最終更新日:2019/5/18

  • 正社員
  • 既卒可

(株)新日本海新聞社

  • 新聞
本社
鳥取県
資本金
2億4,000万円
売上高
50億8000万円(2018年7月)
従業員
275名(2019年1月現在)
募集人数
1~5名
  • 業種 新聞
  • 本社 鳥取県
  • 資本金 2億4,000万円
  • 売上高 50億8000万円(2018年7月)
  • 従業員 275名(2019年1月現在)
  • 募集人数 1~5名

ゆるぎない信頼と創造

社員採用1次試験は6月8日  (2019/05/18更新)

 新入社員試験の受験者募集は締め切りました。1次試験は6月8日に予定しております。随時、会社見学は受け付けていますので、ご連絡ください。
    ◇   ◇   ◇   ◇
「仕事に誇りが持てる」「興味があることを仕事にできる」「社会に貢献していると感じられる」―。マイナビ担当者によると、就活生の皆さんが望む、職場の条件だそうです。弊社はこの3つには自信があります。
 日本海新聞の役割は、信頼できる情報を読者に届け、地域、住民を元気にすること。元気にする手法は、取材・記事掲載だけではありません。広告を使った宣伝やイベントの立ち上げに力を入れています。いち早く情報を手に入れ、その情報を生かして地域を活性化し、住民の皆さんに喜んでいただく。簡単な仕事ではありませんが、その分成功したときの充実感は格別です。ぜひ、一緒に働きましょう。 
        ●新聞社の仕事とは●
◆◆記者だけではない◆◆
 社員の3割は営業職です。広告やイベントを企画提案し、地域自慢の商品や技術を掘り起こし、発信することで地域や企業を元気にすることが大きな役割です。
 もちろん記者の仕事も経験していただきたい。地域を代表する人や物に真っ先に出会い、取材し書いた記事で地域を変えることもできます。
◆◆理系や芸術系の知識も生かせます◆◆
 新聞作りにコンピューターが欠かせない今、システムやネットワークの管理など、
 「情報通信」の専門知識が生かせる部署もあります。
 新聞に使うイラストや図表のほか、広告の作成、新聞紙面のレイアウト(整理課)など、「デザイン力」を生かせる部署があります。
 

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
新日本海新聞社 鳥取本社。
PHOTO
最新鋭の輪転機が稼動する製作センター。毎日17万部の日本海新聞のほか、昼間の時間帯を利用し、特集号やフリーペーパーを印刷しています。

地域と共に歩む総合メディア企業

PHOTO

最新の製作システムが稼動する本社編集制作局。各本社支社局から送信された原稿を整理担当記者がレイアウト。読みやすく、目を引く紙面を作りあげます。

新日本海新聞社は、1883年(明治16年)創刊の「日本海新聞」と、「大阪日日新聞」を発行しており、鳥取、米子、倉吉、大阪の4本社と県内外9支社支局・通信部から、国内外と地域の話題・情報を発信しています。

 日本海新聞は、鳥取県と兵庫県但馬地区、島根県東部を販売エリアとし、発行部数は約17万部、世帯普及率は全国有数の約8割に上ります。鳥取県東部、中部、西部、但馬の4地域別に版替えをし、それぞれの地域に合わせたニュース、情報を提供しています。
 平成4年には都市型CATV「日本海ケーブルネットワーク(株) 」を創設。両社で連携し、映像、音声、インターネット、携帯電話などへもネットワークを広げています。
 また、地元の地域や企業をPRする広告の営業・制作や、スポーツイベント、美術展などの事業を企画・運営し、地域活性化を図っています。 
 一方、大阪日日新聞は大阪市内を中心に発行。無料宅配新聞「週刊大阪日日新聞」も発行して大阪府民に役立つ情報を届けています。  
 今後も創刊以来培ってきたノウハウや取材網を生かし、よりよい紙面づくり、社会づくりに努めていきます。

会社データ

プロフィール

鳥取県を中心に東は兵庫県但馬地区、西は島根県東部までをカバーし、エリア内では全世帯の7割超の約17万部を発行。
 関連会社のケーブルテレビ局「日本海ケーブルネットワーク(株) 」と連携し、紙媒体としてだけでなく、映像やインターネットを活用した総合メディア企業として、地域の皆様に信頼される報道を展開しています。

 事務所は、鳥取・倉吉・米子・大阪の4本社、県内外9支社支局・通信部を配置。報道部門だけでなく、新聞の魅力を発信し販売する部門や、地域や企業をPRする広告営業部門、スポーツ文化各種イベントを企画運営する事業部門など幅広い業務があります。
 
