最終更新日:2019/7/24

  • 正社員
  • 既卒可

(株)ハタノシステム

現在、応募受付を停止しています。

  • 設備工事
  • 電力
  • その他電気・電子関連
  • ガス・エネルギー
本社
東京都
資本金
6,000万円
売上高
37億5,425万円(2018年5月期)
社員数
109名(2018年5月現在)
募集人数
6~10名
  • 業種 設備工事、電力、その他電気・電子関連、ガス・エネルギー
  • 本社 東京都
  • 資本金 6,000万円
  • 売上高 37億5,425万円(2018年5月期)
  • 社員数 109名(2018年5月現在)
  • 募集人数 6~10名

キミが街を再稼働させろ-電気を守る最後の砦-

大好評の会社説明会、今年度の開催は全日程終了いたしました! (2019/07/24更新)

\/\/\/\/\/\/\/\/\/\/

今年度の会社説明会の開催は終了致しました。
沢山のご応募・ご参加ありがとうございました。

/\/\/\/\/\/\/\/\/\/\

キミが街を再稼働させろ『電気を守る最後の砦』としての使命とは?

「タイトル:もし、街の電気が止まってしまったら?」

恐らく、大半の方が通常通りの日常生活を
送ることはできないでしょう。

街の電気は
発電(作る)→送電(送る)→受電(受ける)
というプロセスを経て、私たちの日常生活に届けられます。

しかし、自然災害などによって、電気が届かなかったら?

そんな時に活躍するのが、
ハタノシステムが手掛ける「非常用電源設備」になります。

自然災害の多い日本では、消防法や建築基準法によって
非常用電源設備が設置されている施設では、
定期メンテナンスが定められています。

いざという時に、必ず稼働することが人々の命を
助けることに直結するからです。

私たちの事業は普段から目立つものではありません。

しかし、いざという時に、
街に、暮らしに、人々に電気を供給し、支えることができる。
それがハタノシステムが創業から大切にしている
(誠実と奉仕という)使命です。

PHOTO

会社紹介記事

PHOTO
私たちの仕事は人々の暮らしの”安心・安全”を守り続けること。災害に対する危機意識の高まっている昨今だからこそ、使命とやりがい、そして感謝をされる”志事”です。
PHOTO
自家発電設備を扱って70年。その専門性を活かし東京スカイツリーをはじめ、東京都庁や海ほたる、ベイブリッジなど誰もが知っている有名物件を守り続けています。

キミが街を再稼働させろ-電気を守る最後の砦-

PHOTO

電気を失った街に、再び光を灯すことができる最後の砦。人々に安心と安全を提供し続けることができるかどうかは、私たちの手にかかっているのです。

私たちは街の電気を守る”最後の砦”として、人々の”安心”や”安全”を守る
『非常用電源設備』を販売から設計、施工、メンテナンスまでトータルで
行っている会社です。
知られてないかもしれませんが、実は『非常用電源設備』は、
ほとんどの建物の中に格納されています。

"街の電気が止まってしまった時を想像できますか?"

有事の際に代わって人々の暮らしを守るのが『非常用』の役割となります。
ですので、販売するだけでなく、定期的なメンテナンスを通して
常に稼働できる状態を維持していくことが肝心となります。

だからこそ、私たちは常にお客様と関わり続け、お客様の生活や命を守っていきます。
また、太陽光やバイオマスといった次世代エネルギーを用いた発電設備も扱っており、環境にも配慮した事業を展開しております。
私たちは多くの行政機関やいくつもの有名企業、金融機関等から
たくさんの感謝と信頼をいただいており、何十年もお付き合いをしています。
これからもお客様や街の人々の暮らしや命を守り続けていきます。

会社データ

プロフィール

ハタノシステムの社是は『誠実と奉仕』
~私たちの使命と世界に向けた挑戦~

◆人々の暮らしを明るく照らし続ける会社!
私たちは1946年の創立以来、72年もの間、
緊急時に備えた『非常用電源設備』の販売からメンテナンスまで一貫して携わり、
どんな緊急時においても”安心・安全”を維持してきました。

震災などで電気のない暮らし…あなたは想像できますか?

電気が止まってしまえば、照明が点かないのはもちろん、
インターネットや電話も機能しません。
病院などでは、人々の命に直結するような医療機器さえもストップしてしまいます。

そんな最悪の事態を絶対に起こさないよう、
私たちは人々の暮らしの安心・安全を守り続けているのです。

◆初代代表が抱く想いに共感できる方募集!
ハタノシステムが生まれたのは第二次世界大戦直後でした。
戦争により壊滅された街を見て、
『日本の復興には安定した電力の供給が必至だ!』
人々に安心して暮らして欲しいという想いが私たちの事業の始まりでした。
私たちハタノシステムの社員はそんな代表の想いを継承し、
活躍しています。
もしあなたがこの想いに共感するのであれば、是非一度
私たちの選考にご参加ください!

◆非常用自家発電設備とは…?
「非常用自家発電設備」は災害や緊急時でも、
皆さんの暮らしの”安心・安全”を守り続る”最後の砦”です。
これまでは街の要となる病院や高層ビル、県庁等の
商業施設がメインでしたが、災害の危機意識が高まっている
昨今においては一般家庭などにも納入しています!

