業の新たな売り上げ創出に貢献しています。
既存マーケットへの取り組みはもちろん、その他の新マーケットの開拓に向け、チャレンジの毎日です。
「景品に、こんな使い方があってもいい!」、「あのキャラクターの景品が、こんなところにあったら面白い!」といったビジョンがある方のチャレンジをお待ちしています!

●海外への販売拡大
既に海外の一部地域では市場が成立しているアミューズメント。現在はグループ会社を通じ、香港を中心にショッピングモールなどに出店しているアミューズメント施設と取引をしています。今後は中国全域・米・ヨーロッパへの展開も視野に入れています。
本社郵便番号 110-0012
本社所在地 東京都台東区竜泉1-20-10
本社電話番号 03-3872-6840
決算期 1月
設立 1953年5月18日
資本金 3,000万円
従業員 20名(男8名、女12名)(2018年11月末現在)
売上高 9億7,900万円(2018年1月期)
取引銀行 ・三菱東京UFJ銀行/日暮里支店
・三井住友銀行/日暮里支店
・みずほ銀行/稲荷町支店
・東京東信用金庫/入谷支店
・商工組合中央金庫/押上支店
主な取引先 ・アドアーズ(株)・(株)アニプレックス・(株)イオンファンタジー
・エイト・レジャー物産(株)・(株)NHKエンタープライズ・加賀アミューズメント(株)・(株)カーゾック・(株)KADOKAWA・(株)カプコン・(株)共和コーポレーション・キングレコード(株)・(株)ケンメディア・(株)講談社・(株)KOKADO・(株)コロナワールド・サイバーステップ(株)・(株)サイバード・(株)ジェンコ・(株)集英社・(株)小学館集英社プロダクション・松竹(株)・(株)新書館・(株)スクウェア・エニックス・(株)セガ エンタテインメント・(株)ソユー・(株)タイトー・(株)DMM GAMES・(株)TBSテレビ・東映アニメーション(株)・東宝(株)・(株)東北新社・(株)ドワンゴ・日本アニメーション(株)・日本商業施設(株)・日本テレビ音楽(株)・(株)ハローズ・(株)バンダイナムコアーツ・(株)バンダイナムコアミューズメント・(株)フジテレビジョン・(株)プレジャーキャスト・プレビ(株)・(株)プロバックス・(株)マーべラス・(株)マザー牧場・(株)明光ネットワークジャパン・(株)MAGES.・(株)山崎屋・(株)友栄・ユーズ(株)・(株)横浜八景島・(株)よみうりランド・(株)ラウンドワン・(株)レジャラン・(株)ワイドレジャー
関連会社 FUKUYA HONG KONG LIMITED
平均年齢 33歳
所属 東京商工会議所
玩具人形健康保険組合
一般社団法人 日本アミューズメント産業協会(JAIA)
東京玩具人形協同組合
沿革 当社の設立は1953年(昭和28年)、射的や輪投げなどの遊戯屋台景品の販売から商いを始めました。商材は遊園地向けのカーニバル景品を経て、アミューズメント施設向けのクレーンゲーム景品へと発展し、さらに企業としてメーカー機能の強化に舵を切りました。その後は主力のアミューズメント事業のノウハウを活かし、企業向けのセールスプロモーション事業も展開させ、ノベルティ景品の企画制作のほか、物販商品のOEMや別注供給などを手掛けています。近年はキャラクターくじマーケット、自社ECサイト「フクヤオンライン」でのBtoC販売事業、ライブ・イベント会場へのグッズ提供を提案するライブエンターテインメント事業など、販路の拡大に注力しております。私どもフクヤは、時代とニーズの変化に対応しながら65年に渡り景品に携わり続けて参りました。これからも国内外のネットワークを活かした景品の総合商社として、さらなる事業の発展を目指します。
前年度の育児休業取得対象者数 0名(うち女性0名、男性0名 2018年度実績)
前年度の育児休業取得者数 0名(うち女性0名、男性0名 2018年度実績)

会社概要に記載されている内容はマイナビ2019に掲載されている内容を一部抜粋しているものであり、2020年卒向けの採用情報ではありません。企業研究や業界研究にお役立てください。

(株)フクヤと業種や本社が同じ企業を探す。
(株)フクヤを志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