最終更新日:2019/3/1

  • 正社員

奈良中央信用金庫

  • 信用金庫・労働金庫・信用組合
本社
奈良県
出資金
2億9,342万円(2018年3月現在)
預金量
4,766億円(2018年3月現在)
常勤役職員数
287(男性204、女性83)名(2018年4月現在)
募集人数
11~15名
  • 業種 信用金庫・労働金庫・信用組合
  • 本社 奈良県
  • 出資金 2億9,342万円(2018年3月現在)
  • 預金量 4,766億円(2018年3月現在)
  • 常勤役職員数 287(男性204、女性83)名(2018年4月現在)
  • 募集人数 11~15名

「ちゅうしん」の愛称で地域の皆様に愛され、自己資本比率18.05%と高い健全性を堅持。地域の中小企業支援と生活支援を通して、奈良の発展に貢献しています。

採用担当者からの伝言板 (2019/03/01更新)

こんにちは!

このたびは”ならちゅうしん”のページにお越しいただきありがとうございます。

エントリーいただいた皆さんには、随時採用情報をお送りいたします。

是非、エントリーをお願いします!

              奈良中央信用金庫 採用担当

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
明るく風通しの良い雰囲気の中、“地元の皆さまと共に、地元の発展に貢献する。”という理念を実践する「ちゅうしん」。職員全員がお客様を第一に考え、行動している。
PHOTO
「ちゅうしん」が目指すのは、地域の皆様から気軽に何でもご相談いただける存在。窓口には笑顔があふれ、来店されたお客様が、職員との会話を楽しんでいる。

お客様との“つながり”を深め、いつでもファーストコールをいただける存在に

PHOTO

いつも明るく場の雰囲気を和ませ、お客様目線に立った姿勢が持ち味の津田さん。持ち味の人間性で、早くも”津田ファン”が増えてきている様子。

【渉外の仕事】
担当エリアのお客さまを訪問し、融資ニーズへの対応や金融商品の販売などをおこなっております。お客様は一般のご家庭から中小起業まで様々。一般のお客様であれば、例えば預金金利に不安を抱えている方に投資信託などをお勧めしたり、中小企業のお客様であれば、資金繰りや事業展開に関する相談に乗ったりもします。どんなお話でも先ずは“ちゅしんの津田”に声をかけていただけるよう、何気ない会話をヒントに、お客様が何を望んでおられるか常に考え、会話するように心がけています。

【商品だけでなく、人として信頼されることが大切】
この仕事は商品の魅力もありますが。お客様はそれ以前に担当者の人間性をみておられます。まだエリアを回り始めて数カ月ですが、「津田君やったら契約するわ」という嬉しい声もチラホラ。そんな声を聞くとモチベーションもあがりますよ。
最近ある会社で機械購入に関する融資相談があったのですが、他行の方が融資条件が良かったんです。駄目かなと思っていた矢先、社長から「条件は他行の方が良かったけど、いつも顔を出してくれるし、しっかりやってくれそうやから津田君にお願いするわ」と言って頂けた時は嬉しかったですし、信頼を得ることの大切さを実感しました。まだまだ失敗も多く、お客様から叱られることもありますが、全てが自分の財産となり、成長に繋がっていると感じています。

【キャラを活かして、独自の営業スタイルを確立したい】
就活はとにかく自分の興味のある会社を70社ぐらい訪問しました。その中で“ちゅうしん”を選んだのは、とにかく雰囲気が良かったから。会社訪問の際に、みんなが笑顔で声をかけてくださるところは、そうはないですよ。入社後もイメージ通りの会社で、たとえば僕が少しでも困った顔をしていると、すぐにそれに気付いて声をかけてくれます。頼りになる上司や先輩が多く、きめ細かくフォローして頂けるので安心して働けますよ。経験はまだまだ浅いですが、先輩方の良いところを見習い、かつ自分のキャラを活かして、独自の営業スタイルを確立するのが今の目標。より多くのお客様から「津田君やったら」という声を聞けるよう、成長していきたいと思います。

渉外担当 
ますが支店/渉外課 津田 康平
文学部卒/2016年 入庫

会社データ

プロフィール

 奈良中央信用金庫は、奈良県の中南和地域、西和地域を主な事業区域として、地元の中小事業者や一般住民の皆様が会員となって、お互いに助け合い、お互いに発展していくことを理念として運営されている地域密着型の金融機関です。

 地元のお客様からお預かりした大切な資金(預金積金)を地元で資金を必要とするお客様へご融資する、言うなれば”資金の地産地消”により、事業や生活の発展繁栄のお手伝いをしております。

 また、地域社会の一員として地元との強い絆とネットワークを形成し、NPO法人やボランティア団体への支援、交流にも先駆的に取り組んでおります。

事業内容

PHOTO

■代表的な業務としては、「預金」「融資」「為替」という3つの業務が挙げられます。加えて、投資信託、国債、生命保険、損害保険などの販売業務も行っています。

 預金…お客様の大切なお金をお預かりします
 融資…お金を必要とする事業者や住民の皆様にお貸しします
 為替…振込・手形・小切手などを通じ、資金決済のお手伝いをします