◆名だたる施設への納入実績!
東京都卸売市場(豊洲新市場)、東京スカイツリー、東京都庁、警視庁、
東京駅、ベイブリッジ、海ほたる、メトロポリタンホテル等々
数多くの施設に設備を収めています!

事業内容

PHOTO

国連が掲げる「SDGs」に参画!非常用電源、太陽光、バイオマスなど、持続可能な社会の実現に向けた事業を推進!

■持続可能なエネルギー開発に貢献(SDGs)
SDGsとは「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の
略称であり、2015年9月の国連サミットで採択されたもので、
国連加盟193か国が2016年~2030年の15年間で達成するために
掲げた目標です。

具体的には、非常用自家発電設備、太陽光事業、バイオマス事業、
ミャンマーでの植物栽培、中古自家発電の再利用、女性管理職の登用など、
17の目標に掲げられている「ジェンダー平等の実現」
「クリーンなエネルギー開発」「産業と技術革新の基盤づくり」
などの項目で業界を先駆けて取り組んでいます。

■自家発電設備の販売、企画・設計、施工管理、メンテナンス業務
 ※ヤンマー(株) 特約店

■太陽光発電装置の販売、企画・設計、施工管理

■不動産の賃貸
 ※テナント・事業所の賃貸
本社郵便番号 153-0064
本社所在地 東京都目黒区下目黒2-23-18 目黒山手通ビル7階
本社電話番号 03-5740-6261
創業 1946年10月1日
設立 1950年6月1日
資本金 6,000万円
社員数 109名(2018年5月現在)
売上高 37億5,425万円(2018年5月期)
事業所 《本 社》
 東京都目黒区下目黒2-23-18 目黒山手通ビル7階

《埼玉サービスセンター》
 埼玉県久喜市桜田2-133-6
売上高推移 2018年5月期:37億5,425万円
2017年5月期:49億5,000万円
2016年5月期:48億円
2015年5月期:40億円
2014年5月期:45億円
2013年5月期:48億円
2012年5月期:46億円

主な取引先 【企業関連】(順不同)
ヤンマー(株)
ヤンマーエネルギーシステム(株)
京セラ(株)
NECグループ
(株)荏原製作所
鹿島建設(株)
(株)関電工
(株)きんでん
三機工業(株)
神鋼電機(株)
大成建設(株)
(株)東光高岳
東京電力(株)
東光電気工事(株)
東芝グループ
中日本高速道路(株)
日本電設工業(株)
東日本高速道路(株)
東日本旅客鉄道(株)
(株)日立製作所
(株)明電舎
(株)安川電機ほか

【公官庁等】(順不同)
国土交通省
厚生労働省
参議院
衆議院
内閣府
総務省
法務省
外務省
経済産業省
文部科学省
東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県
茨城県、栃木県、静岡県、各市町村
平均年齢 44歳(2019年1月現在)
平均勤続年数 13.4年(2019年1月現在)
月平均所定外労時間 19時間(2018年度実績)
平均有給休暇所得日数 14日(2018年度実績)
ハタノシステムの強み ◆人々の命に直結する社会的影響力の大きな役割
もしも、非常用電源設備が無かったら…?
避難場所の明かりも点かず、外部との連絡も途絶え、
誰がどこに避難しているのか、無事なのかどうかさえも分かりません。
病院では、全ての医療機器がストップし、
命の危機となってしまう方も少なからずいます。
道路が割れ、橋も通れるかさえ分からない地区への救援には
食糧さえ届けるのが困難となります。
そんな有事の際でも、電力を通して人々に明かりという
”安心”と”安全”を届けることが私たちの使命です。

◆70年以上積み重ねた信頼と実績
ハタノシステムは第二次世界大戦直後から
街の人々の暮らしに”安心”と”安全”を提供してきました。
これまでに多くの行政機関や病院、その他高層ビル、
ショッピングモールなど、多くの建物に納入してきました。

また、東日本大震災や中越沖地震でも
私たちの非常用電源設備が活躍し、
多くの人々から感謝をいただきました!
災害に対する危機意識の高まっている昨今だからこそ、
私たちはこれからも街の電気の”最後の砦”として
人々の暮らしを守り続けます!

◆社員の成長を支える制度や社風
これまでの実績を築いてこれたのは、
社員一人ひとりが「人々の暮らしを守り続ける」という高い使命を持っているからです。
社会的影響力の大きな仕事ほど、その責任も大きくなります。
その為、社員全員がしっかりとその成長を支え合う必要があるのです。
研修制度やOJTなど、
入社時に特別な知識や技術がなくても、
安心して働いていけるよう先輩や会社全体が全面的にサポートします!
また、社員同士の仲もとても良くフラットな社風なため、
定期的にイベントを行ったりと、社内外で交流を深めています。
安心できる環境 <研修制度について>
 各種研修制度、資格取得支援制度で社員の能力向上をバックアップ!
 入社前に特別なスキル・知識は不要です。
 また、配属後には1年間マンツーマンで先輩社員が支援する
 OJT教育を導入していますので安心して学べます。

<福利厚生について>
 ○社員旅行は海外・国内リゾート地へ
  ハワイ・フィリピン セブ島・韓国・香港・台湾・沖縄等々、
  英気を養えます!
 ○自社所有のリゾートマンション、加入健康保険組合保養所、
  F&M会員(メンタルヘルス相談サービス)
  オフタイムも充実!