また、2000年からは大阪の地元紙「大阪日日新聞」を発行。さらに無料宅配新聞「週刊大阪日日新聞」を発行し、大阪府民に情報を届けています。

事業内容

PHOTO

報道、営業、販売、事業など幅広い業務で地域密着して活躍する社員。地域に役立つ情報の提供や業務を心掛けています

『新聞事業』
 地域密着型の情報を中心に東は兵庫県但馬地区、西は島根県東部まで発行部数は約17万部と8割に迫る高い世帯普及率を誇っています。
詳しくはこちらをご覧下さい→http://www.nnn.co.jp/
 ・広告営業
 新聞に掲載される広告の営業、制作を手がけています。地域自慢の商品や優れた技術等を発信することが大きな役割であり、企業や団体などのスポンサーに対して、効果的な広告提案などをして、企業振興を応援しています。
 ・事業
 地域のスポーツ、文化等のイベントを運営しています。国内外から選手が集まる鳥取マラソン大会、日本海駅伝大会などのスポーツイベント、話題の美術展、著名人のコンサートや講演会、地域の花火大会などを企画から手がけています。
 ・販売
 エリア内に構築したネットワークを生かして新聞を配達。地域イベントや高齢者の見守り事業なども展開し、地域振興につながる活動に取り組んでいます。
 ・編集制作
 「全社員が記者」のスローガンのもと、取材網と情報収集力を生かした紙面を制作。インターネットのホームページやLINEニュースでも記事を発信しています。また、日本海ケーブルネットワークと連携して、動画配信にも力を入れています。
本社郵便番号 680-8688
本社所在地 鳥取県鳥取市富安2丁目137番地
本社電話番号 0857-21-2888
創刊 1883(明治16)年6月28日
設立 1975(昭和50)年12月22日
資本金 2億4,000万円
従業員 275名(2019年1月現在)
売上高 50億8000万円(2018年7月)
本社 鳥取、倉吉、米子、大阪
支社 但馬・境港・松江・東京
支局/通信部 安来・広島・東伯・日野・豊岡
関連グループ 日本海ケーブルネットワーク(株)/日本海ディヴェロプメント(株)/グッドヒル(株)/エフワン(株)/(株)日本海リッチランド/(株)ハイテクノ/(株)ハウス日本海/(株)週刊大阪日日新聞社/
平均年齢 46.9歳
沿革
  • 明治16年 6月
    • 第1号を発行(名称 山陰隔日新報)
  • 昭和14年10月
    • 鳥取新報、因伯時報、山陰日日新聞の三紙が合併し、山陰同盟「日本海新聞」が誕生。号数を引き継ぎ、社屋を鳥取市西町に置く
  • 昭和50年 6月
    • 経営難で休刊
  • 昭和50年12月
    • (株)新日本海新聞社を設立
  • 昭和51年 5月
    • 「日本海新聞」の題字と号数を引き継ぎ発行開始
  • 昭和58年 4月
    • 西部本社設立、鳥取・米子同時印刷を開始
  • 昭和60年10月
    • カラー印刷を開始。わかとり国体をカラーで印刷。
  • 平成元年11月
    • 鳥取本社を鳥取市富安2丁目に移転、高速オフセット輪転機設置。
  • 平成 3年 6月
    • 西部本社を米子市両三柳に移転、同時に新鋭輪転機を設置、24頁体制を確立
  • 平成 5年 7月
    • 中部本社設立。これにより県内3本社体制を確立。
  • 平成10年12月
    • 鳥取本社の輪転機を入替。最新鋭の輪転機を設置。28頁体制を確立
  • 平成11年 8月
    • 当社独自の最新鋭の新聞制作システム「gネットシステム」導入
  • 平成12年 10月
    • 「大阪日日新聞」発刊
  • 平成13年9月
    • フリーペーパー「うさぎの耳」創刊
  • 平成17年8月
    • 韓国・江原日報社と交流提携調印
  • 平成17年11月
    • 無料宅配新聞「週刊大阪日日新聞」創刊
  • 平成20年
    • 地域貢献活動「安心・安全みまもり隊」を発足。鳥取県、全市町村と「中山間集落見守り活動」協定を締結。
  • 平成21年12月
    • 製作センターを鳥取市五反田町に移転、輪転機を新設し、最大40頁、16頁カラー体制を確立
  • 平成28年5月
    • 発刊40周年
  • 平成29年4月
    • 輪転機を増設し、最大カラー24頁の印刷が可能に。より親しまれ、読みやすい新聞に。
  • 平成30年6月
    • 創刊135周年
平均勤続勤務年数 18年(2018年実績)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 9時間(2018年実績)
前年度の育児休業取得対象者数 10名(女性2名、男性8名 2018年実績)
前年度の育児休業取得者数 2名(女性2名、男性0名 2018年実績)
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 14%(98名中女性14名 2018年実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 (株)新日本海新聞社
〒680-8688
鳥取市富安2丁目137番地

採用担当
TEL:0857-21-2888
URL http://www.nnn.co.jp/nihonkai/about.html
E-mail so-mu@nnn.co.jp
交通機関 JR山陰本線、因美線 鳥取駅より徒歩5分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp77943/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)新日本海新聞社と業種や本社が同じ企業を探す。
(株)新日本海新聞社を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