■また、地域の中小企業に対するコンサルタント業務(財務、税務、法務アドバイス、情報提供などを通じ経営支援を行います)や、相続・資産運用・不動産の有効活用などといった相談業務にも積極的に取り組んでいます。
本店郵便番号 636-0398
本店所在地 奈良県磯城郡田原本町132-10
本店電話番号 0744-33-3311
設立 1948年8月
出資金 2億9,342万円(2018年3月現在)
常勤役職員数 287(男性204、女性83)名(2018年4月現在)
預金量 4,766億円(2018年3月現在)
事業所 <本店>
磯城郡田原本町…本店営業部

<支店>13カ店
奈良市…南奈良支店
橿原市…橿原支店 ますが支店
香芝市…香芝支店 二上支店
大和高田市…高田支店
葛城市…新庄支店
王寺町…王寺支店 畠田支店
斑鳩町…法隆寺支店
川西町…結崎支店
平群町…平群支店
三郷町…三郷支店 

<出張所>1カ店
磯城郡田原本町…本店営業部 新町出張所
業績推移 決算期    預金量    貸出金    当期純利益  自己資本比率
──────────────────────────────── 
2018.3  4,766億円  1,699億円  8億3,218万円  18.05%
2017.3  4,662億円  1,690億円  7億3,585万円  17.43%
2016.3  4,590億円  1,656億円  9億6,832万円  17.63%
2015.3  4,491億円  1,622億円  12億 746万円  18.73%
2014.3  4,351億円  1,526億円  15億2,633万円  19.68%
理事長 高田 知彦
経営理念 『常に地元の皆さまと共に、地元の発展に貢献する』
基本方針 1.顧客を大切にし、地域社会の繁栄に貢献しよう
2.健全で調和のとれた経営を行い、地域で最も信頼される金融機関になろう
3.互いに切磋琢磨し、品位と活気のある職場をつくろう
平均年齢 男性:43歳 女性:38歳(2018年4月現在)
信用金庫の特徴 <利益>
 信用金庫は、地域の方々が利用者・会員となって互いに地域の繁栄を図る相互扶助を目的とした”協同組織金融機関”です。利益第一主義ではなく、地域社会の利益が優先されます。

<営業エリア>
 信用金庫の営業エリアは、一定の地域に限定されており、地域のお客様からお預かりした資金は、会員の皆様を中心とする地元のお客様に”融資”を通じて還元されています。

<お取引できるお客様(会員)>
 ご融資の対象となるお客様は、原則として”会員”に限られます(一定の条件で会員外も融資可能)。会員となっていただける方は、信用金庫の営業エリアにお住いの方、お勤めの方、事業所をお持ちの方などです。ただし、常時使用する従業員が300人以上かつ資本金が9億円を超えるなど、一定規模以上の法人・事業者の方などは会員になることができません。
 つまり信用金庫は、地域の中小企業や住民の方に対し、主に金融サービスを通して事業支援や生活支援を行う”地域密着型金融機関”であるということがいえます。
 一方、預金の受け入れについては特に制限はなく、会員と非会員についての違いもありません。
創業・新事業支援 <ちゅうしん地域中小企業振興助成金制度(グッドサポート)>
 地元の中小企業の応援団として地域経済の活性化に向けての取組を一層強化することを目的に「ちゅうしん地域中小企業振興助成金制度(愛称:グッドサポート)」を2008(平成20)年6月に創設。
 2008年から2017年までの10年間に、のべ972先からの応募があり、厳正なる選考を行い、97先に対し合計7,740万円の助成金を授与し、それぞれの事業発展に役立てていただいております。また、中小企業診断士などの専門家と連携し、助成事業へのアドバイスも実施しています。

 地域経済の発展のために様々な取組を行っていますが、”グッドサポート”は、「本業である融資を中心とした経営支援以外にも、何かできることはないだろうか?」という発想から、中堅・若手職員のアイディアを基に誕生しました。

 なお、この助成金制度の取組が評価され、2012年2月に、全国の地方新聞社と共同通信社が設けた「地域再生大賞 優秀賞」を、金融機関としては全国で初めて受賞しました。
経営支援・事業支援 「地域密着型金融への取組」の一環として、”グッドサポート”以外にも、様々な取組を実施しています。

<経営セミナーやビジネススクールの開催>
 当金庫の取引先経営者を対象に、著名な経営者や専門家などをお招きし講演会や勉強会の開催、および若手経営者層を対象に体系立てた知識を習得するためのビジネススクールなどを開催しています。

