最終更新日:2019/7/23

  • 正社員

全農グリーンリソース(株)

  • 物流・倉庫
  • 農業協同組合(JA金融機関含む)
  • 商社(食品・農林・水産)
本社
東京都
資本金
8億円
売上高
213億円(2018年3月期)
従業員
99名 (役員・監査役含む)
募集人数
若干名
  • 業種 物流・倉庫、農業協同組合(JA金融機関含む)、商社(食品・農林・水産)
  • 本社 東京都
  • 資本金 8億円
  • 売上高 213億円(2018年3月期)
  • 従業員 99名 (役員・監査役含む)
  • 募集人数 若干名

JAグループの信頼を基盤に肥料の海外原料および製品の輸入から国内物流まで一貫した事業を展開。農業に不可欠な資源の安定確保を通じて日本の農業の発展に貢献しています。

☆アクセスいただきありがとうございます☆ (2019/07/23更新)

全農グリーンリソース(株)にアクセスいただきありがとうございます。
今年度、秋採用を実施致します!
会社説明会の日程は下記のとおりとなります。

・7月31日(水)
 1回目:13:30~15:00
 2回目:15:30~17:00
・8月1日(木)
 1回目:13:30~15:00
 2回目:15:30~17:00

弊社へのお問い合わせ等はお電話やEメールにて承っております。
ご質問・ご相談等がございましたらお気軽にご連絡ください。

電話:03-5209-1211 採用担当(橋野・渡辺)
Eメール:soumu@zgr.jp

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
当社はJAグループの一員として、肥料を中心として農業に欠かせない様々な資源の輸出入業務や保管・国内物流を一貫して行っています。
PHOTO
入社5年目以下の社員を対象とした若手研修の様子。和気あいあいとした雰囲気の中で行われました。

ZGRは商社(海外事業)とロジスティクス(物流事業)機能を結び農業の明日を支えます。

PHOTO

カナダ、ロシア、ドイツ、中国、マレーシア、モロッコなど、世界各地からの肥料原料や製品の安定新規ソース開発にも注力。

当社は、
・全農の肥料農薬の輸出入代行業務を中心とした『海外事業』
・全農や他商社の輸入肥料・製品等を取扱う港湾荷役・倉庫業の『物流事業』
 の2つを大きな柱として事業を展開しております。

■若手社員よる会社紹介

【男性社員M/東京本社 2016年入社】
 当社は海外より船舶にて肥料原料を輸入し、国内の自社倉庫で保管管理を行いオーダーがある都度肥料メーカーやJAへの供給を行っております。私は鹿島支店で現場を経験した後、現在は本社で勤務をしております。
本社では肥料原料の輸入計画、海外の肥料原料メーカーへの発注、国内の在庫管理、国内の肥料メーカーへの輸送を主な業務としております。輸入・通関依頼・国内の配送の全てを行うため、様々な知識が必要となります。私は現在、主に輸入計画と国内の配送を請け負っており、貿易実務・英語の勉強に励んでおります。
 全国の港への通関依頼・倉庫の在庫数量の管理を請け負っているのでトラブル等起きた際には迅速な対応が求められます。大変な点も多いですが、とてもやりがいを感じられる仕事でもあります。
 農業に欠かせない肥料原料の安定供給を行う為に、様々な知識・対応力を身に付け農業に貢献していきます。

【男性社員M/広島支店 2016年入社】
現在、日本国内において消費されている肥料の原料は、ほとんどが海外からの輸入品で賄われています。農業における肥料の役割を鑑みれば、肥料原料の安定した供給は、日本の農業にとって非常に重要な仕事です。
当社の主な業務内容は、海外から輸入された肥料原料や工業用原料を国内倉庫に保管・管理し、国内各地域の納入先へとトラックや船で出荷することです。
私は現在、広島支店に勤務しており、外国から来航する貨物船の対応や、国内に荷物を輸送するための貨物船の対応の他に、倉庫に保管されている荷物の在庫状況や数量の管理等を担当しています。
貨物船への対応には専門的な知識が必要な場面もあり、臨機応変な対応を求められることもありますが、だからこそ達成感も大きく、やりがいを感じる仕事です。農業のため、工業のため、倉庫での保管・管理・流通という間接的な形ではありますが、日本の各産業に貢献しています。