<女性の活躍推進>
ハタノシステムでは業界に先駆けて女性の活躍推進を積極的に進めています。
100名規模の組織ですが、女性管理職7名、役職者は11名が就任しています!

育休や産休制度など、女性が働きやすくなるための制度も充実しています。
産前産後休業は労働基準法上、6週間と定められていますが、当社では最大8週間取得可能であったり、産前産後休業や育児休業取得率も100%です。

産後の復職者の短時間勤務制度の利用率も100%であり、
女性がワークライフバランスを考えながら働ける環境を整えています。

<働き方改革に向けた取り組み>
最近、働き方改革という言葉をよく耳にすると思いますが、
その背景の一つとしては長時間労働の是正が挙げられます。

サービス残業や過労の問題がニュースや記事になることが多い中、
ハタノシステムでは「働く社員の方々にも安全に幸せに働いてほしい」
という願いから、法令遵守を徹底しています。

また、2018年12月から外出する社員に対し、モバイルPCの導入や
クラウド化・ペーパーレス化などITをインフラとして取り入れ、
会社に立ち寄らなくても仕事が完結でき、労働時間の短縮を図っています。

働き方改革の取り組みはまだ始まったばかりですが、
今後も働く社員の働きやすい環境を会社として制度化・仕組み化していきます。
沿革
  • 1946年10月
    • 旋盤・機械加工を主とした合資会社「王子製作所」を
      東京都中央区木挽町に創立。
      初代社長に「波多野龍吉」就任。
  • 1950年 6月
    • 「波多野工業(株)」に社名変更。
  • 1952年 5月
    • 営業拡張に伴い東京都港区芝(現在地)に本社を移転。
  • 1953年 8月
    • ヤンマーディーゼル(株)の特約店となる。
  • 1960年 1月
    • 初の500KVA非常用発電機を日本道路公団殿に納入。
  • 1965年10月
    • 初の海外(サウジアラビア)工事を受注。
  • 1972年11月
    • 「ハタノ工業(株)」に社名変更。
  • 1980年 5月
    • 「本社ビル」(地下1階地上9階)完成。
  • 1985年 1月
    • 埼玉県鷲宮産業団地に「埼玉支店」を開設。
  • 1992年11月
    • 社長に「波多野容子」が就任。
  • 1997年 7月
    • 屋上緑化事業に進出。
  • 2000年 6月
    • 「ISO9001」取得。
  • 2001年 1月
    • 「(株)ハタノシステム」に社名変更。
  • 2002年11月
    • アロマ事業に進出。
  • 2003年 8月
    • 太陽光発電事業に進出。
  • 2004年 8月
    • 京セラ(株)販売店となる。
  • 2004年 9月
    • 本社と埼玉支店のメンテナンス及び部品部門を統合し、
      東京都墨田区業平に「サービスセンター」を開設。
  • 2007年 9月
    • ライティング事業に進出。
  • 2010年4月
    • 京セラ(株)技術代理店認定。
  • 2011年10月
    • 本社と東京支社を統合し、東京都目黒区下目黒に本社を移転。
  • 2013年5月
    • BCP(事業継続計画)策定。
  • 2014年7月
    • 当社の完全子会社である日本防災設備(株)と合併致。
  • 2015年5月
    • 社長に「波多野裕一」が就任
平均勤続勤務年数 13.4年(2019年1月1日現在)
月平均所定外労働時間(前年度実績) 19時間(2018年度実績)
平均有給休暇取得日数(前年度実績) 14日(2018年度実績)
前年度の育児休業取得対象者数 0名(男性0名、女性0名)
前年度の育児休業取得者数 0名
役員及び管理的地位にある者に占める女性の割合 14.2%(全体49名 女性7名)2019年1月現在

採用データ

問い合わせ先

問い合わせ先 〒153-0064
東京都目黒区下目黒2-23-18 目黒山手通ビル7階

採用担当:管理統括部 大塚・古関
TEL:03-5740-6262
※お問い合わせは、下記メールアドレスでも受け付けております。

当社ホームページの「採用情報」に掲載されている
社長・先輩社員のメッセージも、ぜひご覧下さい!
URL http://hatano.co.jp
E-mail recruit@hatano.co.jp
交通機関 (本社までの交通機関)
JR山手線・東急目黒線・東京メトロ南北線・都営三田線:目黒駅西口より徒歩10分
東急目黒線:不動前駅より徒歩8分
QRコード
QRコード
https://job.mynavi.jp/20/pc/search/corp78343/outline.html
外出先やちょっとした空き時間に、スマートフォンでマイナビを見てみよう!
(株)ハタノシステムと業種や本社が同じ企業を探す。

ページTOPへ