<ちゅうしんサポートステーションの機能強化>
 ”ちゅうしんサポートステーション”という名称で、庫内情報ネットワークを構築しています。同ネットワークを通じ、各営業店のお客様からいただく様々なニーズ(販路拡大・資材調達・不動産売買・人材ニーズなど)に対し、全営業店および本部セクションが一体となって対応する体制を整えています。いかにお客様のニーズを感度よく察知し有効なお手伝いができるか、地域密着型金融機関でこそできることがあると思います。

 その他にも、1988(昭和63)年発足の「ならちゅうしん経営研究会(37社)」や、1991発足の「ちゅうしんビジネスクラブ(約300社)」のように、取引先を”つなげる”ことによりビジネスチャンスを提供したり、金庫と取引先がいっしょになって経営について学んだりと、地域の中小企業の皆様に対し様々な支援事業を展開しています。
地域貢献への取組(CSR) <なら・みらい創造プロジェクト>
 奈良NPOセンターと協働で奈良を元気に活性化するコミュニティファンド”なら・未来創造基金”を2003(平成15)年に創設。2011年度までの9年間にNPO法人やボランティア団体など57団体に対して、1,300万円の活動資金や研究資金をサポートしています。
 2012年度からは、制度をリニューアルし、「奈良県地域貢献サポート基金・団体支援寄付」のスキームを活用、名称も「なら・みらい創造プロジェクト」としてスタート、奈良県内で顕著な活動実績がある5団体に対して、総額100万円を毎年寄付しています。前身の制度と合わせると、平成29年度までの15年間で87団体に対して、総額1,900万円の助成を行っています。

<なら・ソーシャルビジネスコンテスト>
 社会的な課題に対し、ビジネスの手法を用いて解決していくソーシャルビジネス事業が注目を集める中、「なら・ソーシャルビジネスコンテスト2011」を奈良NPOセンターと協働で企画、地域の問題を解決するビジネスプランコンペを2011年にスタートしました。2017年度の第7回の大賞には「谷林業(株)」が選ばれました。

その他にも、1991年から継続開催しているチャリティーコンサート、金庫役職員と金庫本体からマッチングギフト方式で拠出金を積み立てて、各方面の社会貢献に役立ててもらうための”なら・ちゅうしん基金”、また最近では県立高等養護学校など特別支援学校の生徒さんとの交流を進めるなど、地域社会の一員としてCSR活動にも積極的に取り組んでいます。
沿革
  • 1948年 8月
    • 産業組合法による田原本町信用組合を設立
      廣川太郎 組合長に就任
  • 1953年 4月
    • 信用金庫法に基づき田原本信用金庫に改組
  • 1962年11月
    • 王寺支店を開設
  • 1972年 4月
    • 香芝支店を開設
  • 1975年 6月
    • 法隆寺支店を開設
  • 1978年11月
    • 名称を奈良中央信用金庫に改め、同時に新本店を現在地に移転
      旧本店を魚町支店に改める
  • 1980年 3月
    • 結崎支店を開設
      預金量500億円達成
  • 1981年11月
    • 南奈良支店を開設
  • 1982年 5月
    • 会長制導入、廣川太郎 会長に就任
      中嶌實男 理事長に就任 
  • 1983年12月
    • 平群支店を開設
  • 1985年10月
    • 高田支店を開設
  • 1989年 5月
    • 畠田支店を開設
  • 1990年 6月
    • 二上支店を開設
  • 1991年10月
    • ますが支店を開設
  • 1995年11月
    • 新庄支店を開設
  • 1995年12月
    • 預金量2,000億円達成
  • 1999年 6月
    • 三郷支店を開設
  • 2002年11月
    • 本店営業部新町出張所を開設
  • 2004年 6月
    • 中嶌實男が会長に、今井俊行が理事長に就任
  • 2005年 3月
    • 預金量3,000億円達成
  • 2007年 6月
    • 鈴木幸兵が理事長に就任
  • 2009年 4月
    • 橿原支店を開設
  • 2009年12月
    • 預金量4,000億円達成
  • 2010年10月
    • 二上支店を新築移転
  • 2011年6月
    • 高田知彦が理事長に就任
平均勤続勤務年数 男性 18年 9カ月
女性 15年 8カ月
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
全体 17年10カ月 (2018年4月時点)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 10.1日(2017年度)
前年度の育児休業取得対象者数 8名(うち女性1名、男性7名 2017年度実績)
前年度の育児休業取得者数 1名(うち女性1名、男性0名 2017年度実績)

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先  奈良中央信用金庫
 総務部 採用担当

 TEL:0744-33-3311
 FAX:0744-33-3801
URL http://www.narachuo-shinkinbank.co.jp/
交通機関 近鉄橿原線「田原本駅」より徒歩2分
近鉄田原本線「西田原本駅」より徒歩2分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp78159/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
奈良中央信用金庫と業種や本社が同じ企業を探す。
奈良中央信用金庫を志望している他のマイナビ会員は、このような企業も志望しています。

ページTOPへ