会社データ

プロフィール

全農グリーンリソース(株)は全農グループの一翼を担い、【肥料原料・製品などの輸出入業務】から【港湾での荷役・保管・輸送業務】まで一貫して行っている会社です。品質管理の徹底や環境保全に積極的に取り組んでいます。

事業内容

PHOTO

広島支店からの風景

1. 倉庫業
2. 埠頭業
3. 港湾運送事業
4. 海上運送事業
5. 貨物自動車運送事業
6. 海運代理店業
7. 貨物利用運送取扱事業
8. 船用品販売業
9. 物流加工業
10. 前各号に関する施設・装置の賃貸借、管理および請負業
11. 次の商品に関する輸出入、売買、製造・加工、代理および仲立業
 (1)肥料、肥料原料
 (2)農薬、農薬原体
 (3)その他農業関連資材とその原材料
 (4)鉱工業製品とその原材料
12. 農産物加工原材料の輸出入、売買、代理および仲立業
13. 前各号に関する調査、研究、開発の請負業
14. 前各号に付帯する一切の業務
本社郵便番号 101-0052
本社所在地 東京都千代田区神田小川町一丁目10番地
本社電話番号 03-5209-1211(代表)
資本金 8億円
従業員 99名
(役員・監査役含む)
売上高 213億円(2018年3月期)
事業所 新潟、広島、鹿島、衣浦、八戸、上海
株主構成 全国農業協同組合連合会(90%)   
飯野海運(株)(10%)
沿革
  • 1969年 5月
    • 新東バース(株)設立(新潟東港肥料コンビナート設置)
  • 1970年11月
    • 新潟東港において事業開始(新潟営業所)
  • 1976年10月
    • 広島県江田島町において事業開始(広島営業所)
  • 1988年 4月
    • 社名を「全農バース(株)」に改称
  • 1990年 4月
    • 八戸・鹿島営業所を開設
  • 1993年 4月
    • 衣浦営業所を開設
  • 1994年 4月
    • 広島支店でカオリンの取扱開始
  • 1995年11月
    • 新潟支店で農薬の取扱を開始
  • 1997年 1月
    • 全農輸入肥料についての元請業務を開始
  • 1997年 7月
    • 新潟支店でカオリンの取扱開始
  • 2005年 4月
    • 肥料、農薬等の輸出入業務を開始し、
      社名を「全農グリーンリソース(株)」に改称
  • 2005年10月
    • 上海駐在員事務所開設
  • 2006年 8月
    • グリーン経営認証取得
  • 2007年 6月
    • バンコクに現地法人を開設
  • 2009年10月
    • 全農・瓮福戦略的パートナーシップ協定の締結
  • 2012年 8月
    • 中国「瓮福紫金リン安」の輸入開始
  • 2012年 9月
    • 中国「瓮福紫金リン安」の当社が傭船した“JA全福”での
      輸送開始(広島支店 入津)
  • 2014年8月
    • 飯野海運(株)と戦略的パートナーシップ協定の締結
  • 2014年11月
    • 農薬殺菌剤トリホリン事業を買収
  • 2015年4月
    • 社名変更10周年
平均勤続勤務年数 16年(2017年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 7.4時間(2017年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 8.50日(2017年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 2名(うち女性2名、男性0名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 2名(うち女性2名、男性0名 2017年度実績)
育児休業より復帰した後は、育児短時間勤務の制度を利用する社員が多いです。
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 4.8%(41名中女性2名 2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒101-0052
東京都千代田区神田小川町一丁目10番地
全農グリーンリソース(株)
管理部 新卒採用担当

TEL:03-5209-1211
FAX: 03-3255-1122
URL http://www.zgr.jp/
E-mail soumu@zgr.jp
交通機関 東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」B3出口より徒歩1分
東京メトロ丸ノ内線「淡路町駅」B4出口より徒歩2分
都営地下鉄新宿線「小川町駅」B4出口より徒歩2分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp77847/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
全農グリーンリソース(株)と業種や本社が同じ企業を探す。
全農グリーンリソース(株)を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